丸山圭三郎のおすすめランキング

丸山圭三郎のおすすめランキングのアイテム一覧

丸山圭三郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『言葉と無意識 (講談社現代新書)』や『言葉とは何か (ちくま学芸文庫)』や『ソシュールの思想』など丸山圭三郎の全99作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

言葉と無意識 (講談社現代新書)

320
3.63
丸山圭三郎 1987年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

p28 「読む」ことはまた「創る」ことであり〜アルキメデスが〜比重の原理を発見したのではなく創った〜ロゴスにもとづく理論は〜壮大な虚構の想像なのである。 ... もっと読む

言葉とは何か (ちくま学芸文庫)

231
3.92
丸山圭三郎 2008年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「言葉とは何か」を突き詰めて考えことはなかった。 言葉とは対象を認めるために必要な道具ぐらいにしか。 本書によって業務で扱う「定義」としての「言葉」を... もっと読む

ソシュールの思想

212
3.94
丸山圭三郎 1981年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半はソシュールの生い立ち。後半はソシュールの思想、考え方などについての説明、考察です。 ソシュールについては初めてこの本で触れましたが、まず考え方がとて... もっと読む

言葉・狂気・エロス―無意識の深みにうごめくもの (講談社現代新書)

114
3.44
丸山圭三郎 1990年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文化に関係なく人の持つ根源的特徴を探る本。 精神分析学的な思想に根ざしており、無条件に首肯することはできない。 しかし、不思議と続きが気になってしまう... もっと読む

ソシュールを読む (岩波セミナーブックス 2)

111
3.84
丸山圭三郎 1983年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直、内容が難解のため、易しい例え話によってしか内容の理解がほぼ追いつかなかった。しかし、面白いであろうことは何となく思わされた。 第9章のみ気楽に読め... もっと読む

言葉・狂気・エロス 無意識の深みにうごめくもの (講談社学術文庫)

91
3.68
丸山圭三郎 2007年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

記号学の勉強の一環として読みました。駿台の現代文のテキストで読んだことがありました。(p201のデカメロンの話から信号解読のあたりまでであったと記憶してい... もっと読む

ソシュール小事典

30
4.57
丸山圭三郎 1985年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

人はなぜ歌うのか (岩波現代文庫)

25
3.25
丸山圭三郎 2014年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言語学者によるカラオケ論。言語学者らしいのは音楽にとっての言語、楽譜への着目かな(笑)硬軟織り交ぜたカラオケ論になっていて面白く読むことができた。 もっと読む

カオスモスの運動 (講談社学術文庫 (993))

18
3.40
丸山圭三郎 1991年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] [ 目次 ] [ 問題提起 ] [ 結論 ] [ コメント ] [ 読了した日 ] もっと読む

生命と過剰

16
3.00
丸山圭三郎 1987年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

う〜ん・・・ ごくろうさんでした。 もっと読む

ホモ・モルタリス (生命と過剰)

13
4.50
丸山圭三郎 1992年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知的目眩のする本。酩酊とは少し違う感じ。言いたい感じはわかる気がする。共感度は高め。ただし、共感できても説明は難しい。そういうものなんだけど、共感を覚える... もっと読む

言葉とは何か (NATSUME哲学の学校)

13
3.88
丸山圭三郎 2001年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一度読んだだけでは理解しきれない。だが、具体例がいくつも挙げられていたので比較的わかりやすかった。そのお陰で、難しく複雑な内容ではあったが、さくさくと読み... もっと読む

文化記号学の可能性

11
3.50
丸山圭三郎 1993年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ソシュールの思想』と『文化のフェティシズム』という二つの主著の間に書かれた中間的な書物。ソシュール言語学の圏域を越えて、人間が言語的存在であるだけでなく... もっと読む
全99アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする