井上光晴のおすすめランキング

プロフィール

井上光晴(1926.5.15~1992.5.30) 小説家。福岡県生まれ。高等小学校中退後、電波兵器技術養成所に通い、入営直前に長崎・城崎で敗戦を迎える。1946年、日本共産党に入党、地区常任となる。この頃から詩を発表。50年、日本共産党の「所感派」「国際派」の分裂により「所感派」から除名されるが拒否。同年7月、「書かれざる一章」を「新日本文学」に発表。53年、日本共産党を離脱。55年、上京し、本格的な作家活動に入る。70年より89年まで、季刊誌「辺境」(第一次から第三次)を刊行。77年、佐世保に文学伝習所を開設。その後、各地に文学伝習所が開かれることとなる。主な著書に『虚構のクレーン』『地の群れ』『他国の死』『心優しき叛逆者たち』『明日 一九四五年八月八日・長崎』『暗い人』など多数。

「2014年 『西海原子力発電所/輸送』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上光晴のおすすめランキングのアイテム一覧

井上光晴のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『明日 一九四五年八月八日・長崎 (集英社文庫)』や『コレクション 戦争×文学 19 ヒロシマ・ナガサキ』や『小説の書き方 (新潮選書)』など井上光晴の全213作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

明日 一九四五年八月八日・長崎 (集英社文庫)

110
3.56
井上光晴 1986年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長崎に原爆がおとされる前の日を描いた作品。 アメリカの9.11しかり3.11しかり、悲惨な出来事の「前の日」というのは確かにあったわけで。 読んでいて... もっと読む

コレクション 戦争×文学 19 ヒロシマ・ナガサキ

92
4.13
原民喜ほか 2011年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私はなになにすべきだというべき論は好ましく思わないのだが、戦争の記録や戦争文学分けても広島・長崎の被曝とナチによる強制収容所に関するさまざまな作品を一度は... もっと読む

コレクション 戦争×文学 15 戦時下の青春

38
4.00
中井英夫ほか 2012年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓ https://opc.kinjo-u.ac.jp/ もっと読む

続・酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)

37
3.60
永井龍男 2013年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回は、やや物足りず。 酔っ払い、というタイトルなのだが、かなり固い話が多く、 (酔っ払いが嫌い、という話まである) 豪快な酒の楽しみ・苦しみの話が... もっと読む

日本原発小説集

35
3.20

感想・レビュー

原子力発電 文学 もっと読む

地の群れ (河出文庫―BUNGEI Collection)

34
3.44

感想・レビュー

3.25/32 内容(「BOOK」データベースより) 『長崎原爆の被爆者が群れ住む“海塔新田”。―そこを舞台に、原爆、部落、朝鮮、炭鉱等、あらゆる戦後的主... もっと読む

西海原子力発電所/輸送 (講談社文芸文庫)

34
3.00
井上光晴 2014年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『西海原子力発電所』執筆中にチェルノブイリ原発事故が起こり当初の構想を変えたという。現実の惨状を前に変えざるをえなかったのであろう。原発の破壊力のイメージ... もっと読む

地の群れ (新潮文庫)

26
3.63

感想・レビュー

選考委員会でどんな意見が交わされたのか?  誰が賛成して誰が反対したのか、あるいは、誰が嫌悪して唾を吐き、誰が先導して周囲を言いくるめて賞へと導いた... もっと読む

丸山蘭水楼の遊女たち (新潮文庫)

7
3.67

感想・レビュー

時代は幕末、処は長崎の遊郭。明日のことは誰もわからぬ転換期を描くこの「歴史小説(著者談)」には、歴史上の人物は登場しない。賤民出身の遊郭一番の遊女と、同じ... もっと読む

結婚 (1982年)

6
3.50
井上光晴 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

唐突な終わり方に驚き。 もっと読む
全213アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×