似鳥鶏のおすすめランキング

プロフィール

似鳥 鶏(にたどり けい)
1981年生まれ、千葉県出身の小説家・推理作家。男性。千葉大学教育学部卒業。北海道大学法科大学院在学中の2006年、『理由(わけ)あって冬に出る』で第16回鮎川哲也賞に佳作入選し、2007年に同作品で小説家デビュー。
2012年の『戦力外捜査官』が代表作。本作はシリーズ化し、武井咲主演でドラマ化された。

似鳥鶏の関連サイト

似鳥鶏のおすすめランキングのアイテム一覧

似鳥鶏のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『この部屋で君と (新潮文庫nex)』や『理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)』や『午後からはワニ日和 (文春文庫)』など似鳥鶏の全168作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

この部屋で君と (新潮文庫nex)

1355
3.36
朝井リョウ 2014年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新潮文庫の次世代ラインナップ「新潮文庫nex」。若者向けなのかな?今人気の作家さん達による同居をテーマにしたアンソロジー。表紙も可愛いし、帯がメタリックで... もっと読む

理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)

1341
3.34
似鳥鶏 2007年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前、アンソロジーで初めて読んだ似鳥鶏さん。このシリーズの表紙のイラストに惹かれ、既存のシリーズ6冊を一気に大人買いしてしまった。 新刊で大人買いしたの... もっと読む

午後からはワニ日和 (文春文庫)

971
3.60
似鳥鶏 2012年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

動物園を舞台にした物語。ある日、「怪盗ソロモン」を名乗る人物にイリエワニを盗まれた。希少動物というわけでもないワニを盗んだ犯人と理由は? 動物園の飼育員... もっと読む

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から (幻冬舎文庫)

929
3.30
似鳥鶏 2013年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

つっこみ処満載です。 第1話、被害者の犯行現場への足取りが不明としていたのに犯人が指摘されると乗せたバス運転手がすぐに判明。警察っってそんなに無能?それ... もっと読む

さよならの次にくる <卒業式編> (創元推理文庫)

729
3.57
似鳥鶏 2009年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ2冊目。4つの話が収録されている。 葉山くんの小学生の時の話、女子校の絡んだ話、庭園とお姉さんと猫の話、そして伊神さんの卒業の話。今回もこれとい... もっと読む

放課後探偵団 (書き下ろし学園ミステリ・アンソロジー) (創元推理文庫)

700
3.64
相沢沙呼 2010年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新鋭作家たちによる学園ミステリーアンソロジー 個人的に好きなのは『ボールがない』 なくなったボールが見つかるまで居残りをさせられている野球部が推理によっ... もっと読む

さよならの次にくる<新学期編> (創元推理文庫)

695
3.91
似鳥鶏 2009年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

卒業式編の続き。葉山くんは進級し、新入生の佐藤さん知り合い、ストーカーに狙われている佐藤さんを助ける事になる。 普通の日常の謎解きと思いきや、だんだんと... もっと読む

まもなく電車が出現します (創元推理文庫)

691
3.68
似鳥鶏 2011年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ3作目。5つの話からなる短編集。葉山くんの一年生の冬から二年生の夏くらいまでのお話。 どれも些細な謎解きなのだが、しょうもな…とならないのは文章... もっと読む

ダチョウは軽車両に該当します (文春文庫)

670
3.57
似鳥鶏 2013年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

動物園シリーズ第二弾。 マラソン大会でいきなりダチョウが走ってくる所から始まる。どんな展開だよ!と思いながら読み始めた本作だったが、意外にも結末は重かっ... もっと読む

いわゆる天使の文化祭 (創元推理文庫)

617
3.62
似鳥鶏 2011年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ4作目。今回は文化祭が間近に迫った“市立”を舞台にした長編。 今回もまんまと騙された。まさか、二重に騙されていようとは…怪しい人達がたくさん出て... もっと読む

迷いアルパカ拾いました (文春文庫)

551
3.51
似鳥鶏 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

動物園シリーズ第三弾。 今度はいきなりアルパカが道端に現れ保護する所から始まり、動物の芸能プロダクションに就職した七森さんの友人が失踪したりして、動物絡... もっと読む

昨日まで不思議の校舎 (創元推理文庫)

489
3.78
似鳥鶏 2013年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

事件にまきこまれすぎというフィクションにありがちな設定を謎につなげてる。面白かった。 もっと読む

戦力外捜査官 姫デカ・海月千波

428
3.50
似鳥鶏 2012年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カラフルで可愛らしい表紙とは裏腹に本編はなかなかにシビアな展開をします。 実際に日本で起こった重大事件を思い起こさせる内容も書かれているので、 空想の話... もっと読む

戦力外捜査官 姫デカ・海月千波 (河出文庫)

412
3.51
似鳥鶏 2013年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018/7/19~7/20 警視庁捜査一課に着任したドジッ娘メガネ美少女警部・海月千波は、周囲の期待を裏切る捜査能力の低さで、配属から2日で戦力外... もっと読む

レジまでの推理 本屋さんの名探偵

404
3.54
似鳥鶏 2016年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書店員のお仕事模様がリアルで興味深く、それと物語と謎がすんなりと馴染んでいるところも良かった。最終話のトリックにはすっかり騙された。手書きポップをつけた本... もっと読む

シャーロック・ホームズの不均衡 (講談社タイガ)

307
3.31
似鳥鶏 2015年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本格推理小説ではしばしば「出来過ぎた舞台設定」による大掛かりなトリックが登場しますが、犯人がその舞台設定を作るべくして作る、そのための理由付けを探した結... もっと読む

家庭用事件 (創元推理文庫)

264
3.77
似鳥鶏 2016年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映研とパソ研の契約書の怪、弓道部の的枠紛失、葉山家の不可解な停電、昔のライブ映像紛失、聴覚障害を抱える友人の姉がひったくりに返される話。葉山や伊神以外の、... もっと読む

神様の値段: 戦力外捜査官2

263
3.61
似鳥鶏 2013年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

設楽さんと千波ちゃん、刑事部長は相変わらず面白いが、私は公安の三浦さんのファンになりました。意地悪というか、お堅いというか、あまりいいイメージのない公安捜... もっと読む

彼女の色に届くまで

242
3.66
似鳥鶏 2017年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは良かった。「謎解き+美術+青春」という三つの要素が実にうまく絡み合っていて、読みごたえがある。三要素それぞれが、皆きっちり構成されていて引きつけられ... もっと読む

レジまでの推理: 本屋さんの名探偵 (光文社文庫)

238
3.78
似鳥鶏 2018年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元書店員として読まずにいられない… 本屋さん舞台の日常の謎 魅力的で偏屈でミステリアスな女性店長とか、色々ツボ 一見謎とも思われなそうな、7冊の本のタイ... もっと読む
全168アイテム中 1 - 20件を表示

似鳥鶏に関連する談話室の質問

ツイートする