井上靖のおすすめランキング

プロフィール

井上 靖(いのうえ やすし)
1907年5月6日 - 1991年1月29日
北海道旭川で生まれ、天城湯ヶ島、三島・沼津で18歳まで過ごす。その時代までのことは『しろばんば』をはじめとした「自伝的小説三部作」に詳しい。金沢の第四高等学校(現・金沢大学)で詩作を始め、京都帝国大学を卒業後大阪毎日新聞社に入社。
小説『闘牛』で第22回芥川賞受賞、文壇へは1950年デビュー。現代小説、歴史小説、エッセイ、自伝的小説、シルクロード西域関連の作品、詩集など創作範囲は多岐に及ぶ。主な代表作に、『風林火山』『氷壁』『天平の甍』『おろしや国酔夢譚』などがある。
1964年日本芸術院会員に。同年『風濤』で第15回読売文学賞、1980年菊池寛賞、1985年朝日賞などをそれぞれ受賞。1976年には文化勲章も受章しており、多数の受賞歴がある。

井上靖のおすすめランキングのアイテム一覧

井上靖のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『氷壁 (新潮文庫)』や『あすなろ物語 (新潮文庫)』や『敦煌 (新潮文庫)』など井上靖の全1206作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

氷壁 (新潮文庫)

1495
3.63
井上靖 1963年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この『氷壁』を わたしは1966年(昭和41年)25歳の時に読んでいる こんなことはどーでもいいことなのだが 18歳の時から読んだ本のタイト... もっと読む

あすなろ物語 (新潮文庫)

1425
3.55
井上靖 1958年12月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何かの本を読んだ折り、宮本輝がこの小説をたしか「初めて読んだ大人の小説」だったか、そのような風に紹介していたのをキッカケに、以来この作者の本をいつか読もう... もっと読む

敦煌 (新潮文庫)

1372
3.73
井上靖 1965年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大陸の広さが目に浮ぶ作品でした。砂漠、ずーっと続く砂漠と、そして街の物語。人間のエネルギー、民族の興亡を感じました。 もっと読む

風林火山 (新潮文庫)

1333
3.57
井上靖 2005年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「疾如風徐如林侵掠如火不動如山」 初読は確か高校生の頃にたまたま自宅にあった新書版?にて。 今年はCSでずっと内野聖陽の大河ドラマ「風林火山」を観... もっと読む

天平の甍 (新潮文庫)

1265
3.72
井上靖 1964年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何を今更の名作を、十数年ぶりに再読。 齋藤孝さんの『なぜ本を踏んではいけないのか』の中で、「命がけでもたらされた本」と言う章に本著が参考として挙げられて... もっと読む

しろばんば (新潮文庫)

1014
3.89
井上靖 1965年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少年時代の自伝的小説。小学生の少年洪作が曽祖父の妾であったおぬい婆さんと共に過ごす中で様々な出来事を経験して成長していく過程を描いている。 多感な少... もっと読む

蒼き狼 (新潮文庫)

906
3.82
井上靖 1964年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どれほど大きな戦果を挙げていようと、 どれだけ数多の財宝・女・家畜を得てようとも、 それにキリはなく。 その果てしない行為の代償によって、 死ぬ間際には、... もっと読む

アンソロジー おやつ

658
3.42
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

孔子 (新潮文庫)

618
3.36
井上靖 1995年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「孔子」井上靖著、新潮文庫、1995.12.01 429p ¥560 C0193 (2019.05.11読了)(2000.07.12購入)(1996.1... もっと読む

額田女王 (新潮文庫)

600
3.72
井上靖 1972年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔の人の呼び名はどこそこの長女などといった現代の名前の感覚から離れていると思うので、愛人にあたる人々が「額田」と呼んでいるのに不自然なものを感じながら読ん... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

537
3.45
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カレーライスに纏わるエッセイを集めたアンソロジー。 寺山修司・小津安二郎などの大御所から、よしもとばなな・林真理子などの流行作家まで、バラエティに富んだ... もっと読む

現代語訳 舞姫 (ちくま文庫)

436
3.49
森鴎外 2006年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めて5分、 これはとんでもない読後感を得るんだろうな、 そんな予知があった。 そして、震えた。 このやりきれなさ、あーあ。あーあ。 優しい... もっと読む

夏草冬濤 (上) (新潮文庫)

394
3.76
井上靖 1989年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100年前の中学生も中2病だったので笑った。 もっと読む

おろしや国酔夢譚 (文春文庫)

365
3.99
井上靖 1974年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キリル・ラックスマンが好きすぎて、思わず手を出してしまった1冊。 両親の実家が三重県鈴鹿市白子なので、その影響もありました。 現代においても海外に行く... もっと読む

楼蘭 (新潮文庫)

365
3.52
井上靖 1968年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに読み返す機会があった、表題作を含めて12の短編集。 表題作はヘディンの『さまよえる湖』に想を得た、砂の中に埋もれたかつてのオアシス都市の物語。... もっと読む

猟銃・闘牛 (新潮文庫)

346
3.62
井上靖 1950年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この主人公のように 地位もあって、お金もある程度あって 仕事もできて愛人もいて、 里には妻も子供もいる それでも何物にも酔えない孤独。 やっと、これだ!と... もっと読む

夏草冬濤 (下) (新潮文庫)

315
3.70
井上靖 1989年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自伝的三部作のひとつ。 洪作の中学生時代。 洪作の、のんびりとしたところに和みました。 もっと読む

わが母の記 (講談社文庫)

291
3.55
井上靖 2012年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 米子市の「アジア博物館・井上靖記念館」を訪れた折、購入した本の内の一冊が「わが母の記」だった。「母」という存在は年齢を重ねれば重ねるほど大きく、そして、... もっと読む

北の海(上) (新潮文庫)

275
3.89
井上靖 2003年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自伝的三部作の三作目。 四高柔道部との出会い。 三作目の中で一番最初に読み、一番好きになったのが、この『北の海』です。 洪作の人柄に、ほっとします。 ... もっと読む

後白河院 (新潮文庫)

252
3.60
井上靖 1975年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四人(平信範・建春門院中納言・吉田経房・九条兼実)の同時代人を語り手に 保元・平治の乱から晩年にいたる後白河院の姿を浮かび上がらせていく。 文章生出身... もっと読む
全1206アイテム中 1 - 20件を表示

井上靖に関連する談話室の質問

ツイートする