乾緑郎のおすすめランキング

プロフィール

1971年東京都生まれ。鍼灸師の傍ら、小劇場を中心に舞台俳優、演出家、劇作家として活動。
2010年8月、『忍び外伝』 で第2回朝日時代小説大賞を受賞、同年10月 『完全なる首長竜の日』 で第9回 「このミステリーがすごい!」 大賞を受賞し小説家デビュー。近著に 「機巧のイヴ」 シリーズ、『ねなしぐさ 平賀源内の殺人』 、『ツキノネ』 (祥伝社)など。

「2021年 『愚か者の島』 で使われていた紹介文から引用しています。」

乾緑郎のおすすめランキングのアイテム一覧

乾緑郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』や『【映画化】完全なる首長竜の日 (『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ)』や『機巧のイヴ (新潮文庫)』など乾緑郎の全95作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

3028
3.01
乾緑郎 2012年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ルネ・マグリットという画家の絵に『光の帝国』という作品がある。 一見すると、ただの風景画なのだが、よくよく目を凝らして見れば、池畔に建つ二階建ての洋館と... もっと読む

【映画化】完全なる首長竜の日 (『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ)

1374
3.18
乾緑郎 2011年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まだ多感な少女だったころ。(少女の前に美という字がつかないのがカナシイけれど) この世は、実は誰かが見ている夢で 私はその中でチェスの駒みたいに動かさ... もっと読む

機巧のイヴ (新潮文庫)

438
4.06
乾緑郎 2017年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても面白かったです。 時代物とSFがぴったりと合わさっている連作短編集で、最初のお話からこの世界に惹き付けられました。 自動人形として機巧が存在して... もっと読む

決戦!大坂城

321
3.41
葉室麟 2015年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「日ノ本一の兵」が印象的でした。まさに小説!発想に唸りました。 わしは死など恐れておらぬ。恐れておるのは、わしの名が傷つくことだけだ@福島正守「男が立たぬ... もっと読む

機巧のイヴ 新世界覚醒篇 (新潮文庫)

213
3.48
乾緑郎 2018年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

だいぶ時間を置いて読んだ続編なので、繋がりが見えなかったりして充分には楽しんだと言えないかもしれない。それでも登場人物の思いの強さ、執着の根拠には裏付けが... もっと読む

機巧のイヴ

203
3.65
乾緑郎 2014年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

機巧のイヴ 箱の中のヘラクレス 神代のテセウス 制外のジェペット 終天のプシュケー 乾さんの作品好きだと改めて思った。『完全なる~』も良... もっと読む

不連続な四つの謎 『このミステリーがすごい! 』大賞作家 傑作アンソロジー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

184
3.03
海堂尊 2020年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

+++ 加納&玉村刑事が巻き込まれた寝台特急での密室殺人、リサイタル後に起きた有名ピアニストの服毒死の謎、元特撮ヒーローを襲う不可解な誘拐事件、猛吹雪か... もっと読む

忍び外伝

174
2.90
乾緑郎 2010年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2011/06/post-de5a.html もっと読む

【テレビドラマ化】このミステリーがすごい! 四つの謎

149
3.34
安生正 2014年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4人の作家による短編集。 中山七里さんは岐阜県出身ということで、多治見市や瑞浪市の地名が登場して嬉しかった。以前約10ヶ月間住んだことがあったので。『さ... もっと読む

海鳥の眠るホテル (『このミス』大賞シリーズ)

132
3.22
乾緑郎 2012年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山奥の廃ホテルに寝泊まりし、迷い込んでくる若者に怯える男。美術学校でヌードモデルをしている女。認知症を発症した妻を世話する男性。それぞれの人生には実は接点... もっと読む

機巧のイヴ 帝都浪漫篇 (新潮文庫)

130
3.81
乾緑郎 2020年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イヴ3部作の最終巻。 まあまあ面白かったけど、やはり1巻が最高だったな。 2巻3巻は、なくてもよいとは言えないけど、ちょっと冗長かな。 また、1巻の... もっと読む

決戦!川中島

120
3.52
冲方丁 2016年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

佐藤厳太郎の啄木鳥を読みたかったので手にしたが、7作どれも面白かった。第四次対戦 八幡原の決戦を舞台に武田、上杉双方の視点の作品が並び、読者がそれらを俯瞰... もっと読む

思い出は満たされないまま

113
3.59
乾緑郎 2015年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【収録作品】しらず森/団地の孤児/溜池のトゥイ・マリラ/ノートリアス・オールドマン/一人ぼっちの王国/裏倉庫のヨセフ/少年時代の終わり  もっと読む

鷹野鍼灸院の事件簿 謎に刺す鍼、心に点す灸 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

112
3.37
乾緑郎 2016年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・鍼灸院が舞台の短編集第二弾。いちおうミステリ? ・鷹野さんへの真奈さんの当たりが強くなったような。 ・真奈が他者の人生に関わりがちなのに鷹野は批判的だ。... もっと読む

忍び秘伝

79
3.24
乾緑郎 2011年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

舞台は戦国時代。武田のもとに身を寄せる山本勘助と武藤喜兵衛。喜兵衛は後の真田幸村の父である真田正幸のことである。そして信玄に滅ぼされた諏訪頼重と晴信の妹の... もっと読む

決戦!賤ヶ岳

77
3.41
天野純希 2017年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

七本槍それぞれの視点の短編で面白かった もっと読む

ツキノネ

72
3.25
乾緑郎 2019年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「機巧のイヴ」が好きで、でもそれ以来、好みの作品が無く読んでいなかった作家さんだが、あらすじで面白そうと読んでみた。 しかし読んでいると「機巧のイヴ」の... もっと読む

決戦!大坂城 (講談社文庫)

69
3.35
葉室麟 2017年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好評「決戦!」シリーズ文庫化第二弾! 戦国時代最後の戦い 慶長二十年五月、豊臣秀吉が築いた天下の名城・大坂城を舞台に、戦国時代最後の大合戦がはじまろうと... もっと読む

海鳥の眠るホテル (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

64
3.14
乾緑郎 2013年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

複雑な構成になっているものの、その意図がよくわからない。感傷的なストーリーとミスマッチのように思われ、最後まで振り回されただけで特に魅力がない作品でした。 もっと読む
全95アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×