乾ルカのおすすめランキング

プロフィール

1970年北海道札幌市生まれ。2006年、「夏光」で第86回オール讀物新人賞を受賞。2010年には『あの日にかえりたい』で第143回直木賞候補となる。他の著書に『花が咲くとき』『メグル』『願いながら、祈りながら』『向かい風で飛べ!』『モノクローム』『森に願いを』『ミツハの一族』『奇縁七景』『花が咲くとき』『わたしの忘れ物』など多数。

「2019年 『明日の僕に風が吹く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

乾ルカのおすすめランキングのアイテム一覧

乾ルカのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『てふてふ荘へようこそ』や『てふてふ荘へようこそ (角川文庫)』や『ばくりや』など乾ルカの全102作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

てふてふ荘へようこそ

664
3.87
乾ルカ 2011年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

朝になると、元気にラジオ体操の歌を歌って起こしてくれる明るい女子大生。 仕事の愚痴や失恋を、一緒に安酒を飲んで慰めてくれる気のいいおっちゃん。 真っ赤... もっと読む

てふてふ荘へようこそ (角川文庫)

466
3.82
乾ルカ 2012年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H29.10.31 読了。 ・この本は「恋人でも友人でもない他人同士が一つ屋根の下暮らす物語。」です。「始めのうちは理解し合えず、時には反発しあうこ... もっと読む

ばくりや

402
3.58
乾ルカ 2011年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本人にとって疎ましく感じる体質や能力を、適合する他人の能力と取り替える店「ばくりや」。 交換対象となる技能がなんなのか、移植前には知らされないし、世間一... もっと読む

蜜姫村

388
3.24
乾ルカ 2010年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アリを追って山村にやって来た昆虫学者とその妻の医師。 村に何らかの秘密があるというところまでは先が気になっていい感じなのに、そこから先があまりにも突拍子な... もっと読む

メグル

335
3.77
乾ルカ 2010年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結婚して間もないころ、通っていた歯医者さんが、あまりに人手不足だったのか 「受付のアルバイトをしませんか?」とスカウトしてくれたことがありました。 憧れ... もっと読む

あの日にかえりたい

334
3.41
乾ルカ 2010年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

視点に驚いた。読んで見れば不思議ではないけど気づかなかった。 もっと読む

メグル (創元推理文庫)

320
3.42
乾ルカ 2013年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R1.7.3 読了。 H大学の学生と奨学係の女性職員から紹介された様々なアルバイトを通して語られる物語。連作短編集。読後感は勇気をもらえる物あり、温かい... もっと読む

森に願いを

304
3.47
乾ルカ 2015年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

町の中にぽっかりと浮かぶような森。心に悩みを抱えた人たちが誘われるように森に入って行き、そこで若い森番に出会う。 子供の不登校を悩む母親、不治の病を抱え... もっと読む

願いながら、祈りながら (文芸書)

263
3.64
乾ルカ 2014年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たまにこんな本を読むと心が洗われてピュアな自分に戻った気分。 ピュアな自分なんて元からないじゃないか、とつっこみたくもあるが。 乾ルカさんの作品を読む... もっと読む

四龍海城

250
3.58
乾ルカ 2011年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ラストが切ない。一緒に外に出ていれば、もしかしたら、もしかしたらいつか、また出会えたかもしれないと思うと。一人は約束を信じ、一人は思い出を大事にした結果、... もっと読む

六月の輝き

248
3.47
乾ルカ 2011年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【図書館】初読作家さん。本当は6月22日に読了したかったけど、過ぎてしまいました。最後にミヤが残した言葉で号泣。教えたくなかった気持ちがわかります。友との... もっと読む

たったひとり

216
2.84
乾ルカ 2013年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは なかなかのイヤミス! 廃墟探索サークルの男女(男3人、女2人)が 廃墟のラブホテルに行くのだけど、 そこで 妙なループに巻き込まれる。 雨が... もっと読む

ミツハの一族

200
3.51
乾ルカ 2015年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

未練を残して死んだ者は鬼となり、井戸の水を赤く濁す。 そのままでは水源は涸れ、村は滅んでしまう。鬼となった者の未練を解消し、常世に送れるのは、“ミツハの... もっと読む

夏光

183
3.68
乾ルカ 2007年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今まで読んだ乾ルカ作品の中ではこれが一番好き。郷愁、哀別が美しく描かれている。 もっと読む

プロメテウスの涙

181
3.24
乾ルカ 2009年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学生に勧められて読んだ本。なるほど面白くて、一気に読んだ。ちょっとグロテスクなところもあるけど、好きなジャンル。エンタメとして軽く読むのに向いてる。 もっと読む

モノクローム

176
3.45
乾ルカ 2014年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

意味もなく置かれた石などない…。 与えられたものだけで人生はつくられない…。 意志と行動で変わる。変えていける。 本当にそうできたらいいなと思い... もっと読む

君の波が聞こえる (新潮文庫)

166
3.81
乾ルカ 2014年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1学期の終わり、夏休みの最中に転校してきた主人公の健太郎は、ひょんなことから、その土地に昔から「神隠し」や「人さらい」が行われる場所として伝えられている謎... もっと読む

向かい風で飛べ!

163
3.61
乾ルカ 2013年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ソチオリンピックスキージャンプ代表の伊藤有希選手が主人公のライバルのモデル。 もっと読む

プロメテウスの涙 (文春文庫)

154
3.29
乾ルカ 2012年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原因不明の奇行をする女の子、何の病気なのか。そして、死なない死刑囚、なぜ全身ガンに冒されて死臭を放っても生き続きるのか。 女性医師二人の固い絆が、日本と... もっと読む

花が咲くとき

151
3.97
乾ルカ 2016年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公・大介 小学6年生。 学校では友だちにいじめられ、家では両親から成績を厳しくチェックされ、 その鬱憤を、燐家の老人・北海が育てている木の花芽を... もっと読む
全102アイテム中 1 - 20件を表示

乾ルカに関連する談話室の質問

ツイートする