五味康祐のおすすめランキング

五味康祐のおすすめランキングのアイテム一覧

五味康祐のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『〆切本2』や『薄桜記 (新潮文庫)』や『剣聖―乱世に生きた五人の兵法者 (新潮文庫)』など五味康祐の全278作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

〆切本2

385
3.53
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一作目でお腹いっぱいだったはずなのに、二作目まで読んでしまった。 〆切りに苦しめられる作家さんたちの言い訳エッセイや詫び状たち。 私的な書簡・手紙など... もっと読む

薄桜記 (新潮文庫)

183
3.59
五味康祐 1965年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本作に「忠臣蔵を描いて比類なし」といううたい文句が付いているのをみたことがありますが、本筋は、丹下典膳の物語であり、忠臣蔵(一連の赤穂騒動)はサイドストー... もっと読む

剣聖―乱世に生きた五人の兵法者 (新潮文庫)

79
3.38
池波正太郎 2006年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書録「剣聖」4 著者 池波正太郎、津本陽、直木三十五、五味康祐、綱淵謙錠 出版 新潮社 P77より引用 “季節がうつろうごとく、川床に水... もっと読む

がんこ長屋: 人情時代小説傑作選 (新潮文庫)

70
3.00
池波正太郎 2013年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017-3/16池波正太郎のみ読了 もっと読む

柳生武芸帳 上 (文春文庫)

68
3.63
五味康祐 2006年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻だけでおよそ700ページある超大作。   使われている漢字も難しく、登場人物の数も多いので、 難易度がかなり高い小説です。   三巻からなる... もっと読む

怪 (百年文庫)

57
3.42
五味康祐 2015年1月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

五味康祐 「喪神」 星2.5 山奥にひっそりと暮らす妖剣術の使い手の剣客・幻雲斎。幻雲斎に父を殺され仇討に来た若者を負かして命(めい)を授ける。師弟関係と... もっと読む

柳生武芸帳 下 (文春文庫)

53
3.92
五味康祐 2006年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

五味康祐の超長編『柳生武芸帳』の後半。   『柳生武芸帳』とは結局何だったのか? 3巻の巻物のために、なぜ大勢の人間が 命を落とす必要があったのか... もっと読む

秘剣・柳生連也斎 (新潮文庫)

52
3.67

感想・レビュー

現在、絶版になっている本。 芥川賞をとった「喪神」をタイトルにしない所が、私は好き。 「凡そ試合は試合の場に臨む前の当事者の言行の中で既に始ま... もっと読む

真田残党奔(はし)る (文春文庫)

43
3.08

感想・レビュー

まさに伝奇である。柳生但馬の造形の恐ろしさにつきるが、但馬と兵庫が結託して豊臣残党と対決するなんて、なんと胸躍る設定だろう! もっと読む

いい音 いい音楽 (中公文庫)

30
3.17
五味康祐 2010年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

五味康祐の処女作はスピーカー欲しさからだった。再読だが、ご令嬢のあとがきがとても良い。 もっと読む

芥川賞全集 第五巻

26
3.33
五味康祐 1982年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文藝春秋、五味康祐、松本清張、安岡章太郎、吉行淳之介、小島信夫、庄野潤三、遠藤周作、石原慎太郎、近藤啓太郎、菊村到、開高健、大江健三郎、昭和57年6月25... もっと読む

柳生宗矩と十兵衛 (文春文庫 (335‐1))

21
3.29

感想・レビュー

五味康祐の描く柳生宗矩が好きだ。かっこいい。 語りすぎずに深い人間のやりとりを描いている。 漫画Y十Mで語られる堀主水、加藤明成、宗矩、十兵衛だが... もっと読む

人斬り彦斎 (徳間文庫)

19
2.83

感想・レビュー

幕末人斬り連の中で以蔵の次に好きかも・・半次郎とどっちがかっこいいかな もっと読む

黒猫侍 (徳間文庫)

17
3.00

感想・レビュー

http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2007/11/post_0b12.html もっと読む

スポーツマン一刀斎 (大衆文学館)

17
3.38
五味康祐 1995年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

様々な文化人が登場する、まさに現代版伝奇小説。なんか時代小説より生き生きとした文体で、非常に面白かった。スポーツ小説とか初めてよみましたw もっと読む

小説集 真田幸村

17
3.40
南原幹雄 2015年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「真田幸村」を題材にした、 お歴々の歴史小説家による、 8編の短編からなるアンソロジーです。 とは言え、その内訳は、 祖父の幸隆が1編、父の昌... もっと読む

兵法柳生新陰流 (徳間文庫)

16
3.60

感想・レビュー

相変わらず五味美学爆発。すべて柳生一族の話。残酷であっけないラストは芸風だね。ただ「秘剣」に比べるとちょっと落ちるか。「曙に野鵐は鳴いた」という短編が良か... もっと読む

西方の音 - 音楽随想 (中公文庫)

16
3.00
五味康祐 2016年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生涯の友、音楽とオーディオへの飽くなき希求。そして、音楽に触発された自らの人生。剣豪作家が遺した、斬れ味鋭い音楽エッセイ。〈解説〉新保祐司 もっと読む
全278アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする