伊藤亜紗のおすすめランキング

プロフィール

東京大学大学院人文社会系研究科美学芸術学専門分野博士課程修了(文学博士)。専門は美学、現代アート。
現在、東京工業大学科学技術創成研究院未来の人類研究センター長。リベラルアーツ研究教育院准教授。
主な著書に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社新書)、『目の見えないアスリートの身体論』(潮新書)、『どもる体』(医学書院)、『記憶する体』(春秋社)、『手の倫理』(講談社)などがある。

「2021年 『ヴァレリー 芸術と身体の哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤亜紗のおすすめランキングのアイテム一覧

伊藤亜紗のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)』や『みえるとか みえないとか』や『どもる体 (シリーズ ケアをひらく)』など伊藤亜紗の全37作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)

2249
3.93
伊藤亜紗 2015年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読もう読もうと思って積読していたらあるとき小谷野敦さんのレビューを見つけてがっかり。 ユクスキュルの「生物から見た世界」とは別物というのだ。 ぱらっと... もっと読む

みえるとか みえないとか

1220
4.39
ヨシタケシンスケ 2018年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【あらすじ】 宇宙飛行士のぼくが降り立ったのは、なんと目が3つあるひとの星。普通にしているだけなのに、「後ろが見えないなんてかわいそう」とか「後ろが見えな... もっと読む

どもる体 (シリーズ ケアをひらく)

493
4.18
伊藤亜紗 2018年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

荻上チキのラジオで紹介されていたのがもう何年か前で、いつか読もうと気になっていたものが遂に手に取ることができた。漠然と言葉が連発したり、詰まったりすること... もっと読む

記憶する体

424
3.86
伊藤亜紗 2019年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フィクションの世界で幻肢痛という言葉を見聞きしたものの、それがどういったものかもよく知りませんでした。この本の中でエピソードのひとつとして詳しく紹介されて... もっと読む

手の倫理 (講談社選書メチエ)

313
4.34
伊藤亜紗 2020年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「さわる」と「ふれる」の違いから、かつては感覚の中で劣っているとされた触覚を、信頼・コミュニケーション・共鳴の章を立てながら展開していく。 冒頭から... もっと読む

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)

223
3.83
伊藤亜紗 電子書籍 2015年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふと思い立ち、2年ぶりに再読しました。 現代の私たちは、あまりにも視覚に頼りすぎているー。 視覚以外の世界もあっていいはずですが、それらを見逃してはいな... もっと読む

情報環世界――身体とAIの間であそぶガイドブック

133
3.92
渡邊淳司 2019年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ユクスキュルの唱えた「環世界」の考え方を現代の情報を取り巻く世界に援用し、多様な研究者の観点で議論するプロセスを味わう本。 もっと読む

見えないスポーツ図鑑

117
3.57
伊藤亜紗 2020年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スポーツの臨場感を視覚障害の人に伝えるにはどうしたら良いのか。 専門家を呼び、その競技の特性を考えながら身の回りの道具を使いながら近い感覚を探ってい... もっと読む

文学ムック ことばと vol.1

105
3.50
千葉雅也 2020年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

千葉雅也「マジックミラー」 ハッテン場をめぐる短編小説。語り手は忘却と記憶の狭間にいて、手のひらからこぼれおちていく思い出という水を、忘れるまいとしている... もっと読む

潮新書 目の見えないアスリートの身体論 なぜ視覚なしでプレイできるのか

99
3.52
伊藤亜紗 2016年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。 ↓ http://sommelierofbooks.com/politics/blinda... もっと読む

わたしの身体はままならない: 〈障害者のリアルに迫るゼミ〉特別講義

95
4.00
熊谷晋一郎 2020年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近読んだ中でいちばん面白い。 障害者がテーマだが、なにが障害なのかということについて考えさせられる。何度も繰り返し読みたい。 もっと読む

アナザーユートピア: 「オープンスペース」から都市を考える

63
3.00
槇文彦 2019年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】 https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/522946 もっと読む

ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖

59
4.00
伊藤亜紗 2013年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

○以下引用 詩的な感じは、言語手段とは全く異なる手段、たとえば覚書や音楽といった手段によっても喚起されうる 公に向けて書くことは読者を意識して... もっと読む

早稲田文学増刊U30

36
4.50
小林里々子 2010年2月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

入間さんの短編目当てで購入。 もっと読む

母の友 2017年11月号 特別企画「こどもに聞かせる一日一話」

17
3.67
梨木香歩 雑誌 2017年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

11月号は毎度おなじみの 「こどもに聴かせる一日一話」号です。 そして特別記事は 「ラジオが大好き」です。 わたしも昔はよく ラジオを聞いていたのです... もっと読む
全37アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×