中村文則のおすすめランキング

プロフィール

一九七七年愛知県生まれ。福島大学卒。二〇〇二年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。〇四年『遮光』で野間文芸新人賞、〇五年『土の中の子供』で芥川賞、一〇年『掏ス摸リ』で大江健三郎賞受賞など。作品は各国で翻訳され、一四年に米文学賞デイビッド・グディス賞を受賞。他の著書に『去年の冬、きみと別れ』『教団X』などがある。

「2022年 『逃亡者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村文則のおすすめランキングのアイテム一覧

中村文則のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)』や『教団X (集英社文庫)』や『掏摸(スリ) (河出文庫)』など中村文則の全92作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

9069
3.58
中村文則 2012年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

孤児 自殺 死刑....。常に「死」が纏わり付くこの作品に興味 関心メーターは振り切りだ。 『施設で育った刑務官の「僕」は、20歳の死刑囚・山井を担当す... もっと読む

教団X (集英社文庫)

7521
2.98
中村文則 2017年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初中村作品。 物理学や宇宙論、宗教論などが長く、読み飛ばしても中々読み続けるのが難しかった。性に取り憑かれたカルト集団だったが、その原点が最後の方になって... もっと読む

掏摸(スリ) (河出文庫)

6323
3.49
中村文則 2013年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作中のスリ行為の描写に息を呑む。 極限まで研鑽された技術、高度な状況判断、人間心理の操作は一瞬の芸術にまで到達している(不謹慎だが)。 ... もっと読む

教団X

5114
3.12
中村文則 2014年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者の主張が渋滞を起こし、物語の印象を散漫でボヤけたものにしている。 各人物の行動原理が俗的なもので いくら神秘さや崇高さを纏わせようとし... もっと読む

銃 (河出文庫)

4197
3.66
中村文則 2012年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私の大好きな著者の世界観の元祖を見るつもりでこの作品を手に取ってみたのだが、なんか違かった。 そもそも狂気を演出するのに「動物の死」を使う事に、創作だか... もっと読む

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)

3721
3.19
中村文則 2016年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっと分かりにくいけど、事件と虚構が混じり合って面白かった もっと読む

遮光 (新潮文庫)

3419
3.58
中村文則 2010年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新年から暗い気持ちになることが、僕にとっては 重要なんじゃないかと思い、読みました。  素晴らしい読後感でしたね、何かに導かれるように、陰鬱な気持ちになり... もっと読む

去年の冬、きみと別れ

3375
3.09
中村文則 2013年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞作家らしい文学的要素を感じつつ、ミステリとしての要素も十分。人の愛と狂気が十分に感じられた。少しセリフ回しがくどいのは、著者特有なのでご愛嬌。 もっと読む

土の中の子供 (新潮文庫)

3373
3.34
中村文則 2007年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新潮文庫の100冊。 「キュンタうちわしおり」がほしくて購入。 133回(平成17年上半期)芥川賞受賞作。 実は中村文則さんの作品は「教団X」を挫折し... もっと読む

R帝国 (中公文庫 な 75-1)

2523
3.60
中村文則 2020年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

教団Xほどじゃないにしろ、この作家はやはりけっこう理屈っぽいが、こういう実際のできごとを元にしたSFはわりと好みなので楽しめた ただし、おわりかたは個人... もっと読む

王国 (河出文庫 な)

2168
3.45
中村文則 2015年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「掏摸」兄妹編、ということで。作品そのものが兄妹ということなのですね。 施設で育ち、今は、要人・著名人の弱みを作為的に作り上げる仕事で報酬を得る女性、ユリ... もっと読む

私の消滅 (文春文庫 な 69-3)

2115
3.59
中村文則 2019年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の存在があやふやになってしまう作品でした。 今、自分だと思っている記憶は、本当は別の誰かの記憶なんじゃないか…。 途中から、結局これは誰の話なんだ?と... もっと読む

あなたが消えた夜に (毎日文庫)

2063
3.28
中村文則 2018年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞小説(長期連載)だったからか前半と後半の印象が全く違った。後半からやっと「らしく」なって安心したほど、前半に違和感を感じた。 もっと読む

私の消滅

2053
3.32
中村文則 2016年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある精神科医の物語。記憶を無くした『僕』が、自分の手記を読み、自分は複雑な家庭で育った精神科医であることを知る。しかし、その記憶は『私』である精神科医が仕... もっと読む

悪意の手記 (新潮文庫)

1895
3.69
中村文則 2013年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

逆説的ではあったけれど、真摯に命の重さや尊さを説いた秀作だと思う。 もっと読む

掏摸(スリ)

1751
3.34
中村文則 2009年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山崎ナオコーラさんが好きだと、なにかのエッセイで書かれていた中村文則さんの作品。読むのは初めて。 「何もかも憂鬱な夜に」を読んでみたかったのだけど、図書... もっと読む

R帝国

1718
3.48
中村文則 2017年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SF小説ぽく読むこともできるんだけど、あえて使われたアルファベットの国名や組織名が実在する名前を感じさせる ハマりはしないけど、フィクションとか陰謀論だと... もっと読む

1718
3.50
中村文則 2023年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

列。比較的日常に目にすることもある光景ではあるが、たしかに奇妙なものでもある。 長い列に対して、その先の期待感を感じるも方もいれば、並ぶことに対してネガテ... もっと読む

悪と仮面のルール (講談社文庫)

1591
3.69
中村文則 2013年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「掏摸」の兄弟編といった感じでしょうか。 今回の「王国」は、邪の家系を維持する血筋の頂点が、表社会で財閥を築き上げよう裏社会まで支配しているといったところ... もっと読む

迷宮 (新潮文庫)

1440
3.44
中村文則 2015年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

事件後の現場に、あざやかな折鶴が扮飾されていた事から“折鶴事件”と呼ばれる一家惨殺事件。妖しく美しい母親、その妻を異常に愛する父親、その家庭環境からか精神... もっと読む
全92アイテム中 1 - 20件を表示

中村文則に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×