今村翔吾のおすすめランキング

プロフィール

1984年京都府生まれ。2017年『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』でデビュー。’18年『童の神』が第160回直木賞候補に。’20年『八本目の槍』で第41回吉川英治文学新人賞を受賞。同年『じんかん』が第163回直木賞候補に。’21年「羽州ぼろ鳶組」シリーズで第六回吉川英治文庫賞を受賞。22年『塞王の楯』で第166回直木賞を受賞。他の著書に、「イクサガミ」シリーズ、「くらまし屋稼業」シリーズ、『ひゃっか! 全国高校生花いけバトル』『てらこや青義堂 師匠、走る』『幸村を討て』『蹴れ、彦五郎』『湖上の空』『茜唄』(上・下)などがある。

「2023年 『イクサガミ 地』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今村翔吾のおすすめランキングのアイテム一覧

今村翔吾のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『塞王の楯』や『イクサガミ 天 (講談社文庫)』や『じんかん』など今村翔吾の全296作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

塞王の楯

4916
4.35
今村翔吾 2021年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第166回直木賞受賞作。 図書館で一度は借りようと予約を入れたら40人待ちで、購入しました。時代小説が好きな人が周りにいないので、次は、なるべく高値... もっと読む

イクサガミ 天 (講談社文庫)

2196
4.05
今村翔吾 2022年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 コレ、圧倒的に面白いです! 奇想天外で荒唐無稽な「遊び」、展開の疾走感と切れ味のよさ、それに単純明解さ! 理屈抜きで楽しく、のめり込んでしまいました。 ... もっと読む

じんかん

1851
4.18
今村翔吾 2020年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

松永久秀とは何者なのか。 信長に背き 天守閣で名器・平蜘蛛と爆死した 天下の「大悪人」。そんな一般的な認識しかなくても読めば間違いなく久秀を... もっと読む

火喰鳥 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

1395
4.26
今村翔吾 2017年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これ、面白い!粋で鯔背な江戸火消したちの活躍。 火消し頭取の源吾のもとに集まってくる多士済々な仲間たち。そして、源吾たちを翻弄し続ける連続放火のミステリー... もっと読む

イクサガミ 地 (講談社文庫)

1267
4.21
今村翔吾 2023年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本シリーズ第一部「天の巻」も〝面白さマシ〟でしたが、第二部「地ノ巻」は更に〝面白さマシマシ〟です。 (ラーメン屋かよ!)  殺戮の旅『蠱毒(こどく)』... もっと読む

幸村を討て (単行本)

1250
4.21
今村翔吾 2022年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真田幸村を中心にここまで大阪の陣を分厚く扱った作品は過去ないのでは。 勇猛果敢なイメージの幸村を、ミステリアスな切り口で描く妙はさすが今村 翔吾といえる。... もっと読む

八本目の槍 (新潮文庫)

915
4.27
今村翔吾 2022年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

賤ヶ岳の七本槍+石田三成による、7本の連作小説。さすがに今村さんらしく、はじめて知る史実や視点が多く流石です。 一方で、読んでいくにつれて違和感が膨らんで... もっと読む

茜唄(上)

801
3.97
今村翔吾 2023年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直、この作品を読むまで、源平の戦いは然程興味がなく、歴史の授業で学んだくらいの知識だったが、さすがの今村翔吾さん。魅力的な登場人物が次々と登場し、引き込... もっと読む

夜哭烏 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

774
4.22
今村翔吾 2017年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回も面白い!火災が発生したのにあろうことか鐘が鳴らない。火消したちは動くことができない……そこには裏で大きな陰謀が渦を巻いている。 これから起きることに... もっと読む

童の神 (ハルキ文庫 い 24-7 時代小説文庫)

752
4.14
今村翔吾 2020年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大江山の鬼退治という童話のような伝説ともなっている話を、リアルでありながらファンタジックに、生き生きと描いた小説。 平安時代。 中央集権が進み、宮... もっと読む

くらまし屋稼業 (時代小説文庫)

701
3.61
今村翔吾 2018年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分のうぬぼれでなければきっとみんみんはこのレビューを待っていたであろう なので結論から言おう 面白かった 面白かったけど他の読みたい本を押しのけて優先... もっと読む

九紋龍 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

682
4.23
今村翔吾 2017年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやー面白い 今回もすんばらしいキャラクターが登場しつつ 長期シリーズに向けたいつでも回収できそうな伏線はりまくりの第三巻でした それにしても今村翔吾さ... もっと読む

鬼煙管 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

647
4.31
今村翔吾 2018年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やりやがった! 謎多き火付け「火車」と対峙する京都西町奉行長谷川平蔵を助けるべく星十郎と武蔵を伴に京へと旅立つ源吾 大好きな深雪殿と新之助が江戸で留守... もっと読む

茜唄(下)

642
4.36
今村翔吾 2023年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平家の滅亡を描く平家物語。公家化が進んだ平家が、清盛が亡くなることで、一気に滅亡へと突き進むのは当然のように思っていたのだが、読み終えた今、そうでないこと... もっと読む

八本目の槍

639
4.16
今村翔吾 2019年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

賤ヶ岳の七本鎗と石田三成の友情物語。 仲間っていいなって思います。 大河ドラマによく出てくる石田三成。 天・地・人や真田丸でみた。確か天・地・人では小栗旬... もっと読む

菩薩花 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

603
4.17
今村翔吾 2018年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回も面白かった! このシリーズの大きな魅力のひとつは作中登場する「火消し番付」と通称ですよね「火喰鳥」とかね なにしろかっこいい! そして今回は火消し... もっと読む

童の神

584
3.82
今村翔吾 2018年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんだよもう! 今村翔吾さん、これで3冊目だけどどれもこれもめちゃくちゃ面白いやないかーい! なんでもっと早く教えてくれないのか!!(誰に対して怒ってい... もっと読む

夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

566
4.25
今村翔吾 2018年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みんみんさんに追いついてやる!との思いで2冊連続ぼろ鳶シリーズですがもう無理っぽいw 今回は吉原炎上! いやぁ外さない!外さないよ今村翔吾さん! そして... もっと読む

教養としての歴史小説

554
3.79
今村翔吾 2023年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史を通じて、教養を身につける。本作品のテーマではあるが、残念ながらそこまでの窮地には至らなかった。ただ、歴史小説というのは単に史実を辿るのではなく、読者... もっと読む

狐花火 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

536
4.25
今村翔吾 2018年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ぼろ鳶シリーズは必ず一回はホロリとさせられるなぁ オールスター感謝祭を間にはさみつつ これから活躍しそうな新人たちを登場させつつ 親と子いや師と弟子の絆... もっと読む
全296アイテム中 1 - 20件を表示

今村翔吾のおすすめ記事

今村翔吾に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×