中西進の人気ランキング

プロフィール

中西進(京都市立芸術大学名誉教授)

「2013年 『生誕100年佐藤太清展』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中西進の人気ランキングのアイテム一覧

中西進の人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『万葉の秀歌 (上) (講談社現代新書 (733))』や『万葉の秀歌 (下) (講談社現代新書 (734))』や『万葉の世界 (1973年) (中公新書)』など中西進の全256作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

万葉の秀歌 (上) (講談社現代新書 (733))

11
5.00
中西進 1984年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

万葉集の大家、中西進先生の審美眼が光る一冊。膨大な歌の中からこれだけ秀でた歌を選び抜くのはさぞかし骨の折れることと思うが、それだけに先生の情熱と磨き抜かれ... もっと読む

万葉の秀歌 (下) (講談社現代新書 (734))

7
5.00
中西進 1984年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻から少し間を置いて読了。上巻とは打って変わって、東歌や防人の歌など、風合いを異にする歌が多くて、正直なところその魅力は十分に私に理解できたとは云えない... もっと読む

万葉集―全訳注原文付

2
5.00
中西進 1984年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学3年のお正月に、大叔父が買ってくれた。6年になってやっと読み、持統天皇の歌が好きになりました。 今は普通に好きですが、8歳とかでなぜ買い与えられ... もっと読む

古代史で楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫)

6
4.50
中西進 電子書籍 2013年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

万葉集の入門書でもあり、歴史書でもある。資料が少ないだろう古代の世界が歌を解することで鮮やかに描かれている。我々日本人の心の奥底に流れ続ける何かを見た感じ... もっと読む

むかし琵琶湖で鯨が捕れた

2
4.50
河合隼雄 1991年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 この対談が語られたのは、1988年。  今から約4半世紀前である。だから、彼らが語ったことが、必ずしも正しいと言うわけではない。  それでも約2... もっと読む

万葉の秀歌 (ちくま学芸文庫)

20
4.20
中西進 2012年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

巻一から巻二十までを通しで読む前に摘み食いする気分で全体像を掴むことができる。相聞歌のなかでも女歌と言われるもののうつくしさ。旋頭歌の巻き起こる労働風景。... もっと読む

入江泰吉・万葉花さんぽ (小学館文庫)

31
4.15
中西進 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

写真家の入江 泰吉さんと、国文学者の中西 進のコラボによる素敵な本でした。 もっと読む

日本人の愛したことば

24
4.00
中西進 2011年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実像にとらわれない。日本語は、あまりにも深い。著者が日本人の「愛する」ことばとはせず「愛した」と題しているところに、考えさせられるものがある。 もっと読む

詩をよむ歓び

19
4.00
中西進 2007年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふろふきのたべかた もっと読む

楕円の江戸文化

11
4.00
中西進 2013年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸 もっと読む

天智伝 (中公文庫)

10
4.00
中西進 2011年3月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『日本書紀』『三国史記』『新唐書』を手がかりに描いた評伝。 小説、とするには人物中心でないと思うので、天智の生涯の流れを心情など推測してまとめた本…と云... もっと読む

聖武天皇 - 巨大な夢を生きる (中公文庫 な 28-4)

10
4.00
中西進 2011年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奈良時代史、聖武天皇について知っている人にとっては、新たな聖武天皇像と奈良時代像を提供するワクワクな一冊です。 でも、奈良時代について、いろんな説が... もっと読む

角川学芸ブックス 亀が鳴く国 日本の風土と詩歌

8
4.00
中西進 2010年2月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

枕詞とは祈りの言葉、という解釈は中々素敵かもしれない。まったく意味のないなんて、あの短いなかでひどく虚しいことじゃないかと思っていたから。(この感想を書い... もっと読む
全256アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする