中村桂子のおすすめランキング

プロフィール

中村桂子

1936年東京生まれ。JT生命誌研究館名誉館長。理学博士。東京大学大学院生物化学科修了。国立予防衛生研究所をへて、71年三菱化成生命科学研究所に入所。しだいに、生物を分子の機械ととらえ、その構造と機能の解明に終始することになった生命科学に疑問をもち、ゲノムを基本に生きものの歴史と関係を読み解く「生命誌」を創出。その構想を93年、JT生命誌研究館として実現、2002年より同館館長。早稲田大学人間科学部教授、大阪大学連携大学院教授などを歴任。『生命誌の扉をひらく』『自己創出する生命』(毎日出版文化賞)、『生命科学者ノート』『ゲノムが語る生命』『科学者が人間であること』『「ふつうのおんなの子」のちから』『こどもの目をおとなの目に重ねて』『中村桂子コレクション・いのち愛づる生命誌』全8巻ほか著書多数。

「2022年 『老いを愛づる 生命誌からのメッセージ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村桂子のおすすめランキングのアイテム一覧

中村桂子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『二重らせん (講談社文庫)』や『二重らせん (ブルーバックス)』や『わたしのなつかしい一冊』など中村桂子の全228作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

二重らせん (講談社文庫)

492
3.72

感想・レビュー

東北大学OPACへのリンク https://opac.library.tohoku.ac.jp/opac/opac_link/bibid/TT213959... もっと読む

二重らせん (ブルーバックス)

436
3.70

感想・レビュー

遺伝子構造におけるノーベル賞受賞までの競争をワトソンの視点から回想したもの。 本書の執筆が開始されたのが既に受賞後5年が経過しており、当人の記憶違いや都... もっと読む

わたしのなつかしい一冊

410
3.44
池澤夏樹 2021年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本を紹介するものは自然と手にしてしまう。 読みやすい字の大きさが特徴の1つかな。 難しい本も多かったけど、読んでみたい本も何冊か。 私のなつかし... もっと読む

科学者が人間であること (岩波新書)

279
3.63
中村桂子 2013年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言葉は優しいが、厳しい問いかけである。「役に立つ」研究への「選択と集中」が、何をもたらしているのか。研究者が本来持つべき資質とは。 もっと読む

やわらかな遺伝子

259
3.57
マット・リドレー 2004年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヒトをヒトとして決定づけるものは何か?遺伝子なのか、環境なのか。100年以上に渡って繰り広げられた「生まれか育ちか」論争。生まれを支持する側は遺伝子のみが... もっと読む

やわらかな遺伝子 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

236
3.81
マット・リドレー 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原題は、本文中でもたびたび登場する、「生まれは育ちを通じて」 生まれ持った遺伝的要因と、育った環境要因と、どちらが影響が大きいのか?という点について、進... もっと読む

科学は未来をひらく: 〈中学生からの大学講義〉3 (ちくまプリマ―新書)

195
3.73
村上陽一郎 2015年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これがすべて同じ中学での講演会をもとに作られているとしたらなんと贅沢なことか。子どもたちはそれを分かっているのだろうか。3年間で10人くらいの先生の話が聞... もっと読む

「ふつうのおんなの子」のちから 子どもの本から学んだこと

186
3.84
中村桂子 2018年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

孫引き。 『あしながおじさん』より、主人公ジューディの言葉。 「大事が起これば、ふるいたつことができます。また、心を押しつぶされるような悲しいことにも... もっと読む

DVD&図解 見てわかるDNAのしくみ (ブルーバックス)

169
4.17
JT生命誌研究館 2007年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第2部メーキング編も読むのがオススメです もっと読む

ゲノムが語る23の物語

164
3.67
マット・リドレー 2000年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゲノムを巡る23の物語。23つそれぞれのゲノムが持つストーリーを驚嘆と感嘆を持って解き明かす(作中22章)。AGTC4個の塩基配列の繰り返しが千差万別な我... もっと読む

細胞の分子生物学

134
4.40

感想・レビュー

http://dentlib.nihon-u.ac.jp/opac/opac_details/?lang=0&amode=11&bibid=1000060... もっと読む

Essential細胞生物学 原書第2版

130
3.98
Bruce Alberts 2005年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【メモ】 ・2016年には[原著第4版]の日本語versionが刊行されている。 〈https://www.nankodo.co.jp/g/g9784... もっと読む

いのちのひろがり (たくさんのふしぎ傑作集)

128
3.60
中村桂子 2017年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

松岡 達英 (イラスト) 『生命誌とは何か』の中村桂子 もっと読む

少女は本を読んで大人になる

125
3.61
クラブヒルサイド 2015年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて書店の棚で見かけたとき、「何だろうこの本、猛烈に読みたい!」と思った。代官山のクラブヒルサイドで行われた、「少女は本を読んで大人になる」というサンド... もっと読む

Essential細胞生物学(原書第4版)

115
4.80
中村桂子 2016年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[鹿大図書館・冊子体所蔵はコチラ] https://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.... もっと読む

惑星の風景 中沢新一対談集

102
3.92
中沢新一 2014年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そんな共同体はもうない、すでにわれわれは遅れてきた存在なのだ、と気づきながらも民俗社会を研究した柳田國男についてなど、示唆と刺激に満ちた対談集。 もっと読む

生命誌とは何か (講談社学術文庫)

99
3.38
中村桂子 2014年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/16211 もっと読む

細胞の分子生物学 第6版

87
5.00
ALBERTS 2017年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【琉大OPACリンク】 https://opac.lib.u-ryukyu.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB24404... もっと読む

細胞の分子生物学

83
3.94

感想・レビュー

細胞の分子生物学第 4 版 (ニュートンプレス). 分子生物学の教科書。 その時代に知っておくべきことがまとめられた教科書(あくまで教科書としてのコン... もっと読む

あなたのなかのDNA―必ずわかる遺伝子の話 (ハヤカワ文庫NF)

81
3.31
中村桂子 1994年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前読んだリドレー『やわらかな遺伝子』の訳をされたかたの著書とのことで買ったのですが、 買ったままになっていたものを気合を入れて取り出して読んでみました... もっと読む
全228アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×