中村一成のおすすめランキング

プロフィール

ジャーナリスト。1969年生まれ。毎日新聞記者を経てフリー。
【主な著書】
『声を刻む―在日無年金訴訟をめぐる人々』 (インパクト出版会、2005年)、『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか―差別、暴力、脅迫、迫害』(共著、前田朗編、三一書房、2013年)、『ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件―〈ヘイトクライム〉に抗して』(岩波書店、2014年)、『ヘイト・スピーチの法的研究』(共著、金尚均編、法律文化社、2014年)、『死刑映画・乱反射』(共著、京都にんじんの会編、インパクト出版会、 2016年)、『ひとびとの精神史 第9巻』(共著、 栗原彬編岩波書店、2016年)、『ルポ 思想としての朝鮮籍』(岩波書店、2017年)、『「共生」を求めて 在日とともに歩んだ半世紀』(編書、田中宏著、解放出版社、2019年)。

「2019年 『映画でみる移民/難民/レイシズム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村一成のおすすめランキングのアイテム一覧

中村一成のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件――〈ヘイトクライム〉に抗して』や『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害―』や『ルポ 思想としての朝鮮籍』など中村一成の全11作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害―

40
3.18
前田朗 2013年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全く理解できない価値観を 抱いている人間を理解しようとするのは 至難の業である それでも、その言動から、その事象から 「なんでだろう」と考える糸口... もっと読む

ルポ 思想としての朝鮮籍

40
4.00
中村一成 2017年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者:中村一成(1969-) ジャーナリスト 写真:中山和弘 【メモ】 ・『世界』2015年7月号~2016年7月号に掲載されたルポ「思想として... もっと読む

ヘイト・スピーチの法的研究

28
4.14
金尚均 2014年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、ヘイト・スピーチの問題性を各執筆者が固有の課題として共有しながら、学際的見地からアプローチしている。ヘイト・スピーチの問題は、日本では未だ目新しい... もっと読む

声を刻む―在日無年金訴訟をめぐる人々

10
4.50
中村一成 2005年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヘイトなスピーチやデモをするひとたちはこの本の彼ら彼女らが日本で経てきた道をほんとに知ってるのだろうか? ネットで情報を得るとかじゃなくて実際彼ら彼... もっと読む

本当は怖い自民党改憲草案

9
伊地知紀子 2017年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東2法経図・開架 323.14A/I29h//K もっと読む
全11アイテム中 1 - 11件を表示
ツイートする