伊藤整のおすすめランキング

伊藤整のおすすめランキングのアイテム一覧

伊藤整のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『犬 (中公文庫)』や『近代日本人の発想の諸形式 他四篇 (岩波文庫 緑 96-1)』や『犬―クラフト・エヴィング商会プレゼンツ』など伊藤整の全531作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

犬 (中公文庫)

146
3.73
幸田文 2009年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

犬に関わるアンソロジー。 伊藤整、川端康成、幸田文、志賀直哉、林芙美子ら錚々たる面々の、犬をめぐる随想や小説。 昔の犬が、ほぼ放し飼いにされており、残飯... もっと読む

犬―クラフト・エヴィング商会プレゼンツ

116
3.35
阿部知二 2004年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつか、 いつかは読んでみたい、と願っていた 林芙美子や、伊藤整。 (いつか、なんて待っててもやってきませんよ。 読むなら、今っ。) と、ば... もっと読む

近代日本の文学史

91
4.33
伊藤整 2012年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数ページずつ、行きつ戻りつして読んだ。坪内逍遥、二葉亭四迷あたりが出てきたあたりが面白いなぁ。学生の時から読むの何度目? もっと読む

変容 (岩波文庫)

73
3.60
伊藤整 2002年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の周りの落ち着いた大人も、実は…などと薄ら寒くなる。老年って、こんなにもエネルギーや葛藤を持っているものなんだなあ。過去に置いてきた後悔を受け入れる諦... もっと読む

小説の方法 (岩波文庫)

68
3.67
伊藤整 2006年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神になりかわり、おのが時代の精神的秩序を構築しようとするエゴと それに対する恥の意識から、抑制、解体をおこなう意思があって ヨーロッパにおける近代小説... もっと読む

若い詩人の肖像 (講談社文芸文庫)

53
3.83
伊藤整 1998年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

叔母と一緒にいる時にこの本を出して読もうとしたら、「伊藤整の代表作って何?」と問われて困ってしまった。 伊藤整の名前は有名だし、学校で習う人物なのに代表... もっと読む

水 (百年文庫)

44
3.70
伊藤整 2011年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全体的に面白かった。「生物祭」はちょっと…濃厚過ぎて合わない部分もあったけど、3編ともに面白かった。やはり日本作家の物語がいいと実感した。 伊藤整 「... もっと読む

改訂 文学入門 (講談社文芸文庫)

43
4.20
伊藤整 2004年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書かれたのは半生記前と少し古いが、必要なことはしっかり書かれている。もはや文学における現在の問題或いは壁というようなものは共有されていない。まだ、それらが... もっと読む

女霊は誘う 文豪怪談傑作選・昭和篇 (ちくま文庫)

42
3.40
永井荷風 2011年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

巻末の編者解説によると、この巻の目玉はアンソロジーで取り上げられ難いとされる中篇作品をふんだんに盛り込んだ点にあるようだが、僕にとっての目玉は永井荷風の「... もっと読む

小説の認識 (岩波文庫)

36
3.67
伊藤整 2006年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説の方法より詳しい。 もっと読む

氾濫 (新潮文庫 い 9-3)

35
3.38
伊藤整 1990年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは今幸せですか? お金で幸せが買えると思いますか? もしあなたが12億円を手に入れたらどうしますか? なにもいわないで ちょ~だい♪ ... もっと読む

典子の生きかた (新潮文庫 い 9-2)

32
3.55
伊藤整 1965年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

センター試験にも使われたことのあるお話。センター試験に抜粋された部分を読むだけでは、1リットルの涙や美丘のようなお話なのかと思ったが見事に裏切られた。正直... もっと読む

続・酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)

27
3.60
永井龍男 2013年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回は、やや物足りず。 酔っ払い、というタイトルなのだが、かなり固い話が多く、 (酔っ払いが嫌い、という話まである) 豪快な酒の楽しみ・苦しみの話が... もっと読む

青春 (新潮文庫 い 9-6)

26
3.13
伊藤整 1960年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

親父の本棚シリーズ。夏目漱石の「こころ」を彷彿とさせる青春ウジウジ心境系だが、やはりそこまでは至らず。昔の二十歳ってこんなに難しいこと考えてたのかな…しか... もっと読む

雪明りの路 (愛蔵版詩集シリーズ)

24
3.70
伊藤整 2006年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1926年(大正15年)。 小樽出身の作家・文芸評論家、伊藤整の処女詩集。正直なところ、詩としては題材も表現も素朴すぎるように思うが、22歳のときの若書... もっと読む
全531アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする