中江克己のおすすめランキング

プロフィール

函館生まれ。思潮社、河出書房新社、学研などの編集者を経て、現在は歴史作家・染織文化研究家。染織文化関係の著書では『歴史に見る日本の色』(PHP研究所)、共著に『眼で遊び、心で愛でる日本の色』(学研)、『染織事典・日本の伝統染織のすべて』(泰流社)など。歴史関係では『江戸のスーパー科学者列伝』(宝島社)、『江戸っ子はなぜこんなに遊び上手なのか』『江戸の水路でたどる!水の都 東京の歴史散歩』(小社刊)など多数。

「2021年 『色の名前の日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中江克己のおすすめランキングのアイテム一覧

中江克己のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『色の名前で読み解く日本史 (プレイブックス・インテリジェンス)』や『お江戸の意外な生活事情―衣食住から商売・教育・遊びまで (PHP文庫)』や『江戸の躾と子育て (祥伝社新書)』など中江克己の全234作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

色の名前で読み解く日本史 (プレイブックス・インテリジェンス)

190
3.44
中江克己 2003年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本史を読み解く、というよりは色を日本史の観点から語る、といったほうが正しいと思う本書。 カラーページか冒頭に少しあり後は文章のみで、ちょっとイメージが... もっと読む

江戸の躾と子育て (祥伝社新書)

57
3.20
中江克己 2007年5月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<目次> はじめに 第1章 江戸では、誰が子どもを育てたか (1)地域ぐるみで祝った誕生 (2)子育てに熱心な親たち (3)子どもの躾の基本 ... もっと読む

色の名前の日本史 (青春文庫 な- 32)

57
3.00
中江克己 2021年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中江克己(1935年~)氏は、北海道函館西高卒、河出書房新社の編集者などを経て、実用書、歴史雑学などに関する本を多数執筆する文筆家。染色に造詣が深い。 ... もっと読む

日本史 怖くて不思議な出来事 (PHP文庫)

51
2.96

感想・レビュー

古書を元にしたノンフィクション。 怪談の類は作者の憶測もなく、謎のままで終わらせている。 読み応えがあった。 序盤の宇宙人の話は、あり得ない話も宇宙人に結... もっと読む

図説 見取り図でわかる!江戸の暮らし (青春新書INTELLIGENCE)

43
3.50
中江克己 2009年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸に関するこの手の本は何冊か読んできているが、他の本に載ってないこともたくさんあり、予想外に良かった。特にアミューズメントパークのようだったという尾張藩... もっと読む

図説 見取り図で読み解く江戸の暮らし

39
3.62
中江克己 2007年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸の範囲が朱引、墨引があるのを知ったのが本書。正に江戸の暮らしを判りやすく解説した書籍だ。将軍、大名から江戸庶民まで、見取り図(平面図、地図、イラスト)... もっと読む

大江戸“奇人変人”かわら版 (新潮文庫)

39
3.30

感想・レビュー

2017/1/15 母が暇そうなので、本棚で見つけたこの本を勧めることにしました。 旅行のお供にもよさそう。 大江戸“奇人変人”かわら版 (新潮文庫) ... もっと読む

文様の名前で読み解く日本史 (プレイブックス・インテリジェンス)

31
3.40

感想・レビュー

とにかく面白い!家紋については割りと見るのですが・・・古くから伝わる日本の文様を四季毎に解説。着物や千代紙なども楽しくなります もっと読む

戦国武将 あの人の顛末 (青春文庫)

30
3.30
中江克己 2004年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有名どころからちょっとコアなところまで網羅されていると感じる。 多くの武将の人生の魅せ場を知ることができるため、とにかく戦国時代の人物について知りたい!... もっと読む

ちょっと使ってみたくなる「江戸ことば」100選 (青春新書インテリジェンス)

29
3.53

感想・レビュー

なかなか詳しく解説されることがない江戸時代の風俗や庶民の生活が見えてくる。イメージと違う部分や現代人にいろいろ重なってくる。結構近いな江戸時代。 もっと読む

江戸東京の地名散歩 歴史と風情を愉しむ (ベスト新書)

29
3.20
中江克己 2012年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京を江戸で巡りたい時は、今や流行の「地形」と「地名」がたよりになる。ある意味、今の東京に、それ以外に、江戸を訪ねるすべは無いのかもしれない。今人気の「坂... もっと読む

眼で遊び、心で愛でる日本の色 (GAKKEN GRAPHIC BOOKS DELUXE)

27
3.64

感想・レビュー

最近、印刷や塗装技術が上がってきて、日本古来の微妙な色がでるようになってきた。なんか落ち着く色あいなんだろうな。 もっと読む

お江戸の意外な商売事情―リサイクル業からファストフードまで (PHP文庫)

27
3.63

感想・レビュー

江戸時代の、主に庶民の風俗についての解説本。 こういう本を読むと、当時のひとびとの活き活きとした生活が見えてきて、すごく楽しくなります。 現代の私たち、特... もっと読む

徳川将軍の意外なウラ事情 家康から慶喜まで、十五代の知られざるエピソード PHP文庫

25
2.78
中江克己 2004年5月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豆知識が身に付いたが、「知られざるエピソード」というわけでもないので、売るためとは言え、改題せずに元の題名のままが良かったのではなかろうか。 もっと読む
全234アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×