中村妙子のおすすめランキング

プロフィール

1923年東京に生まれる。1954年東京大学文学部西洋史学科卒業。翻訳家。著書に『旧約聖書ものがたり』(日本キリスト教団出版局、2012)、共著に『三本の苗木――キリスト者の家に生まれて』(みすず書房、2001)。訳書 ルイス『愛はあまりにも若く』(1976)、『別世界にて』(1978、いずれもみすず書房)、ウィルソン『C・S・ルイス評伝』(新教出版社、2008)、リンドバーグ『翼よ、北に』(2002)『聞け!風が』(2004、いずれもみすず書房)、ラヴィン『砂の城 新版』(みすず書房、2007)、ヒスロップ『封印の島』(みすず書房、2008)、クリスティー『春にして君を離れ』(ハヤカワ文庫、2004)、バーネット『消えた王子』(岩波少年文庫、2010)『白い人びと ほか短篇とエッセー』(〈大人の本棚〉みすず書房、2013)、C・S・ルイス『影の国に別れを告げて』(新教出版社、2016)、クローフォード『王女物語――エリザベスとマーガレット』(みすず書房、2020)他多数。

「2020年 『王女物語 エリザベスとマーガレット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村妙子のおすすめランキングのアイテム一覧

中村妙子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』や『ビッグ4 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』など中村妙子の全369作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

3313
4.06

感想・レビュー

先日読んだ攻略本より。主婦の回想という内容なのに読む手が止まらない。解説の栗本薫さん言うところ「苦い感動」と「哀しみにみちた慰安」の物語。クリスティの上手... もっと読む

火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

978
3.74

感想・レビュー

ミスマープルシリーズを初めて読んだ。当時雑誌に掲載されていた13の短編を集めたもので、単行本化されたのはシリーズ2作目になるらしい。 火曜日にそれぞれが... もっと読む

ビッグ4 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

844
3.17

感想・レビュー

世界的犯罪組織ビッグ4とのやるか?やられるか!のデッドレースにドキドキ。いつものポワロ物とは違うが、スピード感ある話でこれはこれで十分楽しめた。ポワロの灰... もっと読む

サンタクロースっているんでしょうか?

807
4.09
中村妙子 1977年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大切なものは目には見えない、ということを改めて確認できた。 サンタクロースのおかげで僕たちが暖かくて幸せなクリスマスを過ごせていると思うと、本当に世界中... もっと読む

厭な物語 (文春文庫)

516
3.55

感想・レビュー

厭な気持ちになる物語を集めた短編集。でもホラーじゃないよ。 これを読んで幸せな気持ちになる方は、自分が異常であると自覚してください、……というくらい... もっと読む

オ・ヤサシ巨人BFG (ロアルド・ダールコレクション 11)

336
3.81

感想・レビュー

ロアルド・ダールはもういいかなと思ったけど 映画化って話をきいたので‥ 人間を食べない巨人と女の子が 他の人喰い巨人を女王の力を借りて一網打尽に... もっと読む

ブラック・コーヒー (小説版) (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

328
3.43

感想・レビュー

ブックオフ。推理物だけは3色ボールペンのうち緑しかつかえないね。 女の勘よりも私は男性の論理的思考を愛する。それよりさらに想像力のきいたポアロの推理... もっと読む

春にして君を離れ (クリスティー文庫)

324
4.32
アガサ・クリスティー 電子書籍 2004年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夫と三人の子に恵まれ家庭に充ち足りた裕福な夫人。結婚した娘が病に倒れ、看病のため中東へ。英国への帰国途中、列車のトラブルで足止め。有り余る時間のなか夫人は... もっと読む

黄色いアイリス (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

297
3.46

感想・レビュー

「二度目のゴング」が少し前に読んだ「死人の鏡」と概ね同じで驚いた。 なるほど、こちらを更に磨いて「死人の鏡」にしたにか…手を入れたことで格段に良くなってい... もっと読む

ターシャテューダー クリスマスのまえのばん

230
3.82

感想・レビュー

絵が暖かくて、細かいところまで楽しく描かれてて、お話しもとっても素敵✨ 読むテンポがゆっくりになって、詩が心に染み渡る 読んでる私が、クリスマスを楽し... もっと読む

ヴァン・ゴッホ・カフェ

226
3.46

感想・レビュー

ファンタジー?こういう魔法がちょこっと起きたら楽しいね。猫がかもめに恋したり、マフィンが増えたり。かもめのヒッチハイク見たい〜(≧∇≦)b もっと読む

マン島の黄金 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

198
3.40

感想・レビュー

新聞や雑誌等、様々な媒体に掲載されたきり埋もれていたクリスティーの作品を拾い集めてきた、短編集12話が収録されています。 内容もバラエティに富んでいて、... もっと読む

愛の重さ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

169
3.56

感想・レビュー

アガサ・クリスティのミステリ以外の作品。 つまり普通の小説ですが、これは読み応えがある方。女性には面白いのでは。 モンゴメリのエミリーブックスを思い出... もっと読む

バグダッドの秘密 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

151
3.50

感想・レビュー

2004年発行、早川書房のクリスティー文庫。解説は北原尚彦(作家)。国際スパイもの。スパイものは設定がちょっと納得いかないものが多いような気がする。そこを... もっと読む

娘は娘 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

141
4.03

感想・レビュー

母と娘の確執を描く、メアリ・ウェストマコット名義の普通小説。 地味な存在ですが、読まないなんてもったいない!面白いので、ぜひ読んで下さい。 第一部... もっと読む

未完の肖像 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

121
3.39

感想・レビュー

主人公シーリアの幼い時から結婚、離婚に至る経緯が書いてある。シーリアが自殺しそうな所に遭遇した若い肖像画家メアリーがその時シーリアから聞いたシーリアの話を... もっと読む

北風のうしろの国 (ハヤカワ文庫 FT ハヤカワ名作セレクション)

115
3.66

感想・レビュー

ダイアモンド少年と北風の精とのやりとり。神が使わしたようなダイヤモンド少年の純真さ。そして色々な姿になる北風の精。ダイヤモンドには青白く美しい女性の姿をし... もっと読む

悪魔の手紙 (平凡社ライブラリー)

115
3.70
C.S.ルイス 2006年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地上を徘徊する悪魔。その悪魔を嘲笑してやろう! もっと読む

暗い抱擁 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

110
3.62

感想・レビュー

いやー、すごい。今更だがすごい。さすがクリスティー、さすが女王、と言うしかない。 まず人物の造型がもう。。。テレサ、カッコいい。287ページからのレディ... もっと読む

ブルートレイン殺人事件 (新潮文庫)

108
3.30

感想・レビュー

数十年ぶりのクリスティ。流石に犯人はわかる。 もっと読む
全369アイテム中 1 - 20件を表示

中村妙子に関連する談話室の質問

ツイートする
×