伊丹十三のおすすめランキング

プロフィール

1933年生まれ。映画監督、俳優、エッセイスト、テレビマン、CM作家、商業デザイナーなど、興味のおもむくままに様々な分野の職業に分け入り、多彩な才能を発揮。翻訳も多数手がけた。1997年没。

「2020年 『ちょこっと、つまみ おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊丹十三のおすすめランキングのアイテム一覧

伊丹十三のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)』や『女たちよ! (新潮文庫)』や『アンソロジー カレーライス!!』など伊丹十三の全79作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)

1930
3.71
伊丹十三 2005年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画をあまり見ないせいか、著者のことは俳優で映画監督もしていた方、というくらいしか知りません。 読み始めてすぐは、なんだか気障だ…という印象が強く、遠巻... もっと読む

女たちよ! (新潮文庫)

1233
3.68
伊丹十三 2005年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歳の離れた女ともだちに「何か読むものないかね?」と尋ねたところ、 「これならありますわよ」と渡された懐かしき本を三十年以上ぶりに再読する。 気障ったら... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

571
3.43
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カレーライスに纏わるエッセイを集めたアンソロジー。 寺山修司・小津安二郎などの大御所から、よしもとばなな・林真理子などの流行作家まで、バラエティに富んだ... もっと読む

パパ・ユーアクレイジー (新潮文庫)

460
3.71

感想・レビュー

売れない作家のパパと、誕生日にその職業ごとプレゼントされた僕の一風変わったひと夏の物語。 というとよくある話のように見えますが、すべてが「最高」です... もっと読む

再び女たちよ! (新潮文庫)

370
3.55
伊丹十三 2005年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前に読んだ作品より、辛辣さが和らいだ感じ。どこに本気を出して、どこで肩の力を抜くか、ということを思う。 もっと読む

ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

300
3.07
阿川佐和子 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気のない時、弱っている時、そんな時はお肉だー! ……と言いたいけれど、実はあまりお肉=牛肉が得意ではない。豚は牛より食べられる。鶏は大好物。 この本... もっと読む

日本世間噺大系 (新潮文庫)

267
3.46
伊丹十三 2005年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

創作とエッセイと、たぶんリアルなインタビューがオムニバスで入っている。伊丹十三のドキュメンタリーでいつもレコーダーを持って市井の人から話を聞いていた、とあ... もっと読む

猫なんて!

241
3.27
角田光代 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小池真理子で泣いて 浅田次郎で笑う 意味のよくわからないお話も有るけど 作家さんは猫が好きなんだにゃ〜 もっと読む

問いつめられたパパとママの本 (新潮文庫)

217
3.29

感想・レビュー

赤チャンハドコカラクルノ?空ハナゼ青イノ? ナゼオ月サマハボクガ歩クト追ッカケテクルノ? 四次元ノ世界ッテナアニ? ママハイツモオ化粧シテルノニドウ... もっと読む

問いつめられたパパとママの本 (中公文庫)

182
3.50
伊丹十三 2011年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子どもの素朴な疑問を大人の科学リテラシーと巧みな比喩で回答する本である。取り上げているテーマは、誰もが人生で一度は頭によぎったであろう王道が散りばめられて... もっと読む

ぼくの伯父さん 単行本未収録エッセイ集

154
3.70
伊丹十三 2017年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

俳優で、妻である宮本信子を主役として映画を作った人、くらいなイメージだった伊丹十三。 映画も観ようかな、と思わせる、自分らしい、確固たる、阿らない人。 ... もっと読む

ヨーロッパ退屈日記 (文春文庫 131-3)

151
3.80
伊丹十三 1976年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブルジョワボンボンの自慢話あるいはウンチク話。しかし面白いんだなこれが。笑 もっと読む

ものがたりのお菓子箱―日本の作家15人による

144
3.21

感想・レビュー

お菓子箱といっても、かなり大人でビター。 苦い味がいつまでも残ってしまうものものもあるので、寝る前に読むと消化不良を起こす危険アリ。 谷崎潤一郎の一編... もっと読む

ちょこっと、つまみ: おいしい文藝

124
3.22
阿川佐和子 2020年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おいしく拝読しました。 檀一雄、伊丹十三、牧野伊三夫諸氏の即席おつまみ口頭レシピも楽しく、久住昌之さんには崎陽軒のシウマイ弁当買いに走りたい思いにさせられ... もっと読む

ポテト・ブック

110
3.50

感想・レビュー

ほしい。カバーの折り返しからかなり面白い。手元にほしい。 もっと読む

哺育器の中の大人[精神分析講義] (ちくま文庫)

95
4.78
伊丹十三 2011年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年2月12日紹介されました! もっと読む

フランス料理を私と

94
3.86
伊丹十三 1987年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読む前は難解な本なのか…と思いましたがいきなりのカラーの料理ページに驚きつつ、対談部分はとてもすんなりと読めました。それにしてもここで取り上げられている問... もっと読む

作家と猫

79
3.67

感想・レビュー

悲しい思いが先に立ってしまい飼えない。 もっと読む

主夫と生活 My Life as a Househusband

77
4.30

感想・レビュー

1983年刊行、伊丹十三氏の翻訳によるエッセイを、新たに内田樹氏の解説を加えて復刊! ある日、新聞社の人気コラムニストを辞め、妻と役割交換して「主夫... もっと読む

にゃんこ天国(ごきげん文藝): 猫のエッセイアンソロジー

58
3.17
内田百閒 2018年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年10月河出書房新社刊。既刊の文庫、全集等から、33人、33篇のエッセイを選んだ猫のアンソロジー。夏目漱石から現在活躍中の方のエッセイ。表紙絵が楽... もっと読む
全79アイテム中 1 - 20件を表示

伊丹十三に関連する談話室の質問

ツイートする
×