久保田淳のおすすめランキング

プロフィール

1933年東京生。専門は和歌文学・中世文学。文学博士。東京大学名誉教授。著書に『花のもの言う』(新潮社)、『野あるき花ものがたり』(小学館)、『歌の花、花の歌』『ことばの森-歌ことばおぼえ書』(明治書院)、『隅田川の文学』(岩波書店)、『新古今和歌集全注釈』全六巻(角川学芸出版)、『藤原定家全歌集』上下(筑摩書房)など。
07年瑞宝重光賞。13年文化功労者。2020年文化勲章受章。

「2020年 『和歌文学大系46 古今和歌六帖(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久保田淳のおすすめランキングのアイテム一覧

久保田淳のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『新古今和歌集〈上〉 (角川ソフィア文庫)』や『新古今和歌集〈下〉 (角川ソフィア文庫)』や『日本の古典をよむ(7) 土佐日記・蜻蛉日記・とはずがたり』など久保田淳の全178作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

新古今和歌集〈上〉 (角川ソフィア文庫)

121
3.94
久保田淳 2007年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

俊成が好きだなあ。古今はあまり評価しないが、万葉と新古今は好いと思う。俳諧なら蕪村に代表される天明の中興俳壇を思う。 もっと読む

新古今和歌集〈下〉 (角川ソフィア文庫)

93
3.73
久保田淳 2007年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

尻すぼみ感。神や老や仏はいつの世にも類想を生みやすいことがわかる。 もっと読む

日本の古典をよむ(7) 土佐日記・蜻蛉日記・とはずがたり

59
3.38
菊地靖彦 2008年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近代になって発見された、鎌倉期の後深草上皇の愛妾「二条」の回想記。 森真沙子の『化粧坂』を読んで、原文で読んでみたくなった。 大納言久我雅忠の娘だが、... もっと読む

建礼門院右京大夫集: 付 平家公達草紙 (岩波文庫)

56
3.57
久松潜一 1978年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

撰者:建礼門院右京大夫(1157?-?、歌人) もっと読む

藤原定家全歌集 上 (ちくま学芸文庫)

43
4.33
藤原定家 2017年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・定家の和歌をすべて読まうとは思つてゐないので、これまで読んだことはない。この先もまとめて読むことはないであらうと思つてゐたところで、久保田淳校訂・訳「藤... もっと読む

千載和歌集 (岩波文庫)

40
3.67
久保田淳 1986年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古今から新古今に至るまでの過渡期にあつて、ものをみて感じ、表現する人間たちの精神の形が彩られてゐる。古今では、長らく忘れられてゐた大和歌の復活と、三十一文... もっと読む

隅田川の文学 (岩波新書)

36
2.83
久保田淳 1996年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

構成の妙。近現代から近世、中世と時代を遡って隅田川が舞台となる文学作品があったかを明らかにしていく。そして先行作品をどのように作品の中に取り込んでいったか... もっと読む

からだ (人生をひもとく 日本の古典 第一巻)

33
3.67
久保田淳 2013年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古典文学と関連させて人生の教訓を説く本。難しい解釈とかなしに、素直に読める。装丁も美しく、本屋さんで見つけて、思わず買ってしまった。 もっと読む

光琳カルタで読む 百人一首ハンドブック

28
4.00
久保田淳 2009年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一首につき1ページを使って解説しており、ある土地を題材に詠んでいる歌には追加で写真も掲載されており、一つ一つの歌を十分味わえる構成になっていると思う。 光... もっと読む

後拾遺和歌集 (岩波文庫)

24
4.00
久保田淳 2019年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1075年成立、四番目の勅撰和歌集で、異本も含めて1229首の歌が現代語訳、解説つきで収録されています。 率直な気持ちを平易な言葉で詠んだ歌が多く、現代... もっと読む

新編日本古典文学全集 (47) 建礼門院右京大夫集・とはずがたり

21
2.00
久保田淳 1999年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

嗚呼。こんなすごい私生活があっていいものだろうか。京都出身の古典の先生が読んで真っ青になったらしい。自分の子どもを五人も産んでおきながらほとんどは顔すら見... もっと読む

はたらく (人生をひもとく 日本の古典 第二巻)

19
4.00
久保田淳 2013年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜか気になるこのシリーズ。結局また読んでしまった。 だが、この「はたらく」で編集した久保田氏も反省しているのだが、直接汗水たらした人の言葉があまりなく... もっと読む

花のもの言う――四季のうた (岩波現代文庫)

18
3.67
久保田淳 2012年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久保田淳 「 花のもの言う 」 和歌の説明本。和歌を 歌人でなく、季節や自然風景など モチーフ別に説明している。モチーフに目付けして和歌を読むと映像化し... もっと読む

これだけは見ておきたい桜 (とんぼの本)

17
3.50
栗田勇 1986年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 86年刊。日本全国の桜の名所を紹介。あまりにも多すぎてみる気が失せそうだと思ったが、福島県三春町の桜が紹介されていた。日本最古とされるシダレザクラだとい... もっと読む
全178アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×