井上薫の文庫本一覧

プロフィール

同朋大学大学院人間福祉研究科・社会福祉学部准教授。臨床心理士。
名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程(心理学専攻)修了(文学修士、1982)。愛知県児童相談所に勤務(1983〜1999)。1999年より同朋大学社会福祉学部専任教員。家族援助論、児童福祉臨床研究などを担当。児童家庭相談、特に児童虐待防止ケースマネジメントを研究。
主な著書等:『児童虐待へのブリーフセラピー』(共著 金剛出版 2003)、『新生児医療現場の生命倫理』(共著 メディカ出版 2004)、「サインズ・オブ・セイフティ・アプローチ入門」(共著 そだちと臨床vol.2 明石書店 2007)。訳書として、『安全のサインを求めて』(ターネル、エドワーズ著 共監訳 金剛出版 2004)、『児童虐待を認めない親への対応』(ターネル、エセックス著 共監訳 明石書店 2008)

「2008年 『子ども虐待防止のための家族支援ガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上薫の文庫本一覧のアイテム一覧

井上薫の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『死刑の理由 (新潮文庫)』や『「捏造」する検察 (宝島社新書)』など井上薫の全2作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

死刑の理由 (新潮文庫)

80
3.53
井上薫 2003年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「死刑の理由」は平成7年から14までに死刑が確定した重犯罪事件の被告43人の判決文を集めた本で、実名こそ出ていないが、獄中で「無知の涙」などを著した、連続... もっと読む

「捏造」する検察 (宝島社新書)

18
2.00
井上薫 2010年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書いてることは至極もっともで大切なことです。ただ同じ内容の繰り返しが多く、著者がテレビ番組で発言している内容とほぼ等量にみえ少々残念です。まあ、検察だけで... もっと読む
全2アイテム中 1 - 2件を表示
ツイートする