二階堂黎人のおすすめランキング

プロフィール

1959年、東京都に生まれる。中央大学理工学部卒業。在学中は「手塚治虫ファンクラブ」会長を務める。
1990年に第1回鮎川哲也賞で『吸血の家』(講談社文庫所収)が佳作入選。1992年に『地獄の奇術師』でデビューし、推理小説界の注目を大いに集める。全4部からなる長大な本格推理小説『人狼城の恐怖』は1999年版の本格ミステリベスト10の第1位を獲得した。
近著に『巨大幽霊マンモス事件』(講談社ノベルス)。

「2018年 『増加博士の事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

二階堂黎人のおすすめランキングのアイテム一覧

二階堂黎人のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『本からはじまる物語』や『「Y」の悲劇 (講談社文庫)』や『地獄の奇術師 (講談社文庫)』など二階堂黎人の全216作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

本からはじまる物語

774
3.37
恩田陸 2007年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

空飛ぶ絵本を本の狩人が捕まえるお話。 本屋のお婆さんが読みたい本をすぐに取り寄せてくれるお話。 『本の日』に新たな持ち主に出会うために飛び立つ本のお話... もっと読む

「Y」の悲劇 (講談社文庫)

524
3.12
有栖川有栖 2000年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの有名な本格ミステリをモチーフにした、4人の作家によるアンソロジー。4人のサインが入った本を所有。 篠田真由美さんの「ダイイングメッセージ《Y》」は既... もっと読む

地獄の奇術師 (講談社文庫)

515
3.15
二階堂黎人 1995年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

蘭子さんデビュー作、良くも悪くも懐かしいというか…。いろいろぶっこまれまくりです。青春ミステリとも言えそうだし、乱歩のような怪奇的要素。うん、いろいろ乱歩... もっと読む

聖アウスラ修道院の惨劇 (講談社文庫)

351
3.23
二階堂黎人 1996年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

厳格な修道院で少女が死んだ。 少女は「黒の部屋」から落ちた。彼女の体には無数の切り傷があった。 厳格なマザー、身寄りのない美少女たち、桜の樹につるされた逆... もっと読む

人狼城の恐怖〈第1部〉ドイツ編 (講談社文庫)

298
3.64
二階堂黎人 2001年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界最長の推理物で、ギネス登録されているそうです。あらすじに「身の毛もよだつ殺人事件が起きた」とありますが、かなりグロテスクな殺人が、しかも次々起こります... もっと読む

吸血の家 (講談社文庫)

283
3.22
二階堂黎人 1999年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初二階堂作品。 足跡のない殺人や、密室殺人など不可能犯罪に真正面から取り組んでいる。足跡〜のほうのトリックは見事だ。 もっと読む

ユリ迷宮 (講談社文庫)

261
3.11
二階堂黎人 1998年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

巨大幽霊マンモス事件を読むために手に取った本作。どの短編もシリーズらしいおどろおどろしさがなくやや拍子抜け。 ロマネスク風の豪壮な城館が忽然と姿を消す【... もっと読む

人狼城の恐怖〈第2部〉フランス編 (講談社文庫)

249
3.58
二階堂黎人 2001年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドイツ編、フランス編どちらから読んでも、といいますが、フランス編があとでよかったなという印象。このオカルトチックな物語をちゃんと解決させられるのか興味津々... もっと読む

人狼城の恐怖〈第3部〉探偵編 (講談社文庫)

243
3.59
二階堂黎人 2001年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1部と第2部があまりにも衝撃的だった為、二階堂蘭子シリーズだという事を忘れてました。ここに来て主役登場。私はこの作品がこの作者の初読みなので、始めの方で... もっと読む

悪霊の館 (講談社文庫)

241
3.41
二階堂黎人 2000年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長いけど、独特の雰囲気で、好き。しかし次は四部作か。長いな。 もっと読む

人狼城の恐怖〈第4部〉完結編 (講談社文庫)

239
3.56
二階堂黎人 2001年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ついに読了!満足度高い!城の謎すごすぎ、鳥肌。後半のやりとりも重みがあってよいですね。この作者は本当に博識だ。 もっと読む

バラ迷宮 (講談社文庫)

200
3.09
二階堂黎人 2000年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二階堂蘭子が主人公の短編集。六作品収録されています。 どの作品も独特な不気味さを持っている。これは、読んだほとんどの方が思われる事かと思いますが、... もっと読む

悪魔のラビリンス (講談社文庫)

178
3.22
二階堂黎人 2004年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二階堂は完成度が高く読みやすい。 「殺人の美学」魔王ラビリンスの登場。 彼と蘭子との対決はまだまだ続く。完。 もっと読む

私が捜した少年 (講談社文庫)

167
3.41
二階堂黎人 2000年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

渋柿信介。通称シンちゃん(幼稚園児)のハードボイルド探偵物語。短編が5編。最後のスキー場を舞台にしたのが面白かった「渋柿とマックスの山」。以前たまたま手に... もっと読む

奇跡島の不思議 (角川文庫)

154
3.16
二階堂黎人 2001年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

某人物が再登場するまではすごく面白かった。心理描写もなかなか良かったと思う。けれど落ちが微妙であまり納得出来なかった。 登場人物の中では、麻生真梨央が好き... もっと読む

密室―ミステリーアンソロジー (角川文庫)

151
3.09
姉小路祐 1997年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

法月輪太郎さんの『ロス・マクドナルドは黄色い部屋の夢を見るか?』が至高のバカミスで本当に素晴らしかった(色々な意味で)。 鍵のかかった部屋から自然のつく... もっと読む

人狼城の恐怖〈第1部〉ドイツ編 (講談社ノベルス)

147
3.65
二階堂黎人 1996年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絢爛豪華な殺人劇、まずはドイツ編! 密室、首なし死体、場内を彷徨う甲冑、そして城内に閉じ込められた人々を一人、また一人と惨殺していく「人狼」…。 ... もっと読む

名探偵 水乃サトルの大冒険 (講談社文庫)

143
3.29
二階堂黎人 2002年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何が好きかって、サトル氏の行動と思考回路が。 二階堂作品の面白みをぎゅっと濃縮した感じ。さらっと読めるのにきっちり本格派なのが心憎いところ。 もっと読む

カーの復讐 (ミステリーランド)

137
3.21
二階堂黎人 2005年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミイラの呪いはどこにもなかった。あったのは欲がらみの陰謀と哀しみと憎しみの悲劇だった。 もっと読む

魔術王事件 (講談社ノベルス)

130
3.32
二階堂黎人 2004年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

名探偵が快刀乱麻を断つごとく、事件を鮮やかに解決するたぐいの小説は好きなので、普通に面白かったです。ページ数も多いが読みやすので、本の厚さはあまり気になら... もっと読む
全216アイテム中 1 - 20件を表示

二階堂黎人に関連する談話室の質問

ツイートする