京極夏彦のおすすめランキング

プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の関連サイト

京極夏彦のおすすめランキングのアイテム一覧

京極夏彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)』や『文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)』や『文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)』など京極夏彦の全798作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

11683
3.83
京極夏彦 1998年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「面白い本に出会ったら、その著者のデビュー作を読みなさい。そこには著者の全てが詰まってるから」  子供の頃、本を贈ってくれた伯父が、手紙に書き添えてく... もっと読む

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

9185
3.97
京極夏彦 1999年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 京極堂が関口君の本の掲載順を考えて置いてあげたシーンがとても好き。  ご無沙汰すぎるのがちょっと面白くなくて鳥口くん巻き込んで小さな意地悪をして、それ... もっと読む

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)

6592
3.58
京極夏彦 2000年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京極堂シリーズの中でも、 狂骨の夢は様々な事件が実は繋がっていましたの形をとっており、特に後半の憑き落としのくだりで一気に伏線を回収する快感がたまらない。... もっと読む

文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

5856
3.73
京極夏彦 2001年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっと四作目。 主治医おすすめではあったのだけど、好みとしては「狂骨の夢」の方が好きだったと思う。 「禅」「寺」「僧」次から次と新しいことが起き、関口や... もっと読む

文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)

5120
3.91
京極夏彦 2002年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★5.0 再読。「あなたが…蜘蛛だったのですね」、何度読んでも巻頭と巻末のこのセリフにゾクゾクしてしまう。そして巻末に辿り着いた後に、また巻頭の数ページを... もっと読む

巷説百物語 (角川文庫)

4187
3.78
京極夏彦 2003年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

僕に読書の楽しさを教えてくれた運命の1冊。 今回で読むのは3度目だけれど、読むたびに初めて出会った大学2回生(2004年)の夏を思い出す。 あの頃この... もっと読む

死ねばいいのに

4173
3.50
京極夏彦 2010年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京極夏彦の現代もの(笑)。 京極夏彦って、凄いな……と、しみじみと思ってしまった一冊。 初っぱなから、謎、謎、謎。 ケンヤの正体は? 目的は? ア... もっと読む

姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)

4134
3.78
京極夏彦 1994年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メジャーどころをという事で。 この人のは、厚いから敬遠してきたが、 遂に読んでみた。 京極堂シリーズ一作目。 舞台は終戦直後の日本。 ... もっと読む

文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)

4100
3.58
京極夏彦 2003年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長い。ひたすらに長いのだが、これが宴の「支度」なのだから驚き。 「ぬっぺっぽう」「うわん」「ひょうすべ」「わいら」「しょうけら」「おとろし」と、マイナー... もっと読む

文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫)

3904
3.63
京極夏彦 2003年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。 記憶にあるエピソードと微妙に違ってた。脳内捏造をしていた模様。 逮捕されたかとか関係なく、関口さんに寄り添うことを決めている雪絵さんが... もっと読む

魍魎の匣 (講談社ノベルス)

3825
3.88
京極夏彦 1995年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2002年8月20日読了。以下、過去の日記から抜粋。 京極堂シリーズ第二弾の再読が漸く完了。 この作品はシリーズの中でも特に(身内では)人気がある... もっと読む

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)

3183
3.39
京極夏彦 2003年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 百器徒然袋 雨を読んでうきうきした気持ちで読み始めました。  私は勘が悪くて、小説のオチを予想できたことがありません。それでもこの物語は最初からそれが... もっと読む

鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)

3159
3.65
京極夏彦 1996年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

事件に巻き込まれるのは嫌だと言いながら、一人になるとウツになる性質の関ちゃんの語り口。分厚いけれど人物が、よく動いてみせるので、どんどん読み進めてしまいま... もっと読む

絡新婦の理 (講談社ノベルス)

3137
3.77
京極夏彦 1996年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 上手いタイトルだよなぁ、と思いました。  蜘蛛の巣というのは、縦糸が中心から放射線状に広がっているのに対し、横糸は一本だけで、渦巻き状になっているそう... もっと読む

邪魅の雫 (講談社ノベルス)

3109
3.47
京極夏彦 2006年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰もが自分の見ているものは他人が見ているものと同じだと思い込む モノは壊れていくためだけに存在する 不思議だと当たり前に言うのは、解釈の押し付けである... もっと読む

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

3057
3.97
京極夏彦 2005年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

榎木津が大好きな身としてはうれしい一冊だが、しかしストーリーという観点からいうといまひとつの感が否めない。とにかく榎木津を描くことを目的とするのであればも... もっと読む

狂骨の夢 (講談社ノベルス)

3028
3.50
京極夏彦 1995年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

骨をメグル話。 二人いたとか、顔を識別出来ないとか 段々強引に思えてきた。 立て続けに二冊読んだからかな。 飽きてきたょ、京極堂。 ... もっと読む

文庫版 陰摩羅鬼の瑕 (講談社文庫)

2972
3.60
京極夏彦 2006年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 精神分析から哲学にまで話が及ぶ。――京極先生の造詣の深さを堪能できる一冊。伯爵/関口/伊庭の一人称視点が入れ替わり、各自の持つ瑕(ありふれた言い回しだが... もっと読む

塗仏の宴 宴の支度 (講談社ノベルス)

2705
3.46
京極夏彦 1998年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

関口くんのうじうじ感がたまらなく愛しい もっと読む

百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)

2692
3.72
京極夏彦 1999年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あくまで外伝。普段のシリーズの空気が好きな人は、それを入念に心に置いてお読みください。 ものすっごい笑いました…!いつもの雰囲気は何処へ、ギャグもいちい... もっと読む
全798アイテム中 1 - 20件を表示

京極夏彦に関連する談話室の質問

京極夏彦に関連するまとめ

ツイートする