中野剛志のおすすめランキング

プロフィール

中野 剛志(ナカノ タケシ)
評論家
評論家。1971 年、神奈川県生まれ。元・京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治経済思想。1996 年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。 2001年に同大学院より優等修士号、2005年に博士号を取得。2003年、論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。著書に山本七平賞奨励賞を受賞した『日本思想史新論』(ちくま新書)、『TPP亡国論』『世界を戦争に導くグローバリズム』(ともに集英社新書)、『国力論』(以文社)、『富国と強兵─地政経済学序説』(東洋経済新報社)、『目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【基礎知識編】』『全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】』(ともにベストセラーズ)などがある。

「2021年 『ナショナリズムの美徳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野剛志のおすすめランキングのアイテム一覧

中野剛志のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『TPP亡国論 (集英社新書)』や『目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】』や『全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】』など中野剛志の全111作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

TPP亡国論 (集英社新書)

1919
3.81
中野剛志 2011年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

TPP反対の意見が良くわかる。 何かとお騒がせの中野さんですが、TPP反対の理屈はよーくわかります。 結局、TPPがグローバルな自由貿易といっ... もっと読む

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】

1074
4.26
中野剛志 2019年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【かなり洗脳されていた】 小学生ぐらいからずっと不思議に思っていたことがあります。 お金はどんどん刷ればいくらでも増えすことができる。しかし、増え... もっと読む

全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】

653
4.19
中野剛志 2019年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【政治・経済】 よく政治経済といいますから経済と政治は密接に絡んでいるということです。 しかし、われわれ賃金労働者は無知であるが故にいいように扱わ... もっと読む

国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 (講談社現代新書)

434
3.94
中野剛志 2011年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本書を読み終わって、これは経済書でもあるのだろうが、世界経済の現状を鋭く分析し、日本が今後進むべき道を指し示した政治的イデオロギーの書でもあると驚嘆した... もっと読む

西洋の自死: 移民・アイデンティティ・イスラム

372
3.82
ダグラス・マレー 2018年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

欧州で右派が台頭する状況の背景がこの本を読むとわかった。少なくとも欧州で極右政党が一定の支持を集めるのを一部の経済的に恵まれず、情報が限られた人たちが煽ら... もっと読む

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)

369
3.75

感想・レビュー

各国が新自由主義を推し進めたのと同時期に格差拡大、成長の鈍化が起きたので、リベラル、グローバリズムはダメなのです、というような論が何度も繰り返されており、... もっと読む

日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ (ちくま新書)

349
3.88
中野剛志 2012年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

朱子学と古学を合理論と経験論へと類比した上で、後者をプラグマティズムとして解釈し、「健全な」近代ナショナリズムへと発展していったと論じている。その結論とし... もっと読む

グローバル恐慌の真相 (集英社新書)

344
3.83
中野剛志 2011年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この二人の議論は、非常におもしろい。いまいちテレビのニュースを見ていて納得いかない、よく分からない問題を池上彰よりわかりやすく論じてくれていると思うのは、... もっと読む

世界を戦争に導くグローバリズム (集英社新書)

312
3.99
中野剛志 2014年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

刺激的なタイトルに比べ、内容はこむずかしくなっている。学者の諸説からの引用が多い印象。 もっと読む

富国と強兵

227
4.39
中野剛志 2016年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地政学と経済学を一元的に見る社会科学の話。 大著だが読みやすい。 ここ100年のここ経済学と地政学の流れを追うのに必読。 貨幣は国家による信用貨幣としての... もっと読む

日本破滅論 (文春新書)

203
3.96
藤井聡 2012年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

痛快! 破滅論に秘められた、物事を達観し、本質を見抜くという思考回路。 この国の政治、経済、社会に危機をもたらす、構造改革、デフレ下の、大増税... もっと読む

売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体

201
4.08
三橋貴明 2012年2月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言いたい放題。やりたい放題。 が、この本に書いてあることを意識して考えないと、流されれば流されるほど危うくなると感じる もっと読む

官僚の反逆 (幻冬舎新書)

199
3.73
中野剛志 2012年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「官僚化=グローバル化」というのがよくわかりました。会社勤めをしていると、この本に書いてあることに肯けるところを多く感じます。 グローバル化がいかに社会を... もっと読む

レジーム・チェンジ 恐慌を突破する逆転の発想 (NHK出版新書)

185
4.07
中野剛志 2012年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者はこの本で何故この20年日本経済が好転しないのかを説明しており、デフレ・レジームからインフレ・レジームへの転換を主張している。 デフレ局面にも関わら... もっと読む

TPP 黒い条約 (集英社新書)

179
3.73
中野剛志 2013年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民主党政権のままでも今の自民安倍政権でも同じ結果だったと思いますが、日本はTPPへ参加しようとしています。韓国が米国とのFTAであれほど酷い「不平等条約」... もっと読む

保守とは何だろうか (NHK出版新書)

162
3.97
中野剛志 2013年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「保守」が新自由主義と結託している現状を「保守」の混迷とみなす著者が、イギリスの詩人であるコールリッジの政治経済思想の再評価をおこなうとともに、著者自身の... もっと読む

日本防衛論 角川SSC新書 グローバル・リスクと国民の選択

151
4.09
中野剛志 2013年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国際情勢をにらんだ上で、日本がどう対応していくかを説いた一冊。 2013出版ながら、今読んでも古さを感じないのは、普遍的なテーマだからだろうか。 もっと読む

真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学 (講談社現代新書)

148
4.29
中野剛志 2017年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

視点が面白かった。 メディアや書籍でよく出てくる経営コンサル出身の冨山氏や赤羽氏の記事を引用し、 それをガシガシ否定していく。 自分もやや盲目的... もっと読む

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】 (ワニの本)

146
4.37
中野剛志 電子書籍 2019年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全国民に読んでもらいたいです。貨幣とはモノやサービスの交換手段ではなく、負債の一形式であること。銀行は手元にある預金をもとにではなく、借り手の需要があれば... もっと読む
全111アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×