中谷内一也のおすすめランキング

プロフィール

1962年生まれ。同志社大学卒業。 同大学院の心理学専攻を単位取得退学後、 日本学術振興会特別研究員、静岡県立大学、帝塚山大学を経て現在、同志社大学心理学部教授。人が自然災害や科学技術のリスクとどう向き合うのかというリスク認知研究、および、リスク管理組織に対する信頼の研究を進めている。著書に『安全。でも、安心できない……』(ちくま新書)、『リスクのモノサシ』(NHKブックス)、『信頼学の教室』(講談社現代新書)などがある。

「2021年 『リスク心理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中谷内一也のおすすめランキングのアイテム一覧

中谷内一也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『信頼学の教室 (講談社現代新書)』や『安全。でも、安心できない…―信頼をめぐる心理学 (ちくま新書)』や『リスクのモノサシ―安全・安心生活はありうるか (NHKブックス)』など中谷内一也の全15作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

信頼学の教室 (講談社現代新書)

233
3.54
中谷内一也 2015年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「つまり、相手から被害を受けるリスクがあるからこその信頼なのです。」 話の進み方は『嫌われる勇気』に似ている。これは少しくどいかも。内容はわかりやす... もっと読む

安全。でも、安心できない…―信頼をめぐる心理学 (ちくま新書)

206
3.52
中谷内一也 2008年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安全は管理と技術で提供できるが、安心は信頼関係によってもたらされる。 2008年初版だが、昨今の原発にまつわるさまざまな出来事が説明できてしまう。 もっと読む

リスクのモノサシ―安全・安心生活はありうるか (NHKブックス)

133
3.69
中谷内一也 2006年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どの程度リスクがあるのかという定量的な視点から判断することが必要。 専門家が自説にそぐわない新たな事実を無視し、自分が正しいと過信し続ける理由がある。そ... もっと読む

リスク 不確実性の中での意思決定 (サイエンス・パレット)

111
3.47
Baruch Fischhoff 2015年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000025055  ※学外... もっと読む

信頼学の教室 (講談社現代新書)

25
3.56
中谷内一也 電子書籍 2015年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大きく3つから信頼は左右される。価値の共有。能力。動機。中でも価値観の共有が大事。 もっと読む

ダチョウのパラドックス 災害リスクの心理学

23
2.67
中谷内一也 2018年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

多くの人が合理的な判断ができない理由を述べた本。 感情、感覚に任せた選択…してるなぁ… 読後の今動かないと、きっと何も変われない。 もっと読む

信頼学の教室

1
中谷内一也 電子書籍 2015年12月25日 ブックライブで見る ブックライブ ¥ 520
得るのは難しく、失うのは簡単。そして失ったものを回復するのはもっと難しい。それが「信頼」。信頼研究で知られる心理学者が、... もっと読む
全15アイテム中 1 - 15件を表示
ツイートする
×