中野重治のおすすめランキング

プロフィール

中野重治

一九〇二(明治三五)年、福井県生まれ。小説家、評論家、詩人。第四高等学校を経て東京帝国大学独文科卒業。在学中に堀辰雄、窪川鶴次郎らと詩誌『驢馬』を創刊。日本プロレタリア芸術連盟やナップに参加。三一年日本共産党に入党するが、のちに転向。小説「村の家」「歌のわかれ」「空想家とシナリオ」を発表。戦後、新日本文学会を結成。四五年に再入党し、四七年から五〇年、参議院議員として活動。六四年に党の方針と対立して除名された。七九(昭和五四)年没。主な作品に『むらぎも』(毎日出版文化賞)、『梨の花』(読売文学賞)、『甲乙丙丁』(野間文芸賞)、『中野重治詩集』などのほかに、『定本中野重治全集』(全二八巻)がある。

「2021年 『歌のわかれ・五勺の酒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野重治のおすすめランキングのアイテム一覧

中野重治のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『村の家・おじさんの話・歌のわかれ (講談社文芸文庫)』や『太宰よ! 45人の追悼文集: さよならの言葉にかえて (河出文庫)』や『梨の花 (岩波文庫)』など中野重治の全303作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

村の家・おじさんの話・歌のわかれ (講談社文芸文庫)

91
3.56
中野重治 1994年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プロレタリア時代の作品、転向後の作品、それぞれのタイミングで、なぜ作者が「それ」を書いたのか、というところをいろいろ考えさせられる。 私小説風の作品が多... もっと読む

太宰よ! 45人の追悼文集: さよならの言葉にかえて (河出文庫)

82
3.57
青山光二 2018年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年の桜桃忌はさくらんぼを片手に遥々三鷹までお墓参りに訪れようと考えていたのですが、昨今の情勢を考慮してお墓参りは一旦延期し、昨年蔦屋書店で購入した本書を... もっと読む

梨の花 (岩波文庫)

62
3.64
中野重治 1985年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中野重治(1902-1979)の没後40年を記して......と思つてゐたら、年越しをしてしまひました。 詩集もいいけれど、ここではわたくしの好きな『梨... もっと読む

中野重治詩集 (岩波文庫 緑 83-1)

60
3.43
中野重治 1978年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 駅のホームと曇り空。優しさと物悲しさと攻撃性の高さ。味方を思い、敵は徹底的に叩きのめそうとする強い意志。自分はこの方の詩が、本当に好きだ。 もっと読む

教科書で読む名作 セメント樽の中の手紙ほかプロレタリア文学 (ちくま文庫)

47
3.43
葉山嘉樹 2017年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中野重治「菊の花」、小林多喜二「蟹工船」を読みたくて。解説として芥川の「プロレタリア文学論」と、鶴見俊輔・松尾尊兌の対談「中野重治『愛しき者へ』を読む」(... もっと読む

五勺の酒・萩のもんかきや (講談社文芸文庫)

42
3.78
中野重治 1992年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまり憶えていないが、骨董などを扱ったり、頑固おやじが出てくる上での、ほのぼの劇だったような。とにかくこの作家の作風は濃い。コテコテでんがなー。 もっと読む

オオカミに冬なし―グリーンランドとアラスカとのあわい、ある不安な生活の物語

38
4.29

感想・レビュー

ホントに児童書なのっていう読みづらさが最初はあったのですが、エスキモー・ジョーが出てくるあたりからぐいぐいひきつけられて読み進めました。 寒い寒い極寒の... もっと読む

続・酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)

33
3.60
永井龍男 2013年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回は、やや物足りず。 酔っ払い、というタイトルなのだが、かなり固い話が多く、 (酔っ払いが嫌い、という話まである) 豪快な酒の楽しみ・苦しみの話が... もっと読む

中野重治 (ちくま日本文学全集)

29
3.57

感想・レビュー

ちくま日本文学全集039 中野重治。 中野重治の作品から感じられるのは、まず「まごころ」ということです。そうして作者のその姿勢に打たれます。 ... もっと読む

藝術に関する走り書的覚え書 (岩波文庫 緑 83-2)

24
3.00
中野重治 1978年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『「郷土望景詩」に現れた憤怒』『啄木に関する断片』『芥川氏のことなど』収録。 もっと読む

むらぎも (講談社文芸文庫)

24
3.57
中野重治 1989年5月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

政治色が強すぎて、逆に好き。登場人物の無駄な多さにごっちゃになる。でも冒頭からの流れは好きだ。少し前、古き良き日本の、ちょい悪学生たちの何気ない日々だと感... もっと読む

本とつきあう法 (ちくま文庫)

22
2.33

感想・レビュー

 正直告白すると、全く知らない著者のほとんど興味のない分野の本でして、恐らく、この本に私が出会い読み切る確率は、限りなく奇跡に近いと思われます。  ... もっと読む

夜明け前のさよなら (愛蔵版詩集シリーズ)

16
3.60
中野重治 2000年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初期の抒情詩が特に好き。仰々しくなく、シンプルな言葉から立ち現われてくる光景が、悲しみや孤独を伝えてくる。思想詩・抵抗詩はずいぶんと激しくてなんだか驚いて... もっと読む

歌のわかれ (新潮文庫 な 3-1)

16
4.00

感想・レビュー

 全五編収録。ほとんどの漢字が旧字体なので、ところどころ読めません。「定價90圓」って何円……?  町歩きがテーマの『歌のわかれ』は、金沢市内がモデ... もっと読む

新編 原爆詩集

14
3.00
峠三吉 1995年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2001年,修学旅行下見で「サダコ」とともに購入。 もっと読む
全303アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×