中島敦のおすすめランキング

プロフィール

1909年東京生まれ。小説家。東京大学卒業後、「古譚」「光と風と夢」でデビュー。中国の故事や南洋の植民地の風物をもとに、独特な物語世界を構築した。短篇「名人伝」「山月記」など。1942年没。

「2016年 『宮沢賢治/中島敦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島敦のおすすめランキングのアイテム一覧

中島敦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『李陵・山月記 (新潮文庫)』や『山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)』や『李陵・山月記・弟子・名人伝 (角川文庫)』など中島敦の全302作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

李陵・山月記 (新潮文庫)

2997
3.98
中島敦 2003年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 明晰にして、流麗。中島敦の文章は漢詩のように格調高く、かつ律動的だ。漢学者の一族に生まれ、若くして漢籍に親しんだ中島敦は、その素養を活かした独自の作風で... もっと読む

山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)

856
4.05
中島敦 1994年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美しい文体の作家は?と聞けば意見は分かれると思いますが、格好良い文体の作家は?と聞けば中島敦はかなりの高確率回答を得るのではないでしょうか。 〝漢の... もっと読む

李陵・山月記・弟子・名人伝 (角川文庫)

647
3.96
中島敦 1968年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「名人伝」は初め、瞬きをしない修業で睫毛と睫毛の間に蜘蛛が巣をかけたり、小さいものを視る修行で虱が馬のような大きさに見えたりと滑稽に思える。だが、弓を極... もっと読む

山月記

376
4.14
中島敦 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分が何者でもないことに直面するおそれ、羞恥心から、人との交わりを拒み、教えを請わず、「井の中の蛙」になっていた李徴…今読み返すと、人それぞれが持っている... もっと読む

中島敦 (ちくま日本文学 12)

330
4.28
中島敦 2008年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

教科書に載ってる「山月記」は有名だけど、そういえば他の作品はあんまり読んでないかも、とトヨザキ社長&岡崎氏の『百年の誤読』で気がつき、とりあえず文庫で手頃... もっと読む

中島敦全集〈1〉 (ちくま文庫)

268
3.99
中島敦 1993年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「古譚(狐憑・木乃伊・山月記・文字禍)」の冒頭が相変わらず面白いのだけど、初めて読んだ「斗南先生」が一番印象に残った。 主人公・三造に似た(悪い意味... もっと読む

中島敦全集〈2〉 (ちくま文庫)

162
4.02
中島敦 1993年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パラオ周辺の出来事を描いた、南島譚や環礁からは暖かい光と風を感じる。 「夫婦」からは、妻に頭の上がらない夫、ギラ・コシサンが、妻よりも善き美女リメイと添... もっと読む

文豪さんへ。近代文学トリビュートアンソロジー (MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)

155
3.35
北村薫 2009年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。 近現代の作家って、いきなり長編!てなるよりは、 ちょっと短編、とかの方がとっつき易いような気がする。 で、今の人たちがそれへのとっ... もっと読む

中島敦全集〈3〉 (ちくま文庫)

140
4.03
中島敦 1993年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ラスト三巻目。 33歳で亡くなった、その年に「名人伝」やら「李陵」といった作品を書き上げた中島敦、すごすぎるなー。 考えても仕方ないけど、生きていたら... もっと読む

ものがたりのお菓子箱―日本の作家15人による

129
3.18
谷崎潤一郎 2008年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お菓子箱といっても、かなり大人でビター。 苦い味がいつまでも残ってしまうものものもあるので、寝る前に読むと消化不良を起こす危険アリ。 谷崎潤一郎の一編... もっと読む

山月記・李陵 (集英社文庫)

117
4.23
中島敦 1993年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気持ちよく読める名文だと感じました。 もっと読む

名人伝

113
3.93
中島敦 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。 ↓ http://sommelierofbooks.com/fiction_nonfict... もっと読む

山月記

100
4.05
中島敦 電子書籍 新字新仮名 1998年11月13日 青空文庫で見る 青空文庫

感想・レビュー

高校以来の山月記。無駄のない美しい文章で言うことなし。なのに私の心に響いてこなかったのはなぜ? 時間をあけてまた読んだら変わるかな。 もう一度挑戦した... もっと読む

李陵

88
4.17
中島敦 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・しかし、天はやっぱり見ていたのだという考えが李陵をいたく打った。見ていないようでいて、やっぱり天は見ている もっと読む

中島敦 (ちくま日本文学全集)

87
3.90
中島敦 1992年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちくま日本文学全集036 中島敦。 中島敦の作品を最初に読んだのは、高校の国語の教科書に載っていた「名人伝」だったと思います。 以来、これまで何回... もっと読む

文字禍

83
3.87
中島敦 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『文字渦』を読んでこちらを思い出し再読。文字の禍ということで文字が人間に禍をもたらしていく内容。舞台が図書館から始まるのがすき。文字には不思議な力がある… もっと読む

光と風と夢・わが西遊記 (講談社文芸文庫)

80
4.19
中島敦 1992年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『宝島』で知られているスティーブンスンの書簡を元に日記形式で再構成した『光と風と夢』。南洋へ実際に行ったことがある中島敦だから書けた、生々しい島の自然の描... もっと読む

李陵・山月記 (ハルキ文庫 な 8-1 280円文庫)

79
4.17
中島敦 2012年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この男は何を目あてに生きているのかと李陵は怪しんだ。いまだに漢に帰れる日を待ち望んでいるのだろうか。蘇武の口うらから察すれば、いまさらそんな期待は少しもも... もっと読む

 『山月記』(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)

73
4.33
中島敦 2011年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

”星海社朗読館 『山月記』”中島敦著・坂本真綾朗読 星海社FICTIONS(2011/08発売) ・・・中島敦著”山月記”の朗読。原作のわびしさは良... もっと読む
全302アイテム中 1 - 20件を表示

中島敦に関連する談話室の質問

ツイートする