佐々木譲のおすすめランキング

プロフィール

一九五〇年三月、北海道生まれ。七九年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。九〇年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。二〇〇二年『武揚伝』で新田次郎文学賞を、一〇年『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。他に『ベルリン飛行指令』『疾駆する夢』『昭南島に蘭ありや』『警官の血』『代官山コールドケース』『獅子の城塞』『犬の掟』など著書多数。

「2017年 『武揚伝 決定版(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木譲のおすすめランキングのアイテム一覧

佐々木譲のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『笑う警官 (ハルキ文庫)』や『警官の血〈上〉 (新潮文庫)』や『警察庁から来た男 (ハルキ文庫)』など佐々木譲の全414作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

笑う警官 (ハルキ文庫)

3149
3.54
佐々木譲 2007年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実はテレビで観ました。ところがなんだか変な感じで原作は一体どんな内容なのか?と思って読んでみたら、これが面白かった! こんな面白い話がどうしてあのような... もっと読む

警官の血〈上〉 (新潮文庫)

1706
3.89
佐々木譲 2009年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

書き手の懐の深さみたいなのがもうバンバン 来ます。いやジャンジャンかな。ギャンギャンか? もういっそ来ないです。おもそろかったです。 もっと読む

警察庁から来た男 (ハルキ文庫)

1676
3.68
佐々木譲 2008年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

終わり方が最高だった。すごいドキドキ感がたまらない。 もっと読む

警官の血〈下〉 (新潮文庫)

1493
3.91
佐々木譲 2009年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

グイグイ読んでしまいました。初代・清二の断ち切られた志。二代・民雄を蝕み続けた任務。そして、三代・和也が拓く新たな道。と書かれていたPOPに偽り無しでした... もっと読む

制服捜査 (新潮文庫)

1197
3.78
佐々木譲 2009年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

駐在さんと呼ばれる警察官を通じて描く、街や人の風景。淡々とした日常を鋭い視線でえぐっていく感じがたまらん。次作も楽しみですね♪ もっと読む

廃墟に乞う (文春文庫)

1165
3.24
佐々木譲 2012年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お酒を飲みつつ読みはじめたら、この1冊を読む間に何度も寝そうになり、頭をシャンとさせてから翌日読み直す✖️3回ぐらいで、思いのほか読了までに日数を要しまし... もっと読む

警官の紋章 (ハルキ文庫)

1092
3.57
佐々木譲 2010年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 笑う警官(「歌う警官」改題)に始まる道警シリーズも三作目となる。常に道警内部の黒い霧に立ち向かう正義派の警察官たちが、まるで不良職員のように片隅の部署に... もっと読む

廃墟に乞う

910
3.21
佐々木譲 2009年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02079904&initFl... もっと読む

巡査の休日 (ハルキ文庫 さ 9-5)

796
3.53
佐々木譲 2011年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道警シリーズの第4弾。 これまでの道警シリーズとは少し違ってガッツリと重い物語ではない。 ストーカーされていた女性・香里を護衛していた小島百合の活躍で逮捕... もっと読む

警官の血 上巻

723
3.78
佐々木譲 2007年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長編にしては 3部作の趣で読みやすい。 下巻に続く もっと読む

警官の血 下巻

641
3.81
佐々木譲 2007年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

苦い読後感…… 下巻の後半は胸にこみあげるものがあって読み進めるのが苦しかった。三代目の和也の特命の緊張感と恋人との物語は胸が痛い。こんなに心をわし... もっと読む

暴雪圏 (新潮文庫)

613
3.54
佐々木譲 2011年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まずは、雪国って大変だ~と。いや、本心で。 いろんな事件が同時進行で、登場人物が次々出てくるしで、少々混乱しながら読んだ。なるほど最後こんなふうにリンク... もっと読む

ユニット (文春文庫)

599
3.58
佐々木譲 2005年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふう・・ 手に汗握るってこういうこと。 もっと読む

エトロフ発緊急電 (新潮文庫)

566
3.95
佐々木譲 1994年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まず、凄い長編だった。佐々木さんの本は警察小説しか読んだことがなく、ストーリーの重厚さ故背景の説明が長くなってしまうのは仕方がないのだが…。 主人公がヒロ... もっと読む

警官の条件

557
3.69
佐々木譲 2011年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「警官の血」の続編。 ただし、親子三代にわたる警官の物語だった前作とはスケールは違い、三代目の部分の続きです。 安城和也は、祖父も父も警官だった。... もっと読む

ベルリン飛行指令 (新潮文庫)

514
3.95
佐々木譲 1993年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々に寝食忘れて読んでしまった。 佐々木譲さんの第二次大戦3部作の第1作目だったようだ。「エトロフ~」を先に読んでしまっていた。順番通り読んでいたら、「エ... もっと読む

密売人 (ハルキ文庫 さ 9-6)

471
3.79
佐々木譲 2013年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

十月下旬の北海道で、ほぼ同時期に三つの死体が発見された。函館で転落死体、釧路で溺死体、小樽で焼死体。それぞれ事件性があると判断され、津久井卓は小樽の事件を... もっと読む

巡査の休日

451
3.42
佐々木譲 2009年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作「警官の紋章」の事件のすぐ後から、1年半飛んだ時期のある一週間の話。 刑事の日々の仕事を通して、今まで気になっていた事件に新しい事件も加わって... もっと読む

警官の紋章

444
3.55
佐々木譲 2008年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道警シリーズ3作目。面白かった。ワクワクして先を読みたいのに、何かきちんと読まないと読み逃してしまうので一字いちじをきちんと読みたいし。結局、あっという間... もっと読む

密売人

424
3.50
佐々木譲 2011年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一般に想像しがちな”密売品”とストーリーの違いに、シンプルなタイトルの妙を感じさせてもらった。 もっと読む
全414アイテム中 1 - 20件を表示

佐々木譲に関連する談話室の質問

ツイートする