中野恵津子のおすすめランキング

中野恵津子のおすすめランキングのアイテム一覧

中野恵津子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)』や『彼方なる歌に耳を澄ませよ (新潮クレスト・ブックス)』や『灰色の輝ける贈り物 (新潮クレスト・ブックス)』など中野恵津子の全48作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)

530
4.02

感想・レビュー

たまたま軽い気持ちで手にとったけれど、読んだ後に心にじんと響いて忘れられない一冊となる本があります。 アリステア・マクラウドは、これまで耳にしたこと... もっと読む

彼方なる歌に耳を澄ませよ (新潮クレスト・ブックス)

301
4.15

感想・レビュー

この物語に関して私が書けることはそれほど多くない。 ただ、かけがえない、いとおしい物語が私の中に一つ増えたということだろうか。 最終盤の章を読みながら、私... もっと読む

灰色の輝ける贈り物 (新潮クレスト・ブックス)

295
4.04

感想・レビュー

これからマクラウドの小説を読み始めようとする幸運なあなたにはこの短編集から時代を追って、唯一の長編小説へと進んでゆくのをおすすめしたい。 ゆっくりでもいい... もっと読む

密会 (新潮クレスト・ブックス)

257
3.89

感想・レビュー

背表紙に「自分はあの時、たしかに愚かだった」とある。 そう、誰でも過去に思い出したくない記憶、些細なことなのだが自分の愚かさが恥ずかしくてたまらず思い返さ... もっと読む

アメリカの鳥 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集2)

127
3.65

感想・レビュー

2011年12月8日読み始め 2011年12月12日読了 中産階級のマザコン少年がアメリカから大学進学と徴兵逃れのためにフランスに渡って青春するお話です... もっと読む

歳月のはしご (文春文庫)

73
3.88

感想・レビュー

主人公は40歳にして3人の子育てをほぼ終え人生について考えている。15歳年上の夫や子供たち、姉妹、姑と人間関係などとりまく人間関係について考えさせられる。... もっと読む

クリスマスツリー (新潮文庫)

66
3.47

感想・レビュー

クリスマスツリーになった木のお話。文体がやさしくて読みやすい。 もっと読む

ここがホームシック・レストラン (文春文庫)

60
4.04

感想・レビュー

アン・タイラーの中で一番好きな小説がコレ。「人情」とうまくコミットできない堅物の母とその子供達。登場人物のそれぞれがこれ以上ないくらいに書きつくされている... もっと読む

ノアの羅針盤

53
3.44
アン・タイラー 2011年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても感情移入しやすかったです。 スラスラ最後まで読めました。 もっと読む

あのころ、私たちはおとなだった (文春文庫)

50
3.39

感想・レビュー

H.25.08.01 53歳のレベッカが人生これで良かったのか悩むお話。まぁ、人生についていろいろ考えさせられた。でも完璧な人生なんてものはないからね。あ... もっと読む

パッチワーク・プラネット (文春文庫)

49
3.79

感想・レビュー

図書館で。 イメージ的にはライ麦畑の主人公がそのまま30になって世間とズレてる俺を自覚しつつもどうしようもない、というようなイメージ。個人的にはあまりこ... もっと読む

ブリージング・レッスン (文春文庫)

48
3.63

感想・レビュー

図書館で。 アン・タイラーの描く人物って一般的なようでいて結構ずれている人が多いなぁという感想。このおせっかいな奥さん、明らかにちょっとおかしいと思う。... もっと読む

アメリカ人のまっかなホント

48
3.39

感想・レビュー

まっかなホントシリーズ第1巻「アメリカ人」です。 アメリカ人の生態が調査され、詳細に記されています。 旧世界からやってきた社会不適合者によって建国され... もっと読む

驚くべき天才の胸もはりさけんばかりの奮闘記

45
3.00
デイヴ・エガーズ 2001年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ザ・サークルに一撃でやられたので、処女作を読んでみる。自分にとってはこれピュリッツァー賞候補か?という内容ではあったけど、本編で省略したかなりの量の文章を... もっと読む

クリスマスの木

33
3.67

感想・レビュー

後悔した。ワシがニューヨーク・ロックフェラーセンターのクリスマスツリーを見たのはつい二週間前のクリスマスイブ。なぜその前にこの本に出会ってなかったのだろう... もっと読む

もしかして聖人

28
3.90
アン・タイラー 1992年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何の変哲もないありふれたペドロウ家の話・・・ではなく、その家のイアンの一生を早送りで傍観しているような感覚です。 同じ体験はしていなくとも、その感覚わか... もっと読む

キルトに綴る愛

28
3.55

感想・レビュー

物語そのものは正直なところ、KiKi にはさほど興味深いものではありませんでした。  キルティング・サークルに集まる妙齢の女性たちの若かりし頃の恋物語を手... もっと読む
全48アイテム中 1 - 20件を表示

中野恵津子に関連する談話室の質問

ツイートする
×