中村彰彦のおすすめランキング

プロフィール

中村彰彦

1949年、栃木県栃木市生まれ。東北大学文学部卒業後、文藝春秋に勤務。87年に『明治新選組』で第10回エンタテインメント小説大賞を受賞。91年より執筆活動に専念し、93年に『五左衛門坂の敵討』で第1回中山義秀文学賞、94年に『二つの山河』で第111回直木賞、2005年に『落花は枝に還らずとも』で第24回新田次郎文学賞を受賞。また2015年には第4回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞。小説に『鬼官兵衛烈風録』『名君の碑』『戦国はるかなれど』『疾風に折れぬ花あり』、評伝・歴史エッセイに『保科正之』『なぜ会津は希代の雄藩になったか』など多数。

「2020年 『その日なぜ信長は本能寺に泊まっていたのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村彰彦のおすすめランキングのアイテム一覧

中村彰彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『保科正之の生涯 名君の碑 (文春文庫)』や『幕末入門 (中公文庫)』や『二つの山河 (文春文庫)』など中村彰彦の全398作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

保科正之の生涯 名君の碑 (文春文庫)

229
4.00
中村彰彦 2001年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NHKの番組「BS歴史館 今いてほしい!?日本を変えたリーダーたち(2)保科正之」2012.4.27を見て感動し、すぐに本屋に飛んで行きました。 本... もっと読む

幕末入門 (中公文庫)

207
3.69
中村彰彦 2007年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幕末について、その中心となった藩毎に章立てしてわかりやすく解説。教科書読んでもいまいち頭に入ってこなかった藩、人物の立場や考え方、それぞれの関係性がよく分... もっと読む

二つの山河 (文春文庫)

118
3.16
中村彰彦 1997年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜ鳴門で第九が歌われるのか、そのルーツになるドイツ兵と日本人とのお話。 もっと読む

保科正之―徳川将軍家を支えた会津藩主 (中公新書)

116
3.38
中村彰彦 1995年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。保科正之は二代将軍・徳川秀忠の庶子。恐妻家であった秀忠は妻・於江与の方(江姫)の嫉妬を恐れて公にせず、こっそり信濃国高遠藩主・保科正光の養子とした。... もっと読む

落花は枝に還らずとも〈上〉―会津藩士・秋月悌次郎 (中公文庫)

111
3.69
中村彰彦 2008年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史ものはほとんど読まないけれど、これは歴史好きな夫に勧められて読んだもの。9年ぐらい前に旅行中のホテルでのんびり読んでた記憶あり。 もっと読む

新選組全史 幕末・京都編 (角川文庫)

109
3.28

感想・レビュー

「幕末・京都編」 と 「戊辰・箱館編」 もっと読む

明治無頼伝 (角川文庫)

107
3.63

感想・レビュー

主人公は斉藤一(藤田五郎)だけれど、幕末の新選組時代ではなく、会津敗戦、斗南移住後(明治3~4年)がメイン。敗戦後、会津藩側の戦死者の遺体埋葬を許さない新... もっと読む

新選組全史―戊辰・箱館編 (角川文庫)

101
3.33

感想・レビュー

(「BOOK」データベースより) 壬生浪士、略して壬生浪と蔑称されるところから身を起こし、佐幕派第一等の武闘集団にまで成長していった新選組は、短い絶頂期... もっと読む

新選組伍長島田魁伝 いつの日か還る (文春文庫)

99
3.49
中村彰彦 2003年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島田魁視点からの新撰組。入隊前から明治まで。ただし北走の部分だけ欠けている。永倉がいたことが理由で入隊を決意し、つかず離れずの距離感ながらも、永倉と行動を... もっと読む

新選組秘帖 (文春文庫)

96
3.50
中村彰彦 2005年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「秘帖」というだけあって、平隊士を中心に、知られざるエピソードを扱う短編小説集。 結構硬い文で、ちょっと読みづらく、また、どちらかというと明治まで生... もっと読む

脱藩大名の戊辰戦争―上総請西藩主・林忠崇の生涯 (中公新書)

84
3.59
中村彰彦 2000年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正しく「事実は小説よりも奇なり」である…大きな時代のうねりの中では、余りにも瑣末な活動だったかもしれない彼らの闘いかもしれないが、「こういう闘いをした人達... もっと読む

落花は枝に還らずとも〈下〉―会津藩士・秋月悌次郎 (中公文庫)

81
3.96
中村彰彦 2008年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史ものはほとんど読まないけれど、これは歴史好きな夫に勧められて読んだもの。9年ぐらい前に旅行中のホテルでのんびり読んでた記憶あり。 もっと読む

明治新選組 (角川文庫)

75
3.42
中村彰彦 1993年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

剣術描写に長けておられるようで、迫真性が伝わってきた。短編集であり、そのほか歴史の舞台では脇役であった人物たちが描かれているが、中世から近世、近代にかけて... もっと読む

名将がいて、愚者がいた (講談社文庫)

75
3.20
中村彰彦 2008年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

会津の保科正之に評価が高い。 一般的に無名な武将や侍も紹介してくれていて中々面白いです。 もっと読む

幕末入門 (中公文庫)

70
3.78
中村彰彦 電子書籍 2010年11月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【作品紹介】 尊王・佐幕、攘夷・開国、攻守所を変え、二転三転する複雑怪奇な動乱の時代。混迷をきわめた幕末の政情をわかりやすく読み解いた恰好の入門書。間口... もっと読む

保科正之―徳川将軍家を支えた会津藩主 (中公文庫)

67
3.35
中村彰彦 2006年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

保科家と言えば会津藩のイメージが強く、正之が訳ありではあるが二代将軍秀忠の血を継ぐ方であったことは知らなかった。徳川宗家をひたすら盛り立てるスタンスと、優... もっと読む

山川家の兄弟―浩と健次郎 (人物文庫)

66
3.95
中村彰彦 2005年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

旧会津藩山川家の物語。 大河ドラマ「八重の桜」でちょいちょい出てきました。浩、健次郎、二葉、捨松と人物を輩出してます。 家柄がつくる雰囲気ってある... もっと読む

知恵伊豆に聞け (文春文庫)

65
3.77
中村彰彦 2007年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代初期に名老中と謳われた松平伊豆守信綱について書いた本です。 最初、本のタイトルを見たとき、真田信之のことかと思いましたが、松平信綱の話でした... もっと読む

白虎隊 (文春新書)

61
3.37
中村彰彦 2001年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2007お正月にスペシャルドラマで「白虎隊」をやったので、ひさしぶりに白虎隊の本なぞ読んでみました。史実は、新しい事実が発見される度に書き換えられていくの... もっと読む

ある幕臣の戊辰戦争 - 剣士伊庭八郎の生涯 (中公新書)

59
3.71
中村彰彦 2014年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伊庭八郎の生涯を概説する一冊。 ところどころ分かりづらい表現もあるが、 ほどよくまとまっており、 彼の生き方や人となりを垣間見ることができる。 同... もっと読む
全398アイテム中 1 - 20件を表示

中村彰彦に関連する談話室の質問

ツイートする
×