久山葉子のおすすめランキング

プロフィール

翻訳家。エッセイスト。理想の子育て環境を求めて、2010年に家族でスウェーデンに移住。現在(2021年)小学6年生になった娘を通じてスウェーデンの保育園や小学校の教育を体験。2011年から高校で第二外国語としての日本語を教え、スウェーデンの教育現場の現状を様々なメディアで紹介している。ストックホルム大学で高校教員免許を取得中。おもな翻訳書にアンデシュ・ハンセン『スマホ脳』(新潮新書)、トーベ・ヤンソン『メッセージ』(フィルムアート社)、レイフ・GW・ペーション『許されざる者』(創元推理文庫)、著書に『スウェーデンの保育園に待機児童はいない』(東京創元社)などがある。

「2021年 『こどもサピエンス史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久山葉子のおすすめランキングのアイテム一覧

久山葉子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『スマホ脳 (新潮新書)』や『最強脳 ―『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業― (新潮新書)』や『スマホ脳(新潮新書)』など久山葉子の全93作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

スマホ脳 (新潮新書)

19661
4.12

感想・レビュー

人間の脳は狩猟時代から本質的に変わっていません。脳は干ばつや疫病に対処するようにできているけど癌や糖尿病に対処するようにはできていません。飢餓の大体が克服... もっと読む

最強脳 ―『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業― (新潮新書)

2375
3.35

感想・レビュー

運動するのがいいよ、というメッセージ。スマホを持ち、早速使いすぎているので、子供に読ませたいので読んでみたが、うちの子に読ませるとなると期待はずれ。運動し... もっと読む

スマホ脳(新潮新書)

1981
4.08
アンデシュ・ハンセン 電子書籍 2020年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人類の脳の進化を紐解き、スマホ生活がメンタルに与える悪影響を説得力を持って論じた書。 IT社会が進展する中で、人類は今後どう進化(変質)していくのだ... もっと読む

メンタル脳 (新潮新書 1024)

697
3.54

感想・レビュー

私にとってアンデシュ・ハンセンさんの本5冊目。 彼はスウェーデンの精神科医でベストセラー作家です。 この『メンタル脳』は『ストレス脳』を ティーンエージ... もっと読む

ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-3)

579
3.73

感想・レビュー

なんか、普通のミステリーと同じくらいの 面白さになった様な感じ… 多分こういうことがあるんだろうな… の域を出ない。 出だしは良くて、本家の人よりも長〜い... もっと読む

ミレニアム5 下: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-4)

571
3.76

感想・レビュー

前作の件で刑務所に収容されることになったリスベット。 だが、リスベット・サランデルはどこであってもどこまでもリスベット・サランデルだった。無抵抗な女性に対... もっと読む

ミレニアム 6 上: 死すべき女

443
3.52

感想・レビュー

スティーグ・ラーソンが亡くなって、いろいろ複雑な問題もあり、もう読めないのか、、、とションボリして数年、別のジャーナリストで作家のラーゲルクランツがシリー... もっと読む

ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 上

429
3.61

感想・レビュー

半信半疑で読んだ4が面白かったので躊躇することなく5も。少し展開が速いのと、敵役のギャングが型通りなのは気になりましたが、元々のミレニアムの根底に流れてい... もっと読む

ミレニアム 6 下: 死すべき女

428
3.52

感想・レビュー

これで最終作だなんて寂しい。 新生リスベットのそれからが知りたい。 登場人物が多く扱う題材も幅広くて散漫な印象も受けるけれど、終盤のスピード感は良... もっと読む

許されざる者 (創元推理文庫)

421
3.69

感想・レビュー

退職した警官が過去の事件の調査を依頼され‥ スウェーデンの人気シリーズの最終作。 ガラスの鍵賞など、各賞総嘗めにした作品です。 警官と言っても、... もっと読む

ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 下

404
3.71

感想・レビュー

上巻からそう繋がるのか!となった印象。 リスベットさんの伏線が回収されていくのが終わりが近づいているなあと思わせてくる。 もっと読む

脱スマホ脳かんたんマニュアル (新潮文庫 ハ 60-1)

325
3.57

感想・レビュー

書く欄間違えたけど、修正が面倒だったので(*_*)、 レビューは下のコメント欄を参照してください…m(_ _)m もっと読む

こどもサピエンス史: 生命の始まりからAIまで

310
3.69

感想・レビュー

『サピエンス全史』を読破できなかったおとなにもおすすめだそうです。 私は『漫画 サピエンス全史 人類の誕生編』を楽しく読み 続編を楽しみにしている大人... もっと読む

メッセージ トーベ・ヤンソン自選短篇集

309
3.87
トーベ・ヤンソン 2021年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数年前にヤンソンの短編集を読んだときは意外なほど引っかかるものがなかったのだけれど、今回は若いヤンソンからお祖母さんのヤンソンまで、執筆時期のバリエーショ... もっと読む

ストレス脳(新潮新書)

291
4.03
アンデシュ・ハンセン 電子書籍 2022年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「スマホ脳」「最強脳」と基本的に同じ内容。進化のスピードはゆっくりで,文明のスピードは極早なので,ストレスを感じたり,スマホ依存になったり,怠けたり,太っ... もっと読む

ミレニアム 6 上: 死すべき女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-5)

255
3.70

感想・レビュー

ミレニアムを期待して読むとアレなので、別物と思って読めば面白い。 この作者の得意分野で来た感じ。 もっと読む

ミレニアム 6 下: 死すべき女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-6)

247
3.81

感想・レビュー

終わってしまった… わたしの愛してやまないリスベット・サランデルにもう会えないなんて。いや、そんなことはない、きっとまたいつかどこかで会えるはず、と期待を... もっと読む

最強脳―『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業―(新潮新書)

194
3.51
アンデシュ・ハンセン 電子書籍 2021年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分なりの解釈は以下のとおり この本の結論は運動しよう!!! そうすれば、確実に脳は強くなる。 とのこと。 そもそも人間の脳は、サバンナにいたとき... もっと読む

北欧式インテリア・スタイリングの法則

183
3.50

感想・レビュー

感覚的な表現ではなく、具体的な例や数値を示してインテリアのスタイリング方法が紹介されていて勉強になった。特に絵の飾り方、照明器具の設置方法が参考になった。 もっと読む

影のない四十日間 上 (創元推理文庫 M ト 10-1)

173
3.44

感想・レビュー

 フランス人の書いた北欧ミステリー。そう言ってよいのかどうか? いずれにせよ、内容は、都会とは遠く離れた場所に展開する辺境エンターテインメントである。しか... もっと読む
全93アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×