乾緑郎のおすすめランキング

プロフィール

1971年東京都生まれ。2010年『忍び外伝』で第2回朝日時代小説大賞、『完全なる首長竜の日』で第9回『このミステリーがすごい』」大賞を受賞し、デビュー。2013年『忍び秘伝』が第15回大藪春彦賞候補となる。他の著書に「鷹野鍼灸院の事件簿」シリーズ、『海鳥の眠るホテル』『機巧のイヴ』『思い出は満たされないまま』『ライプツィヒの犬』など。

「2017年 『決戦!賤ヶ岳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

乾緑郎のおすすめランキングのアイテム一覧

乾緑郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)』や『【映画化】完全なる首長竜の日 (『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ)』や『機巧のイヴ (新潮文庫)』など乾緑郎の全79作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

2778
3.01
乾緑郎 2012年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少女漫画家の和淳美は、昏睡状態の人間と対話できる「SCインターフェース」を通じて意識不明の弟と対話を続けるが、意識下での自殺を繰り返して淳美を拒絶する彼に... もっと読む

【映画化】完全なる首長竜の日 (『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ)

1334
3.18
乾緑郎 2011年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まだ多感な少女だったころ。(少女の前に美という字がつかないのがカナシイけれど) この世は、実は誰かが見ている夢で 私はその中でチェスの駒みたいに動かさ... もっと読む

機巧のイヴ (新潮文庫)

307
4.10
乾緑郎 2017年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやいやこれは面白い。時代もの(特に伝奇もの)はほとんど読まないので、アンテナにひっかからなかったのだが、こちらでフォローしている方のレビューにひかれて読... もっと読む

決戦!大坂城

298
3.40
葉室麟 2015年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

決戦シリーズ第2弾。今回の舞台は「大坂夏の陣」。 豊臣秀頼を書いた黄金児。 秀頼の魅力と可能性。そのため対する家康の後の無さが際立って感じました。大坂の... もっと読む

鷹野鍼灸院の事件簿 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

262
3.52
乾緑郎 2014年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館。 機巧のイブの作者だったのか。 話は上手いので、損をした気はしないが、もっと読みごたえのあるものになったのではないのか? 鍼灸の専門用語は詳しいが... もっと読む

機巧のイヴ

195
3.64
乾緑郎 2014年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初読みの作家さん。時代小説とファンタジーと恋愛小説の融合というか、なんとも不思議な味付けです。 5つの連作短編集。1話目『機巧のイヴ』でのっけ... もっと読む

忍び外伝

169
2.90
乾緑郎 2010年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中盤から後半の流れるような展開に、一気に読んでしまった。 ハットリ君みたいに、すいとんの術とか水蜘蛛とかは出てきません。念為。 もっと読む

機巧のイヴ: 新世界覚醒篇 (新潮文庫)

137
3.50
乾緑郎 2018年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1作目が非常に面白かったので、続巻を楽しみにしていた。 前巻より100年後の世界が描かれている。うーん、この巻はいささか、盛り込み過ぎかな。世界観が全く... もっと読む

海鳥の眠るホテル (『このミス』大賞シリーズ)

130
3.23
乾緑郎 2012年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山奥の廃ホテルに寝泊まりし、迷い込んでくる若者に怯える男。美術学校でヌードモデルをしている女。認知症を発症した妻を世話する男性。それぞれの人生には実は接点... もっと読む

【テレビドラマ化】このミステリーがすごい! 四つの謎

126
3.31
安生正 2014年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安生正「ダイヤモンドダスト」 →初読み。リーダーの資質について考えさせられえた。究極の状況ではないけれど、身近にこれになぞらえられる状況(仕事)にめぐり合... もっと読む

決戦!川中島

111
3.44
冲方丁 2016年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20170626 もっと読む

思い出は満たされないまま

108
3.59
乾緑郎 2015年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【収録作品】しらず森/団地の孤児/溜池のトゥイ・マリラ/ノートリアス・オールドマン/一人ぼっちの王国/裏倉庫のヨセフ/少年時代の終わり  もっと読む

鷹野鍼灸院の事件簿 謎に刺す鍼、心に点す灸 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

84
3.52
乾緑郎 2016年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若い女性の鍼灸師にどうして探偵顔負けの活躍ができるのか、かなり都合の良い展開でしたが、その違和感を除けば物語の流れはスムーズで読みやすい。 通勤時の気分転... もっと読む

忍び秘伝

76
3.24
乾緑郎 2011年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

舞台は戦国時代。武田のもとに身を寄せる山本勘助と武藤喜兵衛。喜兵衛は後の真田幸村の父である真田正幸のことである。そして信玄に滅ぼされた諏訪頼重と晴信の妹の... もっと読む

決戦!賤ヶ岳

63
3.37
天野純希 2017年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想書き忘れてたので、感想忘れた。 もっと読む

海鳥の眠るホテル (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

60
3.20
乾緑郎 2013年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

複雑な構成になっているものの、その意図がよくわからない。感傷的なストーリーとミスマッチのように思われ、最後まで振り回されただけで特に魅力がない作品でした。 もっと読む

僕たちのアラル

48
3.20
乾緑郎 2017年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

将来想定される地球外での生活に備え、外界と完全に切り離された施設で生活することを選んだ被験者たち。 その隔離された世界に生を受けた主人公を巡る、かなり複雑... もっと読む

鬼と三日月 山中鹿之介、参る!

42
2.95
乾緑郎 2013年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実在した武将「山中鹿之介」を主人公とした戦国ファンタジー。忍びシリーズの外伝的存在かもしれません。ちょっと話を広げすぎた感あり。 もっと読む

決戦!大坂城 (講談社文庫)

41
3.25
葉室麟 2017年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好評「決戦!」シリーズ文庫化第二弾! 戦国時代最後の戦い 慶長二十年五月、豊臣秀吉が築いた天下の名城・大坂城を舞台に、戦国時代最後の大合戦がはじまろうと... もっと読む
全79アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする