伊坂幸太郎のおすすめランキング

プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業後、SEとして働くきながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。
2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。
上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されてきている。

伊坂幸太郎の関連サイト

伊坂幸太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

伊坂幸太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『重力ピエロ (新潮文庫)』や『アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)』や『オーデュボンの祈り (新潮文庫)』など伊坂幸太郎の全394作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

重力ピエロ (新潮文庫)

38518
3.78
伊坂幸太郎 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実際にはとっても重たい内容のお話なのに、暗くならず逆に個性的なキャラクターで楽しく読めて、後味も私としてはスッキリしてとっても良かったです。 伊坂幸太郎さ... もっと読む

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

33046
3.89
伊坂幸太郎 2006年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間は死んでも生まれ変わるだけだから、悲しくはない。 でも、大切な人たちに置いていかれたら、ひとりぼっちになってしまったら、やっぱり悲しいよ。 必ずい... もっと読む

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

32367
3.82
伊坂幸太郎 2003年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今をときめく伊坂幸太郎のデビュー作。 読もう読もうと思いつつ、他の本を先に読んでからなどと後回しに してしまったことを後悔しつつ、それでも今年中に読め... もっと読む

グラスホッパー (角川文庫)

31076
3.54
伊坂幸太郎 2007年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画を観るために再読。 妻を殺された鈴木は復讐のために危ない会社《令嬢》に入社する。ターゲットは《令嬢》の社長の息子。復讐のチャンスが巡ってくるが、... もっと読む

死神の精度 (文春文庫)

30783
3.86
伊坂幸太郎 2008年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第57回日本推理作家協会賞 短編部門受賞作品。 クールでいて、 どこか憎めない死神のキャラが なんとも魅力的で 大好きな小説です♪ まるでサラリー... もっと読む

ラッシュライフ (新潮文庫)

30010
3.74
伊坂幸太郎 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の作品の中では、作家はある意味「神」なのかもしれない。 神様的俯瞰目線で見渡せば、 確かに世の中のほとんどは繋がっていて ニヤニヤして見て... もっと読む

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

27549
3.87
伊坂幸太郎 2006年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伊坂幸太郎作品を読んだことがなく「陽気なギャングシリーズがおもしろい!」と勧められ読んでみました。 「伊坂幸太郎」というと重たい話を書く人と勝手に思っ... もっと読む

終末のフール (集英社文庫)

24462
3.60
伊坂幸太郎 2009年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本との出会い。 失恋した翌日だった。地下鉄に乗っていると一つの広告を見つけた。それは集英社文庫の広告で、「この夏に``はじまり``となる一冊、``ナ... もっと読む

チルドレン (講談社文庫)

24106
3.85
伊坂幸太郎 2007年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

続編を読むために再読。 あぁ、思い出しました。陣内のこの感じ! 騒がしくて、ふざけたことばかり言っていて、 からまれている少年を、いきなり殴るな... もっと読む

魔王 (講談社文庫)

21922
3.38
伊坂幸太郎 2008年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世の中の流れに立ち向かおうとした兄弟の物語。 伊坂さんがあとがきで「ファシズムや憲法、国民投票などが出てきますが、それらはテーマではなく、そういった... もっと読む

ゴールデンスランバー (新潮文庫)

21522
4.11
伊坂幸太郎 2010年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「早く、1行でも早く続きを読みたい」という想いに駆られながら一冊を読みきったのは久しぶりの体験だったかもしれない。 首相が衆人環視のなか暗殺され、その犯... もっと読む

フィッシュストーリー (新潮文庫)

18648
3.61
伊坂幸太郎 2009年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ポテチを電車の中で読んで泣きそうになってしまった。ただボールが遠くに飛んだだけだけれど、何かすっきりした。 もっと読む

砂漠 (新潮文庫)

18016
4.01
伊坂幸太郎 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

別の本を読んでる途中だったんだけど、些細なきっかけから久しぶりに読み始めたら止まらず、最後まで一気に読んでしまいました。 社会を砂漠に例えて、「砂漠を語... もっと読む

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)

14682
3.91
伊坂幸太郎 2009年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱりシリーズ物は読めば読むほど好きになる。 もっと読む

ゴールデンスランバー

13740
4.05
伊坂幸太郎 2007年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

首相暗殺の濡れ衣を着させられるというありえない設定だったが、逃げ通す展開はスピード感があり、続きが気になり一気に読めた。いろいろな人に助けられ、ギリギリな... もっと読む

モダンタイムス(上) (講談社文庫)

12154
3.66
伊坂幸太郎 2011年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりにわくわくぞくぞくしながら読み進めた。 主人公は多忙なシステムエンジニア、その異常なほど嫉妬深い妻、妻に送り込まれた刺客、井坂好太郎という胡散臭... もっと読む

重力ピエロ

11725
3.83
伊坂幸太郎 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伊坂幸太郎が「家族愛」を描くとこうなる、という作品。 誰1人作中人物は泣いたりしないし、自分を不幸と思っている人間もいない。 相変わらず軽快なストーリ... もっと読む

モダンタイムス(下) (講談社文庫)

11130
3.69
伊坂幸太郎 2011年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伊坂さんの作品の中で一番好きかも。 全体の感想はうまくまとめられないので、とりあえずひとつだけ。 最後のシーンがすごくいい。 「勇気は彼女が持っている。... もっと読む

マリアビートル (角川文庫)

8686
4.06
伊坂幸太郎 2013年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伊坂さんの物語の魅力は何といっても登場人物の造形にある。 独特の世界観に加え、登場するひとりひとりが本当に活かされてる。 「グラスホッパー」の続編というこ... もっと読む

オー!ファーザー (新潮文庫)

8416
3.82
伊坂幸太郎 2013年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4人の父が居る由紀夫。 ①鷹、ギャンブラー。チンピラ風。 ②葵、居酒屋経営。イケメン。女性好き。 ③勲、中学教師。格闘技やスポーツが得意。 ④... もっと読む
全394アイテム中 1 - 20件を表示

伊坂幸太郎に関連する談話室の質問

伊坂幸太郎に関連するまとめ

ツイートする