会田雄次のおすすめランキング

プロフィール

一九一六年(大正五)京都府に生まれる。四〇年(昭和十五)、京都帝国大学史学科卒業。四三年(昭和十八)に応召、ビルマ戦線に送られ、戦後二年間、英軍捕虜としてラングーンに抑留された。帰国後、神戸大学、京都大学(人文科学研究所)をへて、京都大学名誉教授。専攻はイタリア・ルネサンス史。著書は『アーロン収容所』『ルネサンスの美術と社会』『ミケランジェロ』『ヨーロッパ・ヒューマニズムの限界』『合理主義』『日本文化への直言』『日本人の意識構造』『事実と幻想』、編著に『マキアヴェリ』(『世界の名著』16)、共著に『近代への序曲』(『世界の歴史』7)などがある。九七年(平成九)、逝去。

「2018年 『アーロン収容所 改版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

会田雄次のおすすめランキングのアイテム一覧

会田雄次のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アーロン収容所 (中公文庫)』や『アーロン収容所―西欧ヒューマニズムの限界 (中公新書 (3))』や『敗者の条件 (中公文庫)』など会田雄次の全208作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アーロン収容所 (中公文庫)

365
3.77
会田雄次 1973年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本書は、終戦直後から昭和22年5月までの1年9ヶ月間ビルマにおける英軍捕虜として強制労働に服せられた会田雄次氏の回顧録である。西欧ヨーロッパ、英国がヒュ... もっと読む

アーロン収容所―西欧ヒューマニズムの限界 (中公新書 (3))

236
3.81
会田雄次 1962年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本来はなんてことない職業の人なのに 収容所での盗みの才能があるもの 軍では偉いひとなのに 収容所では大したことない人 才能や能力なんて 場に... もっと読む

敗者の条件 (中公文庫)

164
3.54
会田雄次 2007年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大東亜戦争敗戦直後のビルマでイギリス人中尉がこう語った。「ジャップは、死ぬことを、とくに天皇のために死ぬことをなんとも思っていない。おれたちは、ジャップの... もっと読む

日本人の意識構造 (講談社現代新書)

144
3.20
会田雄次 1972年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人の意識構造の特徴は ・うつ向き姿勢(危険に背を向けてうずくまる防御姿勢) ・背後主義(敵と正面向かって対峙しない) ・内側に敵を求める意識 ... もっと読む

決断の条件 (新潮選書)

77
3.67
会田雄次 1975年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでいると恩師に説教されている感覚になってしまったが, それはそれで心地よいものだった。 もっと読む

決断の条件 (新潮選書)

67
3.10
会田雄次 2013年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分では一世一代の決断をしたつもりでも、その多くは単なる「思いつき」や「苦しまぎれ」などから下されたものに過ぎない -- 。マキァヴェリ、韓非子、孫子など... もっと読む

世界の歴史〈12〉ルネサンス (河出文庫)

40
3.00
会田雄次 1989年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

それにしても何で宗教改革はあんなに大成功だったのか?旧教の腐敗がそれほどひどかったのか?新教の教義がそれほど素晴らしかったのか?いや違うな。対立することそ... もっと読む

アーロン収容所 改版 - 西欧ヒューマニズムの限界 (中公新書)

40
4.60
会田雄次 2018年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若い頃に何度か読んでは挫けた一冊である。その後、何冊もの書籍で引用されていることを知った。竹山道雄も本書に触れていたので直ちに読んだ。やはり読書には季節が... もっと読む

日本人の生き方 (講談社学術文庫 47)

21
3.25
会田雄次 1976年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古い本だけど・・・。 短くてすぐ読めた。 もっと読む

敗者の条件―戦国時代を考える (中公新書 (62))

20
3.33
会田雄次 1965年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

競争社会の話。 戦国時代をヨーロッパのような 生き馬の目を・・・の社会。 2015.03.31 2回目読了。 織田信雄、斎藤道三 もっと読む

1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

20
3.00
三島由紀夫 2014年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京オリンピック当時の文化人の新聞記事などを編集したもの。三島由紀夫の記事が最も多く五輪礼賛、熱い。 批判的な論を展開する人の気持ちも、またわかる。 もっと読む

新選 日本人の忘れもの (PHP文庫)

12
3.00
会田雄次 2002年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で借りて読んだ。(新選では無い方) 石原明先生の推薦図書に有ったので読んでみた。 この本が出版された1972年頃と現在とでも人間の持つ悩み、問題が基... もっと読む

歴史を変えた決断の瞬間 (PHP文庫)

10
3.00
会田雄次 2004年5月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1人の人物が下した決断によって歴史が変わることは珍しくはない。勝海舟、織田信長、平清盛ら9人のそれぞれの情勢と決断、その結果などを紹介する。 もっと読む

アーロン収容所再訪 (中公文庫)

10
3.20
会田雄次 1988年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後2年間抑留された筆者のビルマ再訪問記 もっと読む
全208アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする