中沢啓治のおすすめランキング

プロフィール

ンガ家。1939年3月14日、広島市生まれ。小学1年生の時、爆心地から約1.2キロメートル離れた学校への登校途中に被爆。1968年に、原爆を題材としたはじめてのマンガ「黒い雨にうたれて」を発表。1973年より「はだしのゲン」連載を週刊少年ジャンプで開始。2012年12月25日、肺がんのため死去。享年73 。

「2020年 『完全版はだしのゲン7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中沢啓治のおすすめランキングのアイテム一覧

中沢啓治のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻』や『はだしのゲン (1) (中公文庫―コミック版)』や『はだしのゲン 第1巻 青麦ゲン登場の巻』など中沢啓治の全304作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻

221
4.14
中沢啓治 マンガ 1993年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

年齢を問わず夢中になれた作品。 何度読み返したかわからない。 今を生きる人には是非とも読んで欲しい。 もっと読む

はだしのゲン (1) (中公文庫―コミック版)

184
4.05
中沢啓治 1998年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中公文庫コミック版で全7巻、読了。 主人公のゲンたちは、よく歌う。 嬉しいとき、悲しいとき、苦しいとき、怒りに燃えるとき… 彼らは歌う。 歌が、このマンガ... もっと読む

はだしのゲン 第1巻 青麦ゲン登場の巻

134
4.10
中沢啓治 1984年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学校図書館に所蔵しているので、改めて読んでみた。 最後に読んだのはいつだっただろう。 確か、小学生のころに読んだような気がするが、 それが学校にあっ... もっと読む

はだしのゲン わたしの遺書

127
4.54
中沢啓治 2012年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昨年12月に中沢啓治さんが亡くなった。白内障で視力がおとろえ、数年前に漫画家を引退されたが、原爆の経験を伝える講演活動はずっと続けておられたという。 ... もっと読む

はだしのゲン (2) (中公文庫―コミック版)

82
3.90
中沢啓治 1998年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

政二さんとの出会いと死。 政二さんの家族だけでないけど、体面が一番大事になってしまうとああいう結果になってしまうのかなと思います。とはいえ、政二さんの妹た... もっと読む

はだしのゲン (3) (中公文庫―コミック版)

71
4.00
中沢啓治 1998年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第一部完。ここまで読んでなかったなぁ。それだけでも通読している意味はあるというものです。 友子の死。彼女の存在が生きる希望を様々な人に与えていたけども、... もっと読む

はだしのゲン (第1巻)

62
4.38
中沢啓治 1988年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で特に夏に人気のマンガという印象がある 小学校か中学校の学校図書館にあったのだけれど、数ページ見てこわかったので、長くよんだことがなかった つい... もっと読む

はだしのゲン (4) (中公文庫―コミック版)

61
4.14
中沢啓治 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんか、3巻目が、検索ヒットしないんですが… まあ、いいです。 この辺までくると、何巻まで読んで良いのやら、わからなくなってきた。 もっと読む

はだしのゲン (7) (中公文庫―コミック版)

61
4.25
中沢啓治 1998年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏休みに読もうとして、9月になったが、一旦読破で良いとおもう。 (なんか違うシリーズもあるみたいだが) 昭和28年で第二部完了 ゲンも東京に出るところ... もっと読む

はだしのゲン (5) (中公文庫―コミック版)

60
4.09
中沢啓治 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争終わって数年が経過した話 もっと読む

はだしのゲン 第2巻 麦はふまれるの巻

59
4.28
中沢啓治 1984年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな話はいっぱいあったのだろう。尊厳とかではなく、現実とし直視しないといけない。原爆でなくても、戦争や被災に直面したら、いい悪い関係なく生き残るための行... もっと読む

はだしのゲン 第10巻

56
4.05
中沢啓治 1987年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

じっくりと読むと言いながら夢中になって駆け足で貪り読んだ全10巻。 やっとゲンにも春がと思ったが初恋の人までが原爆症で亡くなってしまうのは作品の性格上とは... もっと読む

はだしのゲン 第3巻 麦よ出よの巻

54
4.14
中沢啓治 1984年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悲惨な状況中でひたすらまっすぐ生きようとするゲン。これよりもっとひどい状況だっただろうと思うだけに、尚更胸を打つ。 もっと読む

はだしのゲン (6) (中公文庫―コミック版)

54
4.16
中沢啓治 1998年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ごめんなさい。読後2週間くらい経過してるので内容あまり覚えてないです。 1巻から4巻くらいまでが、強烈なイメージです。 もっと読む

はだしのゲン 第4巻 まっすぐ伸びよ青い麦の巻

51
4.42
中沢啓治 1984年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後のシーンは、まだ子供の頃にも読んだ時と同じ悲しみを呼び起こさせた。大事な人を救うために習ったお経を、その人のために読むのはとても辛いことだ もっと読む

はだしのゲン 第8巻

50
4.31
中沢啓治 1984年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「オース」「メース」「サース」の下ネタで始まるプププな学園ドラマ風第8巻。 だがそんな和やかさも束の間、中学に進学したゲンを待ち受けるのは学校までも巻き込... もっと読む

はだしのゲン 第9巻

48
4.07
中沢啓治 1984年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争を口実にした核兵器人体実験の惨状をつぶさに見届けた歴史の証言者の立場からの啓蒙書的要素が全体を貫いているのだがただゴーマンかますだけの作品でなくあくま... もっと読む

はだしのゲン 第5巻

47
4.25
中沢啓治 1984年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰もが当時のことを忘れている。戦争責任は誰か?モルモットのように扱ったの誰か? 戦後も天皇を奉ることを強制したのはだれか? 戦時中は戦争推進だったのに、戦... もっと読む

はだしのゲン 第6巻

47
4.27
中沢啓治 1984年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争の悲惨さを改めて感じさせる作品。小学生のとき地元の図書館で読んで、その迫力あるタッチが不気味でトラウマになったものです。主義主張はさておいて、今改めて... もっと読む

はだしのゲン 第7巻

46
4.27
中沢啓治 1984年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争の悲惨さを改めて感じさせる作品。小学生のとき地元の図書館で読んで、その迫力あるタッチが不気味でトラウマになったものです。主義主張はさておいて、今改めて... もっと読む
全304アイテム中 1 - 20件を表示

中沢啓治に関連する談話室の質問

ツイートする