乙川優三郎の人気ランキング

プロフィール

1953年東京都生れ。96年「藪燕」でオール讀物新人賞を受賞氏デビュー。97年「霧の橋」で時代小説大賞、2001年「五年の梅」で山本周五郎賞、02年「生きる」で直木三十五賞、04年「武家用心集」で中山義秀文学賞、13年初の現代小説「脊梁山脈」で大佛次郎賞を受賞。16年「太陽は気を失う」で芸術選奨文部科学大臣賞を、17年「ロゴスの市」で島清恋愛文学賞を受賞。著書に「トワイライト・シャッフル」「R.S.ヴィラセニョール」など。

「2018年 『ある日 失わずにすむもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

乙川優三郎の人気ランキングのアイテム一覧

乙川優三郎の人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『ロゴスの市 (徳間文庫)』や『逍遥の季節 (新潮文庫)』や『さざなみ情話 (新潮文庫)』など乙川優三郎の全69作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

ロゴスの市 (徳間文庫)

17
4.50
乙川優三郎 2018年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物事をどう表現するか、 最適な言葉を選りすぐる行為は、結局は、ものの本質を突くことになるのかもしれないなと思う。 作者は言葉を丁寧に選んで使っているので... もっと読む

逍遥の季節 (新潮文庫)

37
4.45
乙川優三郎 2012年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

背筋が伸びる。 美しい小説。 もっと読む

さざなみ情話 (新潮文庫)

33
4.17
乙川優三郎 2009年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まさかの松戸市舞台 もっと読む

太陽は気を失う (文春文庫)

28
4.17
乙川優三郎 2018年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Amazon引用 内容紹介 あの日、私はあと十五分も土手でぼんやりしていたら、津波に吞まれていたかもしれない。奇跡のような十五分に恵まれた自分と、... もっと読む

屋烏

17
4.17
乙川優三郎 1999年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者の短編は読ませる。 もっと読む

麗しき花実

54
4.12
乙川優三郎 2010年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

しっとりと静かで、美しくて重厚。素晴らしい一冊。 もっと読む

ロゴスの市 (文芸書)

136
4.11
乙川優三郎 2015年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

翻訳家と同時通訳を通して、英語と日本語という言語の大海へ誘われる。そう訳すか、そこに悩むか、等興味が尽きなかった。大海原の航海に酔いしれているうちに、忘れ... もっと読む

冬の標

23
4.10
乙川優三郎 2002年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

資料番号:110035755 請求記号:Fオトカ もっと読む

二十五年後の読書

18
4.00
乙川優三郎 2018年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初出2017〜18年 今年読んだベスト。 なめらかな美しい文体はさすが。 ラストが予想できたが、読み終えたくなかった。 旅行業界紙の記者か... もっと読む

喜知次

17
4.00
乙川優三郎 1998年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

武家社会もつらいもの。 もっと読む

亦々一楽帖 (100周年書き下ろし)

17
4.00
乙川優三郎 2010年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

麗しの花実、驚きの続編 もっと読む

霧の橋 (講談社文庫)

186
3.93
乙川優三郎 2000年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

乙川優三郎の時代小説大賞受賞作。 これには唸らされた。乙川氏、見事な受賞作である。 まずは、舞台設定が独特である。 武家の次男坊である主人公与惣次が... もっと読む

武家用心集

45
3.93
乙川優三郎 2003年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10年ぶりの再読。どの作品も秀逸。自分を育ててくれた血のつながらない祖母の人生に生きる意味をもとめる孫娘を描いた「うつしみ」がいい。 もっと読む

武家用心集 (集英社文庫)

83
3.89
乙川優三郎 2006年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり乙川さんは短編が良いですね。 表題の通り、どれも周五郎で言えば「武家もの」に属する8作品です。 非常に平易な文章です。しかしそれは練りに... もっと読む

生きる (文春文庫)

332
3.88
乙川優三郎 2005年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

乙川優三郎 「 生きる 」 「生きる」 追腹(死んだ主君を追って切腹する)という言葉を始めて知った。藩主個人への忠義と 藩組織への忠義の対比の物語。どち... もっと読む

冬の標 (文春文庫)

107
3.85
乙川優三郎 2005年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代に絵を描くという世界にイ生きようとする女性のすざましさ、この作者 女性を書くのがうまい もっと読む

太陽は気を失う

62
3.84
乙川優三郎 2015年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

端正な筆致で人生の分岐点を書いた十四の至宝の短編集でした。でも本来の時代小説を書いてほしかった。 もっと読む

闇の華たち

44
3.83
乙川優三郎 2009年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2005~09年にわたって「オール讀物」に掲載された6短編の単行本化。 乙川優三郎の作品は、世の中の片隅で世間の不条理に押しつぶされそうになりながら懸命... もっと読む

屋烏 (講談社文庫)

149
3.80
乙川優三郎 2002年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめての乙川作品。いい人と悪い人がはっきりしている。だまされるんじゃないかとハラハラしながら読んでいても、いい人そうに見える人はいい人のまま、という印象... もっと読む
全69アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする