伊与原新のおすすめランキング

プロフィール

1972年、大阪生まれ。神戸大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻。博士課程修了後、大学勤務を経て、2010(平成22)年、『お台場アイランドベイビー』で横溝正史ミステリ大賞を受賞。著書に、『磁極反転の日』『蝶が舞ったら謎のち晴れ 気象予報士・蝶子の推理』(ともに新潮文庫)、『博物館のファントム 箕作博士の事件簿』(集英社文庫)、『ブルーネス』(文藝春秋)、『ルカの方舟』(講談社文庫)、『梟のシエスタ』(光文社)などがある。

「2018年 『コンタミ 科学汚染』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊与原新のおすすめランキングのアイテム一覧

伊与原新のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『お台場アイランドベイビー』や『月まで三キロ』や『プチ・プロフェスール』など伊与原新の全58作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

お台場アイランドベイビー

286
3.23
伊与原新 2010年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伊与原さんのデビュー作。帯は大げさだけど、しっかりした話です。近未来のお台場が舞台の話。 もっと読む

月まで三キロ

284
4.03
伊与原新 2018年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心に効く一冊。 ちょっと悩み立ち止まり、光を探している人たちを描いた短編集。 第一話目からもう好き過ぎて心に効き過ぎて、たまらなかった。 いつもなら拒絶... もっと読む

プチ・プロフェスール

220
3.67
伊与原新 2011年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学院生の『仁科律』は留学資金の為に、『リケジョ』(理系女子)に憧れる『理緒』の家庭教師を引き受ける。そのころ律がアルバイトをしている塾で、「投げ出し墓」... もっと読む

リケジョ! (角川文庫)

195
3.68
伊与原新 2014年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

留学に必要なお金が欲しい主人公に、三か月で百万の バイトが持ちかけられる。 犯罪系かとおもいきや、ごく普通(?)でした。 最後まで行くと、そんな... もっと読む

博物館のファントム 箕作博士のミステリ標本室

186
3.54
伊与原新 2014年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

博物館が舞台の連作短編6篇。 鉱物・植物・剥製・化石・昆虫・人類とどれも興味を引くものばかり。 旧標本収蔵室に住みつき、ファントムと呼ばれる箕作(... もっと読む

名探偵だって恋をする (角川文庫)

169
2.91
伊与原新 2013年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伊予原新さん目当てで読んだら、伊予原さん以外の作者さんがとても面白い!短編集…というか、作品紹介…的な。本編はそれぞれで読んでねみたいな。それにしても食わ... もっと読む

蝶が舞ったら、謎のち晴れ: 気象予報士・蝶子の推理 (新潮文庫nex)

140
3.23
伊与原新 2015年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽く読む分には悪くないけれど、あまりにキャラクター設定に頼り過ぎて著者の経歴からくる知識が上手く活かされていないように感じる。 若者向けの作品なので、これ... もっと読む

ルカの方舟

111
3.21
伊与原新 2013年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリの原点が横溝正史と江戸川乱歩で、ぽーんと飛んで新本格派、のわたし。なので、鍾乳洞の迷路や菊人形やマントの怪人や妖しいアミューズメント孤島やヘンな館... もっと読む

コンタミ 科学汚染

82
3.41
伊与原新 2018年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私もはまってた時期があったな~と。オーラとパワーストーン。 改めて周りを見ると、疑似科学なるものが世の中溢れているなと、びっくりするやら怖くなるやら。女... もっと読む

磁極反転

72
3.33
伊与原新 2014年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリと思って読み始めたら、自然災害モノ? 自然災害モノと思って読んでいたらやっぱりミステリ? ……と気持ちが定まらないままで、難しい言葉とページ数... もっと読む

博物館のファントム 箕作博士の事件簿 (集英社文庫)

65
3.55
伊与原新 2016年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館から 名前にこだわり過ぎる もう少し違う視点からの内容が良かった もっと読む

ブルーネス

58
3.58
伊与原新 2016年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何かを開発しようとする人たちってエネルギッシュでいいな。ちょっとしたヒントで物事が大きく動くときがくるのだろう。 人との繋がりも必要。刺激が多いほど、自... もっと読む

梟のシエスタ

56
3.22
伊与原新 2015年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

変わった人ってそれだけで他人を油断させてしまうのかも。「こんな変人と一緒にいたら自分のペースが乱されるじゃん、関わらないでおこう」なんて思わせられて、気が... もっと読む

磁極反転の日 (新潮文庫)

46
3.80
伊与原新 2017年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 地球物理学の本としてとても面白かった。多くの新知識を得られたのがうれしい、という小説読後の感想とはちょっと違う感じを持った。  今まで全く興味のなかった... もっと読む

ルカの方舟 (講談社文庫)

34
3.29
伊与原新 2015年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キャラや物語作りの方は弱い感じ…研究界の赤裸々な痛々しい現状はとても伝わってきたけど。 もっと読む
全58アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする