五十嵐太郎のおすすめランキング

プロフィール

五十嵐太郎(いがらし・たろう)
1967年、フランス・パリ生まれ。建築史家、建築評論家。東京大学工学系大学院建築学専攻修士課程修了。博士(工学)。東北大学大学院工学研究科教授。『ル・コルビュジエがめざしたもの』(青土社)、『日本の建築家はなぜ世界で愛されるのか』(PHP新書)、『日本建築入門――近代と伝統』(ちくま新書)、『新編 新宗教と巨大建築』(ちくま学芸文庫)、『現代建築に関する16章』(講談社現代新書)など著書多数。

「2018年 『白井晟一の原爆堂 四つの対話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五十嵐太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

五十嵐太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『現代建築に関する16章 〈空間、時間、そして世界〉 (講談社現代新書)』や『美しい都市・醜い都市―現代景観論 (中公新書ラクレ)』や『福島第一原発観光地化計画 思想地図β vol.4-2』など五十嵐太郎の全109作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

現代建築に関する16章 〈空間、時間、そして世界〉 (講談社現代新書)

436
3.53
五十嵐太郎 2006年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

16章のそれぞれが特徴的で幅広く、色々な建築に関するテーマを取り上げていて、微細な点、全般的な点、公共施設、住宅、ゴシックなものやデコライティブなもの、ビ... もっと読む

美しい都市・醜い都市―現代景観論 (中公新書ラクレ)

267
3.42
五十嵐太郎 2006年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

五十嵐太郎氏は『10+1』などの雑誌を開くと名前を非常によく見かける,建築分野の人気作家(?)。なので,私も彼の文章を一度や二度読んだことがあるのですが,... もっと読む

福島第一原発観光地化計画 思想地図β vol.4-2

260
3.75
東浩紀 2013年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はっきり言おう。これは福島を自らの「思想」のもとに従属させる、極めて醜悪な計画だ。もう少し突き詰めて言うと、これは福島を永久に「原発事故」という枠に押しと... もっと読む

藤本壮介|原初的な未来の建築 (現代建築家コンセプト・シリーズ)

201
3.47
藤本壮介 2008年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

建築以外に興味がある人が読んでこそ面白い建築の本。 もっと読む

ヤンキー文化論序説

176
3.33
五十嵐太郎 2009年3月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会学の時間に習った『ハマータウンの野郎ども』に相当するようなもの、つまり労働者階級の若者が、学校組織からは逸脱しているようでいて、最後はちゃんと労働者と... もっと読む

建築と植物

145
3.33
五十嵐太郎 2008年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本で面白いと思ったのは、冒頭部分の数ページと、「温室建築の歴史」について書かれている部分だ。新たな視点を得ることが読書の目的だとするなら、十分なことが... もっと読む

ぼくらが夢見た未来都市 (PHP新書 676)

125
3.07
五十嵐太郎 2010年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「高度成長期、少年向け雑誌のイラストや漫画に描かれた超高層ビル群、エアカー、空中都市などに、子供たちは魅了された。建築家たちも、増加する人口に対応するため... もっと読む

過防備都市 (中公新書ラクレ)

120
3.11
五十嵐太郎 2004年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

建築学から都市論を扱ったもの。テーマは、リスク社会論や監視/管理社会論でしばしば論じられる「セキュリティ」。我々が当然のように「安心」を求めた結果として、... もっと読む

現代建築のパースペクティブ 日本のポスト・ポストモダンを見て歩く (光文社新書)

119
3.26
五十嵐太郎 2005年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みやすいかと思ったけど、意外と読みにくく、、、 結構難航しました。 首都高から見る名建築の章は面白かったです。 もっと読む

相対性コム デ ギャルソン論 ─なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか

119
3.44
五十嵐太郎 2012年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ギャルソンの否定されないしてはいけない雰囲気に微妙な違和感もあったが、そこに果敢に切り込む千葉雅也のところが相当おもしろい。 もっと読む

建築MAP東京・2

110
3.38
五十嵐太郎 2003年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだから色々出かけてみようと思った。 もっと読む

卒業設計で考えたこと。そしていま (建築文化シナジー)

106
3.39
五十嵐太郎 2005年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

請求記号 525.1/I 23 もっと読む

読んで旅する世界の名建築 (光文社新書)

88
3.15
五十嵐太郎 2004年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んで旅する世界の名建築 五十嵐太郎 光文社新書 思想の構築物を散策ーボロブドゥールについて グローバル化は世界の偏差を逆に明らかにーマクドナルド 平凡... もっと読む

「51C」家族を容れるハコの戦後と現在

84
3.70
鈴木成文 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【13年経過した今も、横たわる問題】 今まさに直面している問題ばかりで…思わず本の発行日をみて愕然。2004年。こんなに前からわかっていた事なのに。それだ... もっと読む

新宗教と巨大建築 (講談社現代新書)

82
3.15
五十嵐太郎 2001年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新宗教の建築物をモンド的に解説する本だと期待していたのだが、読んでみたらガチの建築論だった。 建築の用語で分からない部分が少なくなかったが、構造表現... もっと読む

「結婚式教会」の誕生

81
3.39
五十嵐太郎 2007年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結婚式というか建築の話。 自分があげる会場が古典かゴシックか気になる… もっと読む

日本建築入門 (ちくま新書)

77
2.80
五十嵐太郎 2016年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

様々な切り口によって日本建築とは何かをあぶり出そうとしていて、近代以降の建築通史としてはよくまとまっていると思うが、入門と言われるとちょっととっつきにくい... もっと読む

映画的建築/建築的映画

75
3.57
五十嵐太郎 2009年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

建築史家、五十嵐太郎の映画と建築についての考察集。 驚くべき量の映画を、発見的視点で鑑賞することは、努力が必要で、その点にまず著者に敬意を払う。 ... もっと読む
全109アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする