井庭崇の新刊情報

プロフィール

慶應義塾大学総合政策学部教授。
1974年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、同大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。専門は、創造実践学、パターン・ランゲージ、システム理論。株式会社クリエイティブシフト代表、および、パターン・ランゲージの国際学術機関 The Hillside Group 理事も兼務。2009 年にはマサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 Center for Collective Intelligence 客員研究員、2018年にはオレゴン大学カレッジ・オブ・デザイン Portland Urban Architecture Research Laboratory (PUARL) 客員研究員として研究に従事。著書に、『複雑系入門』(NTT 出版、1998 年)、『社会システム理論』(慶應義塾大学出版会、2011 年)、『パターン・ランゲージ』(慶應義塾大学出版会、2013 年)、『プレゼンテーション・ パターン』(慶應義塾大学出版会、2013 年:グッドデザイン賞受賞)、『旅のことば』(丸善出版、2015 年:オレンジアクト認知症フレンドリーアワード大賞、グッドデザイン賞受賞)、『プロジェクト・デザイン・パターン』(翔泳社、2016 年)、『対話のことば』(丸善出版、2018 年)、『おもてなしデザイン・パターン』(翔泳社、2019 年)等。

「2019年 『クリエイティブ・ラーニング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井庭崇の新刊情報のアイテム一覧

井庭崇の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2019年7月31日発売『園づくりのことば: 保育をつなぐミドルリーダーの秘訣』や2019年2月28日発売『おもてなしデザイン・パターン インバウンド時代を生き抜くための「創造的おもてなし」の心得28』や2019年2月28日発売『おもてなしデザイン・パターン インバウンド時代を生き抜くための「創造的おもてなし」の心得28』など井庭崇の全17作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

対話のことば オープンダイアローグに学ぶ問題解消のための対話の心得

85
4.25
井庭崇 2018年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ダイアログのファシリテーションをするのに大事なことがすごく明快にまとまっているな〜。 もっと読む

プロジェクト・デザイン・パターン 企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32

40
3.71
井庭崇 2016年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アイデアをただのアイデアのままにするだけじゃなくて、少し深く考えてから自分の引き出しにしまう癖をつけるってのが自分らしさ、差別化につながるってのがわかった... もっと読む

プロジェクト・デザイン・パターン 企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32

130
3.70
井庭崇 2016年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

”<キーフレーズ> <きっかけ>  井庭先生のtweetを見て。” もっと読む

プロジェクト・デザイン・パターン 企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32

19
4.67
井庭崇 電子書籍 2016年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プロジェクト・デザイン・パターン 企画・プロデュース・新規事業に携わる人のための企画のコツ32 もっと読む

旅のことば 認知症とともによりよく生きるためのヒント

68
4.17
井庭崇 2015年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母の言動に異変を感じてしばらくは 訳もわからずただただ苦しかったが 日が経つにつれて これは母(や父)との新しい関係のはじまりだ、 と思うようにな... もっと読む

パターン・ランゲージ: 創造的な未来をつくるための言語 (リアリティ・プラス)

186
4.28
井庭崇 2013年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パターンというものを捉え、考える上で示唆に富む内容となっている。討論も多岐に渡るだけでなく、深い内容で個人的には一読では理解が溢れる感じがする。繰り返し読... もっと読む

社会システム理論: 不透明な社会を捉える知の技法 (リアリティ・プラス)

228
3.98
井庭崇 2011年11月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【動機】井庭先生と社会システム理論に興味があって。 【内容】現実の複雑な問題に学問がどう立ち向かっていくか。 【感想】自分にとり憑く「学際」という幽霊... もっと読む
全17アイテム中 1 - 17件を表示
ツイートする