中野翠のおすすめランキング

中野翠のおすすめランキングのアイテム一覧

中野翠のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『泥酔懺悔』や『泥酔懺悔 (ちくま文庫)』や『今夜も落語で眠りたい (文春新書)』など中野翠の全153作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

泥酔懺悔

388
3.03

感想・レビュー

11人の泥酔懺悔。 大人らしいお酒の付き合い方、下戸の悩み、そして明るい失敗談。 私も飲み会などでお酒の失敗談をたまに聞く。 笑いながら話してく... もっと読む

泥酔懺悔 (ちくま文庫)

199
3.62
朝倉かすみ 2016年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

総勢11名の情勢が、酒にまつわる、まあ総じてどうしようもない、どうかしている経験とその反省と言うか自らを省みて飲酒の鋼材と何故に人は記憶を失うまで泥酔しな... もっと読む

今夜も落語で眠りたい (文春新書)

145
3.46
中野翠 2006年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふところ深い落語の世界へ、気軽に入っていけます。 もっと読む

私は臓器を提供しない (新書y)

108
3.44

感想・レビュー

近藤誠、阿部知子、近藤孝、吉本隆明、小浜逸郎、宮崎哲弥、山折哲雄、平澤正夫、中野翠、橋本克彦の10人による、脳死移植反対の意見をまとめた本です。 ド... もっと読む

歌舞伎のぐるりノート (ちくま新書)

86
3.30
中野翠 2013年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな風に歌舞伎を語れることが羨ましい。 私も歌舞伎に惹かれているのは、それぞれの役者さん(特に女形)の所作の美しさ、オーラ、そして着物、舞台の美しさで... もっと読む

あのころ、早稲田で

77
3.04
中野翠 2017年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

予想を超えてかなり私的な記録である。特に著者の学生時代の失恋のエピソードが書かれているのは初めてではないか。1965年-70年の東京の大学生の文化シーンの... もっと読む

小津ごのみ (ちくま文庫)

75
4.05
中野翠 2011年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小道具、台詞など小津映画をディテールから探究していく。直感的に理解しやすい小津安二郎論。 日本映画で小津安二郎ほど難しい論評の対象になる監督はないだろう... もっと読む

この世には二種類の人間がいる

68
3.05
中野翠 2007年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読完2011.07図書館 もっと読む

アメーバのように。私の本棚 (ちくま文庫)

68
3.45
中野翠 2010年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本は読んでも読んでも尽きることはないのです。 読書欲も知識欲も煩悩。 もっと読む

いちまき: ある家老の娘の物語

68
3.46
中野翠 2015年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NHKの番組「ファミリーヒストリー」が始まった時、私は芸能界とか芸能人に全く興味がないせいもあって、「赤の他人のご先祖様の、それも偉業を成し遂げたわけでも... もっと読む

千円贅沢

65
3.07

感想・レビュー

2001年発行の本なので、出てくる商品が現在も発売されているかは分かりませんが、どれも女性には惹かれるものばかりだと思う。100均での買い物の楽しさと似て... もっと読む

いくつになっても トシヨリ生活の愉しみ

65
2.90
中野翠 2019年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「トシヨリ生活の愉しみ」と副題にあるが、いかにもシニア対象といった内容ではなく、中野さんらしく程よく年齢を受け入れながら日々を楽しんでいる様子が伺えてよか... もっと読む

コラムニストになりたかった

58
3.53
中野翠 2020年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「女性コラムニスト先駆けの著者による70年代から現在までのマスコミ業界クロニクル」という惹句そのものの本。 タイトルの印象から、「コラムニスト入門」... もっと読む

この世は落語

57
3.72

感想・レビュー

中野翠さんが、好きな落語について、そのあらすじや見所(聴き所か)を紹介したもの。落語への愛にあふれていて、しかもヘンに玄人ぶったりしないところが著者の面目... もっと読む

金魚のひらひら

56
3.39
中野翠 2011年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中野翠の映画評、エッセイ等。歯に衣着せず、好悪はっきり。小気味よい。 もっと読む

1968[1]文化 (筑摩選書)

56
3.20
四方田犬彦 2018年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1968年、半世紀前へのブック・タイムトリップは今年も続いています。編者の四方田犬彦の「ハイスクール1968」という新書をずいぶん前に読んだこと、思い出し... もっと読む

小津ごのみ

55
3.62

感想・レビュー

特に小津作品の着物の柄と背景との調和の分析が見事。あれだけ徹底して同じ柄でほとんどの作品を通しているのに、それを指摘する人間がいなかったのは不思議に思える... もっと読む

ごきげん タコ手帖

55
3.17
中野翠 2010年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者と同じ位の年齢で、落語好きなので腑に落ちることが多くておもしろかった。今回は「なれゆえに この世よかりし 盆の花」という俳句が心に残った。 もっと読む

あのころ、早稲田で (文春文庫)

54
3.40
中野翠 2020年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中野翠さんの、早稲田大学の学生だった頃を自ら描いたもの。 中野さんは、大学・学部の先輩にあたる方なのだということを、本書を読んで知った。私よりも、ちょうど... もっと読む
全153アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×