今西祐行のおすすめランキング

プロフィール

●児童文学作家。1923年大阪府生まれ。早稲田大学仏文科卒業。在学中から早大童話会に属し、児童文学を志す。主な児童文学に『肥後の石工』『浦上の旅人たち』『光と風と雲と樹と』。そのほか絵本に「源平絵巻物語」シリーズ、『土のふえ』など。日本児童文学者協会賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞、芸術選奨文部大臣賞など受賞多数。1992年紫綬褒章を受章。2004年逝去。

「2017年 『ヘレン・ケラー自伝 (新装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今西祐行のおすすめランキングのアイテム一覧

今西祐行のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『すみれ島 (新編・絵本平和のために 6)』や『肥後の石工 (岩波少年文庫 78)』や『一つの花 (おはなし名作絵本 21)』など今西祐行の全232作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

すみれ島 (新編・絵本平和のために 6)

250
4.02
今西祐行 1991年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。特攻花について聞いた話をもとに書かれた平和の願いが込められた悲しくも美しい絵本。 特攻の出撃前夜に子供達から届いたすみれの花ですもうをする若者達。送... もっと読む

肥後の石工 (岩波少年文庫 78)

164
3.92
今西祐行 2001年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中2の夏休みに読んだはずなのに、読み応えのある本だったなぁという程度の記憶しかない。 たぶん当時の私は、この本の価値を何一つ分からなかったのだろう。 ... もっと読む

一つの花 (おはなし名作絵本 21)

142
3.69

感想・レビュー

当たり前だけど、戦争ものの絵本は悲しさがいつまでも心の隅に留まる。 二度と同じ事を起こさないために必要なんだけど。 戦後しか知らないからこそ、定期的に子ど... もっと読む

ヘレン=ケラー自伝―三重苦の奇跡の人 (講談社 火の鳥伝記文庫)

89
3.72
ヘレン=ケラー 1981年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 2007年、最後の1冊です。  三重苦の奇跡の人というサブタイトルがついています。  確かに、三重苦を乗り越えることは奇跡的だと思います... もっと読む

一つの花 (ポプラポケット文庫 31-1)

83
3.83
今西祐行 2015年1月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争の悲惨さが分かった。 もっと読む

海底二万里 (子どものための世界文学の森 7)

76
3.70
ジュール・ベルヌ 1994年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2024.02.16 社内読書部で紹介を受ける。 もっと読む

ヘレン・ケラー自伝 (新装版) (講談社火の鳥伝記文庫 10)

61
3.00
ヘレン・ケラー 2017年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NDC 289 (歴史ー伝記ー個人伝記) 「ヘレン・ケラーは19世紀後半、アメリカに生まれた社会福祉活動家、教育者です。この本は彼女が22歳のときに... もっと読む

土のふえ (えほん・ハートランド 20)

56
3.56
今西祐行 1998年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

#土のふえ #今西祐行 #岩崎書店 #児童書 #読了 北の国と南の国はお互いに違う文化でした。そしてお互い恐ろしい人々が住んでいると思っていました。そし... もっと読む

浦上の旅人たち (岩波少年文庫(132))

56
3.78
今西祐行 2005年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学の授業で使用する為に読んだ作品。 歴史ものだから、あまり児童文学っぽくないかもしれない。 ページ数はあるけれど、読みやすい。 ただ、時系列の移動が激し... もっと読む

光村ライブラリー 6 太郎こおろぎ ほか

51
3.67
山下明生 2002年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学校3~4年の時の国語の教科書に載っていて、大好きだった作品、「はまべのいす」「太郎こおろぎ」がまた絵もついて、ゆっくりと読めるなんて。 勉強が出来ず... もっと読む

一つの花 ヒロシマの歌 (集英社みらい文庫)

39
4.00
今西祐行 2015年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヒロシマの歌 をこれとは別の短編集に載っているもので読んだ。 突如日常の中に投げ込まれた原爆。その爪痕を残したまま過ぎてゆく日々へのやるせなさと未来への... もっと読む

牛若丸 (源平絵巻物語 第1巻)

36
3.77
今西祐行 1979年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平家物語関連の児童書の隣に陳列されていた本。 源平絵巻物語の絵本というのかな。この時代の話が好きなので、絵本で読めるなんて良い出会いであった。 1〜1... もっと読む

とりになったはっぱのはなし

35
3.00
今西祐行 2006年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

〝昔むかしの、ずっと昔、昔を千ほどいった昔のこと。神様が初めて山をおつくりになったばかりの時のこと...春になると、その山に初めて木がはえて...木はぐん... もっと読む

源義経―源平の悲劇の武将 (講談社 火の鳥伝記文庫)

34
3.56
今西祐行 1982年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

義経は平家を滅ぼした後、兄の頼朝に殺されてしまいました。31才の若さで家来の弁慶と一緒に死んでしまいました。 もっと読む

肥後の石工 (講談社文庫 い 12-1)

32
3.93

感想・レビュー

故郷の名前が書いてあるだけで購入した本だったが、想像とは裏腹に人間の心模様や熱意、男気、人と人との繋がりなどが見事に書かれており、感情移入して読むことがで... もっと読む

武蔵坊弁慶 (源平絵巻物語 第2巻)

31
3.54
今西祐行 1979年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは史実ではなく、武蔵坊弁慶の“物語”絵巻である。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 前書きを読むと、武蔵坊弁慶という人物は「ほとんど歴史的に... もっと読む

夜の翼 (Short Fantasy Storiesファンタジーの宝石箱 vol)

30
3.09
今西祐行 2004年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

産経新聞に毎火曜日掲載されていたという、400×3字分の物語達。子どもは勿論大人が読んでも楽しめるものを、明るいものを、というお題だそう。確かに新聞小説に... もっと読む

源頼朝 (源平絵巻物語 第3巻)

25
3.60

感想・レビュー

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が絶賛放送中ですが、わが家では夫のみが視聴しています。 しかし、この大河ドラマのおかげで「あっ、そういえば久しく源平絵巻物語の... もっと読む

とうげのおおかみ 改訂版 (新・創作えぶんこ)

21
3.20
今西祐行 1983年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古い本処分を検討中。これも捨てられない一冊に。 とうげにいるオオカミを皆が恐れているが、おばあさんの優しさと潔さというか、堂々ぶりにオオカミとは言え、すっ... もっと読む
全232アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×