井上ひさしのおすすめランキング

プロフィール

(いのうえ・ひさし)
一九三四年山形県東置賜郡小松町(現・川西町)に生まれる。一九六四年、NHKの連続人形劇『ひょっこりひょうたん島』の台本を執筆(共作)。六九年、劇団テアトル・エコーに書き下ろした『日本人のへそ』で演劇界デビュー。翌七〇年、長編書き下ろし『ブンとフン』で小説家デビュー。以後、芝居と小説の両輪で数々の傑作を生み出した。小説に『手鎖心中』、『吉里吉里人』、主な戯曲に『藪原検校』、『化粧』、『頭痛肩こり樋口一葉』、『父と暮せば』、『ムサシ』、〈東京裁判三部作〉(『夢の裂け目』、『夢の泪』、『夢の痴』)など。二〇一〇年四月九日、七五歳で死去。

「2023年 『芝居の面白さ、教えます 日本編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上ひさしのおすすめランキングのアイテム一覧

井上ひさしのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『十二人の手紙 改版 (中公文庫 い 35-20)』や『吉里吉里人(上) (新潮文庫)』や『日本語教室 (新潮新書 410)』など井上ひさしの全930作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

十二人の手紙 改版 (中公文庫 い 35-20)

2865
3.78
井上ひさし 2009年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「昨日の夕方まで、お父さんやお母さんのそばにいたのに、幸子はいま東京の下町の空の下でこの手紙を書いている、本当に夢を見ているみたいです。」 で、始まる就... もっと読む

吉里吉里人(上) (新潮文庫)

1341
3.67
井上ひさし 1985年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーむ。設定や言い回しは面白いのだが、物語の展開のテンポが今ひとつ。もっと、読み進めたら、盛り上がってくるのか、中、下巻に期待。 もっと読む

日本語教室 (新潮新書 410)

1002
3.69
井上ひさし 2011年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、日本語そのものを学ぼうというのではありません。 井上ひさしが考える、日本語の現状をさらっと把握して、「日本語とはどういう言語か」ということを考える... もっと読む

ブンとフン (新潮文庫)

997
3.59

感想・レビュー

父が子供の頃に読んだ本と聞いて、こっそり買って読んでみた一冊です。 想像以上に、凄く楽しめます。本が読者に語りかけてくるスタイルで、ページの中にのりしろが... もっと読む

井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 (新潮文庫)

963
3.74
井上ひさし 2001年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

多くの本を読むこと、字引をこまめに引くこと。 基本はここにある。 もっと読む

父と暮せば (新潮文庫)

907
4.03
井上ひさし 2001年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R2.1.12 読了。  タイトルが気になって衝動買いした本。戦後間もない頃の広島が舞台で、1人の女性が「自分は幸せになってはいけない」という思いと... もっと読む

吉里吉里人(下) (新潮文庫)

817
3.60
井上ひさし 1985年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。と言っても、あらかた話は覚えてなかったので新鮮な気持ちで読めた。改めて、一流の作家の先進性、世の中を見る慧眼に驚かされた。 細部では今となっては、... もっと読む

吉里吉里人(中) (新潮文庫)

802
3.61
井上ひさし 1985年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中巻に入って、話のテンポが上がり、俄然面白くなってきた。 言葉遊びの散りばめられた、荒唐無稽のストーリー展開の中に、国にまつわる様々な社会問題が提起され、... もっと読む

本の運命 (文春文庫 い 3-20)

763
3.87
井上ひさし 2000年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても興味深い内容で、一気読みをした。井上ひさしさんの本は読んだことがないが、タイトルに惹かれ読んでみた。とても面白かった。 これを読めば、読書に興味の... もっと読む

東慶寺花だより (文春文庫 い 3-32)

749
3.63
井上ひさし 2013年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

離婚を望む女が駆け込む寺での様々な事情を描く短編連作集。駆け込み寺、三行半などの言葉は知っていてもこのような寺が実在することすら知らなかったので、これは作... もっと読む

新釈 遠野物語 (新潮文庫)

692
3.83
井上ひさし 1980年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠野物語をベースにしつつ、昭和28年頃に、山中に住む不思議な山男から聞いた話として、複数の小話が綴られている。 東北で語り継がれてきたであろう話がベース... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

679
3.40
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、お腹空いた~!( >_<) エッセイの間に挟まれた様々なカレーの写真といい、 真っ黄色な紙といい、 著名人たちの好きが溢れたカレーエピ... もっと読む

〆切本2

624
3.40
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一作目でお腹いっぱいだったはずなのに、二作目まで読んでしまった。 〆切りに苦しめられる作家さんたちの言い訳エッセイや詫び状たち。 私的な書簡・手紙など... もっと読む

私家版 日本語文法 (新潮文庫)

615
3.60
井上ひさし 1984年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽妙洒脱な語り口だが、内容は重厚なのはさすが。言葉について色々思うところがあったが、なんとなく同じことを考えている人がいるんだなぁと同意するところ多し。昭... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

598
3.16
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一杯の珈琲を巡って蘇る記憶、溢れてくる様々な想い。作家たちの青春時代や近況を窺い知ることができる。珈琲を淹れることは心を落ち着かせる儀式。芳醇な豆の香り。... もっと読む

自家製 文章読本 (新潮文庫)

553
3.70
井上ひさし 1987年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この人、ボーっとしているようで、しっかりお勉強してるんですね。人を笑かす もっと読む

モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)

501
3.68
井上ひさし 1974年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

▼中高生の頃、というと1980年代だったんですが。携帯以前、そして書籍界的には「BOOKOFF以前」だったあの頃、首都圏郊外の小さな「駅前本屋さん」の文庫... もっと読む

新装版 青葉繁れる (文春文庫) (文春文庫 い 3-27)

336
3.56
井上ひさし 2008年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 仙台に行ったことがあるが、青葉城跡に行ってなかった。先日ホテルから、トコトコ歩いて、広瀬川を見て、森の中を歩いて、オオウバユリの群生を見ながら、伊達政宗... もっと読む

ナイン (講談社文庫)

323
3.33
井上ひさし 1990年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学校の教科書で読んだ。 もっと読む

ボローニャ紀行 (文春文庫 い 3-29)

323
3.74
井上ひさし 2010年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奇しくもこの本を読んでいる最中に、作者井上ひさし氏の訃報がもたらされた。若い時は、よく読んだものだ。「吉里吉里人」や「不忠臣蔵」とか最高だった。 この「... もっと読む
全930アイテム中 1 - 20件を表示

井上ひさしに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×