井上靖のおすすめランキング

プロフィール

井上 靖(いのうえ やすし)
1907年5月6日 - 1991年1月29日
北海道旭川で生まれ、天城湯ヶ島、三島・沼津で18歳まで過ごす。その時代までのことは『しろばんば』をはじめとした「自伝的小説三部作」に詳しい。金沢の第四高等学校(現・金沢大学)で詩作を始め、京都帝国大学を卒業後大阪毎日新聞社に入社。
小説『闘牛』で第22回芥川賞受賞、文壇へは1950年デビュー。現代小説、歴史小説、エッセイ、自伝的小説、シルクロード西域関連の作品、詩集など創作範囲は多岐に及ぶ。主な代表作に、『風林火山』『氷壁』『天平の甍』『おろしや国酔夢譚』などがある。
1964年日本芸術院会員に。同年『風濤』で第15回読売文学賞、1980年菊池寛賞、1985年朝日賞などをそれぞれ受賞。1976年には文化勲章も受章しており、多数の受賞歴がある。

井上靖のおすすめランキングのアイテム一覧

井上靖のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『氷壁 (新潮文庫)』や『あすなろ物語 (新潮文庫)』や『風林火山 (新潮文庫)』など井上靖の全1150作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

氷壁 (新潮文庫)

1317
3.63
井上靖 1963年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上高地から奥穂高にチャレンジする道のりの情景、厳しい山に向き合う登山家の孤独と覚悟と高揚感の入り混じる心境が伝わってくる、迫力の一冊でした。 最後の最後... もっと読む

あすなろ物語 (新潮文庫)

1269
3.56
井上靖 1958年12月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何かの本を読んだ折り、宮本輝がこの小説をたしか「初めて読んだ大人の小説」だったか、そのような風に紹介していたのをキッカケに、以来この作者の本をいつか読もう... もっと読む

風林火山 (新潮文庫)

1197
3.56
井上靖 2005年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「疾如風徐如林侵掠如火不動如山」 初読は確か高校生の頃にたまたま自宅にあった新書版?にて。 今年はCSでずっと内野聖陽の大河ドラマ「風林火山」を観... もっと読む

敦煌 (新潮文庫)

1169
3.72
井上靖 1965年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1959年(昭和34年)。 散文的な筆致にもかかわらず、無性に旅愁をかきたてられ、その地を訪れて直に空気に触れてみたくなる。この小説には、そんな力がある... もっと読む

天平の甍 (新潮文庫)

1086
3.72
井上靖 1964年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聖武天皇が治める奈良・天平の御世に実現した、唐の高僧・鑑真の来日の影で、それぞれの運命に翻弄された5人の日本人留学僧の約20年に渡る姿を、静謐なだけでなく... もっと読む

しろばんば (新潮文庫)

867
3.87
井上靖 1965年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自伝的3部作の1作目。 洪作の小学生時代の物語。 繰り返し読んでいる本です。 息子たちが小学生になった今読むと、また違った感慨があります。 成長による、... もっと読む

蒼き狼 (新潮文庫)

795
3.84
井上靖 1954年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょうど学校で元の歴史をやったので。 キプチャク汗国?バトゥ?フラグ??っていう状態だったけど、読んだら結構わかった! チンギスハンは父親が蒙古人じゃない... もっと読む

アンソロジー おやつ

577
3.42
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

孔子 (新潮文庫)

532
3.33
井上靖 1995年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 井上靖の最晩年の長編小説である。この名作には既に多くの評価がなされているから私の愚考を重ねても無意味である。  架空の孔子の弟子の語りが中心となるこの... もっと読む

額田女王 (新潮文庫)

531
3.72
井上靖 1972年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

額田女王は、万葉集の歌人であり巫女でもあり、そして中大兄皇子と大海人皇子に愛された女性です。 有名な「茜さす~」がどんな背景でうたわれたのかが知りたいな... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

478
3.48
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、お腹空いた~!( >_<) エッセイの間に挟まれた様々なカレーの写真といい、 真っ黄色な紙といい、 著名人たちの好きが溢れたカレーエピ... もっと読む

夏草冬涛 (上) (新潮文庫)

348
3.75
井上靖 1989年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自伝的三部作のひとつ。 洪作の中学生時代。 のんびり、おおらかな雰囲気に、ほっとしました。 もっと読む

おろしや国酔夢譚 (文春文庫)

345
3.98
井上靖 1974年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キリル・ラックスマンが好きすぎて、思わず手を出してしまった1冊。 両親の実家が三重県鈴鹿市白子なので、その影響もありました。 現代においても海外に行く... もっと読む

楼蘭 (新潮文庫)

318
3.50
井上靖 1968年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに読み返す機会があった、表題作を含めて12の短編集。 表題作はヘディンの『さまよえる湖』に想を得た、砂の中に埋もれたかつてのオアシス都市の物語。... もっと読む

猟銃・闘牛 (新潮文庫)

306
3.64
井上靖 1950年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この主人公のように 地位もあって、お金もある程度あって 仕事もできて愛人もいて、 里には妻も子供もいる それでも何物にも酔えない孤独。 やっと、これだ!と... もっと読む

夏草冬涛 (下) (新潮文庫)

282
3.70
井上靖 1989年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自伝的三部作のひとつ。 洪作の中学生時代。 洪作の、のんびりとしたところに和みました。 もっと読む

わが母の記 (講談社文庫)

261
3.58
井上靖 2012年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全編にわたり、母への強い思慕を感じさせる本だった。 いつまでも元気だと思っていた親がだんだんと老いてゆく。老いてゆくだけではなくて、だんだんと壊れてゆく... もっと読む

北の海〈上〉 (新潮文庫)

234
3.87
井上靖 2003年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自伝的三部作の三作目。 四高柔道部との出会い。 三作目の中で一番最初に読み、一番好きになったのが、この『北の海』です。 洪作の人柄に、ほっとします。 ... もっと読む

後白河院 (新潮文庫)

220
3.61
井上靖 1975年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四人(平信範・建春門院中納言・吉田経房・九条兼実)の同時代人を語り手に 保元・平治の乱から晩年にいたる後白河院の姿を浮かび上がらせていく。 文章生出身... もっと読む

北の海〈下〉 (新潮文庫)

186
3.97
井上靖 2003年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四高柔道部の仲間と過ごす金沢での時間が、とてもいいな、と思いました。 酒も、煙草も、女も、勉強も(!)なく、ひたすら柔道をして過ごす、四高柔道部のメンバ... もっと読む
全1150アイテム中 1 - 20件を表示

井上靖に関連する談話室の質問

ツイートする