井伏鱒二のおすすめランキング

プロフィール

本名・満寿二。一八九八年(明治三十一)、広島県に生まれる。早稲田大学、日本美術学校を中退。一九二九年(昭和四)、「山椒魚」「屋根の上のサワン」で文壇に認められる。三八年(昭和十三)、「ジョン万次郎漂流記」により直木賞を受賞。「鯉」「さざなみ軍記」「多甚古村」「丹下氏邸」「本日休診」(読売文学賞)「遙拝隊長」「集金旅行」「漂民宇三郎」(芸術院賞)「武州鉢形城」「黒い雨」(野間文芸賞)などの小説の他、詩集や随筆・紀行も数多い。六六年(昭和四十一)、文化勲章受章。九三年(平成五)没。

「2018年 『七つの街道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井伏鱒二のおすすめランキングのアイテム一覧

井伏鱒二のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『黒い雨 (新潮文庫)』や『山椒魚 (新潮文庫)』や『ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))』など井伏鱒二の全464作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

黒い雨 (新潮文庫)

2845
3.62
井伏鱒二 1970年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校三年生の時に感想文を書く宿題を結局やらずにやり過ごしてしまった本をようやく読んだ。 黒い雨というタイトルから凄惨な原爆投下後の広島の姿が描かれるかと思... もっと読む

山椒魚 (新潮文庫)

1824
3.41
井伏鱒二 1948年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奇妙な短編集。 表題の山椒魚をひさかたぶりに読みたく、手に取る。 山椒魚とはまさにひきこもりである。 やがて無為自閉へ至るが。 主人公は誰もが、「常... もっと読む

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 (021))

795
3.86

感想・レビュー

子どもの頃、心をくすぐられたこの作品。今となってはわからなくなってしまいました… もっと読む

ドリトル先生航海記 (岩波少年文庫 (022))

570
3.80

感想・レビュー

子供の頃、航海記が分厚くて辞めてしまった記憶があります。 もっと読む

猫 (中公文庫)

471
3.71
大佛次郎 2009年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1955年出版の『猫』を底本として、クラフト・エヴィング商會の創作とデザインを加え再編集したもの。 底本の筆者たちははいずれも、明治・大正の生まれ。 ... もっと読む

山椒魚・遙拝隊長 他7編 (岩波文庫 緑 77-1)

345
3.74
井伏鱒二 1969年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さらっと読んじゃったので童話的な何でもない話にしか見えないけども、行間を読むのが面白いんじゃないかと。そういう意味で教科書に載せるのに適した作品なのかも。... もっと読む

駅前旅館 (新潮文庫)

343
3.36
井伏鱒二 1960年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

堅気な商売のようだが実は江戸前の粋な世界に浸りながら、駅前旅館の番頭におさまる主人公の、活き活きとした立ちまわりを回想体の文章により表現した著者ならではの... もっと読む

厄除け詩集 (講談社文芸文庫)

293
3.94
井伏鱒二 1994年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・この時代の詩は、当時のTwitterか、フォークソングの歌詞か、HIPHOPのライミングか。 ・漢詩の意訳なんてUS HIPHOP の日本語訳の源流じ... もっと読む

ドリトル先生の郵便局 (岩波少年文庫 (023))

267
3.66

感想・レビュー

ドリトル先生シリーズの第3作目。アフリカ人の女性を助けたことが縁で、ファンティボ王国に行くことになったドリトル先生。お供は、シリーズでお馴染みのいつもの動... もっと読む

ドリトル先生のサーカス (岩波少年文庫 (024))

233
3.61

感想・レビュー

昔読んだはずのオットセイの脱出劇が、どんなんだったかなーと思って再読。記憶にあった感じより脱出劇は短くて、後半4・5部はサーカスいろいろだった。 読... もっと読む

ドリトル先生の動物園 (岩波少年文庫 (025))

212
3.52

感想・レビュー

いろいろな出来事があって面白かった 動物達の街を想像すると可愛かった もっと読む

ドリトル先生月へゆく (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)

199
3.66

感想・レビュー

り。1484 6y11m 振り仮名が 新しい とか 花 とかにふってなくて いまいち読めない →確かに 小2の漢字が読めたら読める?小3く... もっと読む

さざなみ軍記・ジョン万次郎漂流記 (新潮文庫)

195
3.61
井伏鱒二 1986年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作に加え、「二つの話」と合わせ短編三つ。「さざなみ軍記」。平家の都落ちの過程で主人公の成長の様子を描いたもの。戦を忌避したい気持ちも窺える。「ジョン万... もっと読む

猫―クラフト・エヴィング商会プレゼンツ

195
3.29

感想・レビュー

昭和二十九年に刊行された『猫』を再編集したもの。 クラフト・エヴィング商會の作品が読みたかったのだけど、そのほかの作品もとても良かった。 うちの猫... もっと読む

ドリトル先生アフリカゆき (ドリトル先生物語全集 (1))

190
3.92
ロフティング 1961年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮教大OPAC https://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/opac/volume/606713 もっと読む

ドリトル先生と月からの使い (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)

186
3.69

感想・レビュー

ドリトル先生シリーズを全部読んだ人は居ますか? 子供の頃、絶対ドリトル先生の助手になろうと決めていました。 もっと読む

ドリトル先生のキャラバン (岩波少年文庫 (026))

184
3.52

感想・レビュー

 ピピネラはフェミニストだなと、子供のときは言葉を知らなかったけど今読んで分かった。オスだけが綺麗に鳴いて出世する世の中で、行儀悪いと同種のメスに叱られな... もっと読む

井伏鱒二全詩集 (岩波文庫)

177
3.79
井伏鱒二 2004年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1937年(昭和12年)。 訳詩が素晴らしい。孟浩然『春暁』を直訳と井伏訳で比較すると(カッコ内が井伏訳)、 春眠暁を覚えず (ハルノネザメノウツツデ聞... もっと読む

荻窪風土記 (新潮文庫)

174
3.48
井伏鱒二 1987年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<b>ご近所文豪の穏やかで優しい目線の随想録</b> 地元民として、荻窪から見た近代史、郷土史としても大変興味深かった。 著者の押しつけがましくない自然... もっと読む

ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)

172
3.59

感想・レビュー

前半は、ドリトル先生の帰りを待ちながら奮闘するトミー・スタビンズくんの話。 動物たちを養い、畑や庭の手入れをし、けがや病気の動物の診察をする。 先生が... もっと読む
全464アイテム中 1 - 20件を表示

井伏鱒二に関連する談話室の質問

ツイートする
×