中川淳一郎のおすすめランキング

プロフィール

編集者、PRプランナー、ライター
1973年生まれ。東京都立川市出身。大学卒業後、博報堂CC局で企業のPR業務を担当。2001年に退社し、しばらく無職となったあとフリーライターとなり、その後『テレビブロス』のフリー編集者に。企業のPR活動、ライター、雑誌編集などを経て『NEWSポストセブン』など様々なネットニュースサイトの編集者となる。主な著書に、当時主流だったネット礼賛主義を真っ向から否定しベストセラーとなった『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『ネットのバカ』(新潮新書)、『夢、死ね!』『内定童貞』(星海社新書)など。無遠慮だが本質を突いた鋭い物言いに定評がある。

「2020年 『意識の低い自炊のすすめ 巣ごもり時代の命と家計を守るために』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川淳一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

中川淳一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)』や『ネットのバカ (新潮新書)』や『読書で賢く生きる。 (ベスト新書)』など中川淳一郎の全62作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

1965
3.53
中川淳一郎 2009年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

例えば、俺が 「クララのバカ」 って言うだろう? そしたらクララが 「あら、他人をバカと言ったかたがホンモノのバカなのよ。ご存知無かったのかし... もっと読む

ネットのバカ (新潮新書)

632
3.47
中川淳一郎 2013年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ウェブをDISりまくった本 内容的には「ウェブはバカと暇人のもの」のが面白い しかし、結論にある 「自分の確固たる実力を身につけなさい。ウェブは実力... もっと読む

読書で賢く生きる。 (ベスト新書)

629
3.43
中川淳一郎 2015年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわゆるビジネス書に関しての論評。本というよのはそもそも商品であるから、売上は当然必須の条件となる。また本の売り上げだけでなく、自分のことを知ってもらうツ... もっと読む

夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘 (星海社新書)

597
3.78
中川淳一郎 2014年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 『ウェブはバカと暇人のもの』以来、ネットの負の側面に的を絞った著書を出しつづけてきた著者が、こんどは仕事の負の側面に光を当てた仕事論である。  201... もっと読む

ウェブで儲ける人と損する人の法則

330
3.49
中川淳一郎 2010年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつものネット現実論に今回は活用論を追加。題するなら、今すぐPVを10倍にするたったひとつの方法(企業向け)。ネット系の本だとすぐに「マスは死んだ」と断じ... もっと読む

電通と博報堂は何をしているのか (星海社新書)

290
3.13
中川淳一郎 2017年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元博報堂マンの著者が電博の社員に取材をし、企業の実態や内部の雰囲気を書いた本。選りすぐりの切れ者たちが入社していく電通や博報堂は中で実際どんな働きをしてい... もっと読む

凡人のための仕事プレイ事始め

237
3.86
中川淳一郎 2010年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会人は「しごと」とは「生活を成り立たせるため」に「そのために怒られてはまずい」ものであると考えてる、と著者はいう。しかし本書終盤では、「仕事は人生は左右... もっと読む

内定童貞 (星海社新書)

234
3.94
中川淳一郎 2015年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 就職活動で三つ思い出がある。  一つ目は、「就職する気がなかったので活動だけしていた」ということだ。面接に落ちても何も思わなかったし、まわりが何社も受... もっと読む

縁の切り方 (小学館新書 228)

230
3.40
中川淳一郎 2014年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

衝撃的表題は中川さんらしさ。私たちは「皆と仲良く」と幼い頃から育ち、他からの受容や評価は自己評価よりも意味を持つ社会。他からよく思われたい一方で、皆とは上... もっと読む

ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」 (宝島社新書 307)

225
3.52
中川淳一郎 2010年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ウェブとはバカで暇人のもの」が面白かったのでこちらも読んでみた。 言いたい事はほぼ同じ。ネットに対するリテラシーのためにこういった本はガンガン進めるべき... もっと読む

節約する人に貧しい人はいない。

224
3.29
中川淳一郎 2016年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

万人にオススメできる本です。 中でも他の人との競争に疲れた人が読むと参考になると思います。 ただ、後半は少し話がずれてきているのでマイナス1としました... もっと読む

今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々 (講談社BIZ)

166
3.56
中川淳一郎 2009年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 昨年大きな話題を呼んだ『ウェブはバカと暇人のもの』の、続編ともいうべき本。   著者はニュースサイトの編集者であり、企業向けにネットでの情報発信に... もっと読む

恥ずかしい人たち (新潮新書)

150
2.69
中川淳一郎 2020年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書には…日常の様々なケースに出現する『壮絶にダメな大人』が次々と登場する。 徹底的に敬語使用を避け尊大な態度が過ぎるおっさん、端から公平な立場にいない... もっと読む

ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」 (宝島社新書)

144
3.18
やまもといちろう 2013年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

章ごとにそれぞれの著者の「らしさ」が出ていて思わずニヤリとしてしまった。本書は所謂「ネトウヨ」的主張への反論であるが、感情論的なカウンターではなく、彼らの... もっと読む

ウェブでメシを食うということ

105
2.88
中川淳一郎 2016年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

個人的にはすごく好きな本。変に期待させず、正直に丁寧に伝えようとするとどうしても言葉の表現がストレートになってしまい、受け取る人にとっては嫌な気分になるん... もっと読む

OJTでいこう!

88
3.64
中川淳一郎 2004年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まぁ、一章で十分でした もっと読む

ネットは基本、クソメディア (角川新書)

78
3.23
中川淳一郎 2017年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ネットメディアの編集者の中川淳一郎の一冊。 2017年初版ということもあり、当時はやっていたキュレーションメディアについて語った内容が主だった。 もっと読む

ネットが味方になるWebマーケティングの授業

77
3.75
イケダ・ハヤト 2014年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コンテンツ系を中心に、Webマーケティングに関して著名人に率直に質問をぶつけた対談式の本。対談なので話が理解しやすい。 以下は自分なりにわかったこと... もっと読む

謝罪大国ニッポン (星海社新書)

76
3.55
中川淳一郎 2016年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

謝罪大国日本。中川淳一郎先生の著書。日本人は謝罪し過ぎ、謝罪させ過ぎであると改めて思いました。実際に悪いと思っていないこと、反省していないことでも、その場... もっと読む
全62アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×