中野剛志のおすすめランキング

プロフィール

1971年生まれ。東京大学教養学部教養学科(国際関係論)卒。通商産業省(現・経済産業省)を経て、評論家。エディンバラ大学より博士号(社会科学)取得。主な著作に『TPP亡国論』(集英社新書)、『真説・企業論』(講談社現代新書)他。

中野剛志のおすすめランキングのアイテム一覧

中野剛志のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『TPP亡国論 (集英社新書)』や『国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 (講談社現代新書)』や『グローバル恐慌の真相 (集英社新書)』など中野剛志の全82作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

TPP亡国論 (集英社新書)

1777
3.83
中野剛志 2011年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

TPP反対の意見が良くわかる。 何かとお騒がせの中野さんですが、TPP反対の理屈はよーくわかります。 結局、TPPがグローバルな自由貿易といっ... もっと読む

国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策 (講談社現代新書)

383
3.99
中野剛志 2011年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本書を読み終わって、これは経済書でもあるのだろうが、世界経済の現状を鋭く分析し、日本が今後進むべき道を指し示した政治的イデオロギーの書でもあると驚嘆した... もっと読む

グローバル恐慌の真相 (集英社新書)

312
3.86
中野剛志 2011年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この二人の議論は、非常におもしろい。いまいちテレビのニュースを見ていて納得いかない、よく分からない問題を池上彰よりわかりやすく論じてくれていると思うのは、... もっと読む

日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ (ちくま新書)

272
3.89
中野剛志 2012年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。やはり歴史は単純ではないと確認した。色々な考えがあって良いと思う。他の本も読んでみたい。 もっと読む

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)

257
3.75

感想・レビュー

各国が新自由主義を推し進めたのと同時期に格差拡大、成長の鈍化が起きたので、リベラル、グローバリズムはダメなのです、というような論が何度も繰り返されており、... もっと読む

世界を戦争に導くグローバリズム (集英社新書)

256
4.06
中野剛志 2014年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めたが、内容が充実している。 日本は、核抑止力保持を含め、自前で防衛する力をつけるときが来た! もっと読む

売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体

178
4.13
三橋貴明 2012年2月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

専門用語が出てきてちょっと素人にはちょっとむずかしいかも・・・ しかし、言いたいことはわかる。 政治家は「公」なのか?「私」なのか? それが問題だ。 国の... もっと読む

日本破滅論 (文春新書)

168
3.97
藤井聡 2012年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

震災を食うという考え方を重要視すべきだと感じた。社会的な危機に陥ったとき、それを克服しようと大きな発展が生まれる可能性がある。 もっと読む

レジーム・チェンジ 恐慌を突破する逆転の発想 (NHK出版新書)

162
4.08
中野剛志 2012年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者はこの本で何故この20年日本経済が好転しないのかを説明しており、デフレ・レジームからインフレ・レジームへの転換を主張している。 デフレ局面にも関わら... もっと読む

官僚の反逆 (幻冬舎新書)

157
3.74
中野剛志 2012年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『政治の世界には、確かに、利害の対立や妥協がつきものである。しかし、政治には対立や妥協があるからこそ、議論が行われるのであり、言論の自由が意味をもつのであ... もっと読む

TPP 黒い条約 (集英社新書)

151
3.73
中野剛志 2013年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民主党政権のままでも今の自民安倍政権でも同じ結果だったと思いますが、日本はTPPへ参加しようとしています。韓国が米国とのFTAであれほど酷い「不平等条約」... もっと読む

日本防衛論 角川SSC新書 グローバル・リスクと国民の選択

125
4.10
中野剛志 2013年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国際情勢をにらんだ上で、日本がどう対応していくかを説いた一冊。 2013出版ながら、今読んでも古さを感じないのは、普遍的なテーマだからだろうか。 もっと読む

保守とは何だろうか (NHK出版新書)

119
4.28
中野剛志 2013年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

保守政党がなぜTPPをゴリ押ししたり新自由主義をとるのかやっと意味がわかった気がした。日本共産党のポジションは余計わからないけど。聖書研究に費やされている... もっと読む

脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克 (文春新書)

103
3.52
中野剛志 2016年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了:2017/8/5 他人を嘲笑い軽蔑することを、自尊心を保つための武器としている二人の男性の居酒屋談義に中野信子さんが如才なくヨイショコメントをして... もっと読む

反・自由貿易論 (新潮新書)

96
3.74
中野剛志 2013年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そもそも何でもかんでも輸出して儲ければいい、輸出が善であるという思考に認識的歪みを感じる。貿易とは一体何であるのか、という命題を哲学することなしに、戦後モ... もっと読む

自由貿易の罠 覚醒する保護主義

89
4.38
中野剛志 2009年11月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自由貿易は正しい、と考える俗説に意義を唱える。素晴らしい本。 経済学に疎い自分にも、分かりやすくデューイら実践主義者(プラグマティズム)の議論を説いてくれ... もっと読む

考えるヒントで考える

86
4.52
中野剛志 2010年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小林秀雄の「考えるヒント」を読んで考えた著者のエッセイ。 私は「考えるヒント」は未読なのでこの本で小林秀雄の著作の一端に初めて触れることになるが、引用が... もっと読む

富国と強兵

77
4.22
中野剛志 2016年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長かった。。。冗長なようでエッセンス詰まってるので読み流すのにさえ時間がかかる。 失われた20年と言われて久しいが、思考停止してんだね、と思いつつ、なぜ軌... もっと読む

資本主義の預言者たちニュー・ノーマルの時代へ (角川新書)

76
3.67
中野剛志 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界金融危機以降の経済システムは、金融を成長の原動力として期待する事ができなくなり、低い経済成長率と高い失業率が続くであろうと予測し、このような停滞状況を... もっと読む

グローバリズム その先の悲劇に備えよ (集英社新書)

75
4.24
中野剛志 2017年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

富国と強兵は不可分 強兵なき富国が幻想にすぎないことを、これから日本人は嫌というほど思い知らされるでしょう もっと読む
全82アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする