佐々木寛のおすすめランキング

プロフィール

1994年九州大学工学部卒業。1996年九州大学大学院工学研究科修了。学生時代にレストラン/ホテル/ダイニングバー/居酒屋等、様々なサービス業に従事。1996年、三菱自動車工業㈱にエンジニアとして入社。自動車の駆動系研究業務に従事、1999年に退職。本籍地の福岡に戻り、福岡の食品会社「福太郎」グループのレストラン事業会社「福太郎天神テルラ株式会社」に入社。本望のレストラン事業に携わる。開業後、3年以上赤字だったダイニングレストランに配属。マネージャーとして店舗を3ヶ月で黒字化。その後、他店舗(カフェレストラン・居酒屋・日本料理店・バンケットホール)を1年で黒字化、レストラン事業の総支配人に就任。2004年11月、福岡市郊外にリニューアルオープンした「湧水 千石の郷」の立ち上げ責任者として携わる。千石の郷内の自然食ブッフェが話題に。さらに2005年12月、筑紫野市郊外に「筑紫野 天拝の郷」をリニューアルオープン、こちらも連日1~3時間待ちが発生するレストランが話題になる。現在、天拝の郷株式会社取締役副社長。商工会議所の諸団体や経営者向けスクール等からの講演依頼多数。

「2020年 『行列ができる お店・人・仕組みづくり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木寛のおすすめランキングのアイテム一覧

佐々木寛のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『レーナの日記』や『デモクラシーと世界秩序―地球市民の政治学 (叢書「世界認識の最前線」)』や『ミハイル・バフチン全著作 第1巻 芸術と責任,行為の哲学によせて,美的活動における作者と主人公 他』など佐々木寛の全38作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

レーナの日記

60
4.00

感想・レビュー

当時のレニングラードではあまりの食糧不足に、革靴を煮たとか壁紙を剥いでその糊をなめたとかそんな話しを読んだ覚えがあったので、この日記にはもちろん量とか頻度... もっと読む

グローバルな市民社会に向かって

14
3.33
石田淳 2001年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ウォルツァーの論考を筆頭にして、読み応えのある論考が多く、市民社会というものの考え方にとても有効だという気がします もっと読む

ミハイル・バフチン全著作〈第5巻〉小説における時間と時空間の諸形式 他―一九三〇年代以降の小説ジャンル論

13
3.00

感想・レビュー

[ 内容 ] ギリシア小説からラブレー、そして近代にいたるヨーロッパ小説の諸ジャンルを分析し、作品に芸術的統一を与える「時空間」の形式をあきらかにした論... もっと読む

作者と主人公 (ミハイル・バフチン著作集 2)

13
4.00

感想・レビュー

とても勉強になった。芸術とは他者の外的視点を通して自己の内面を見つめることで「自己想像」と「他者想像」の差異を埋めるものであり、共体験するこので生を描写す... もっと読む

南からの世界史 北に覆われた南の浮き沈み

13
3.00
佐々木寛 2012年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB09743810 もっと読む

戦争と権力―国家、軍事紛争と国際システム

11
2.67

感想・レビュー

軍事テクノロジーの変化は新たな技術に順応しようとするための一連の社会的条件と圧力から生じる。 兵器における革命は戦争条件のいかなる付随的変化とも進行して... もっと読む

ミハイル・バフチン全著作〈第2巻〉「フロイト主義」「文芸学の形式的方法」他―一九二〇年代後半のバフチン・サークルの著作〈1〉

9
4.00

感想・レビュー

[ 内容 ] タルトゥ派のイワーノフによって、バフチン思想全体の理解のために“不可欠”と評された「フロイト主義」(ヴォローシノフ)、“サークル”の最初の... もっと読む
全38アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×