佐々木譲のおすすめランキング

プロフィール

1950年北海道生れ。「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞、『エトロフ発緊急電』で山本周五郎賞ほか二賞、『武揚伝』で新田次郎文学賞、『廃墟に乞う』で直木賞、2016年に日本ミステリー文学大賞を受賞。

「2020年 『降るがいい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木譲のおすすめランキングのアイテム一覧

佐々木譲のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『笑う警官 (ハルキ文庫)』や『警官の血 上 (新潮文庫)』や『警察庁から来た男 (ハルキ文庫)』など佐々木譲の全445作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

笑う警官 (ハルキ文庫)

3395
3.54
佐々木譲 2007年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道警シリーズ。テレビ化もされている作品です。警官殺しの容疑者として手配された津久井巡査部長の無実を晴らし、百条委員会に送り込む、しかも翌日の10時までと... もっと読む

警官の血 上 (新潮文庫)

1867
3.88
佐々木譲 2009年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

過酷な仕事で同情はするけど、それと家族に手を上げることは全く別の話。 自分の生活圏が舞台となるのは(あまり良くないシュチュエーションだとしても)読者意欲... もっと読む

警察庁から来た男 (ハルキ文庫)

1831
3.68
佐々木譲 2008年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

終わり方が最高だった。すごいドキドキ感がたまらない。 もっと読む

警官の血 下 (新潮文庫)

1633
3.92
佐々木譲 2009年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

グイグイ読んでしまいました。初代・清二の断ち切られた志。二代・民雄を蝕み続けた任務。そして、三代・和也が拓く新たな道。と書かれていたPOPに偽り無しでした... もっと読む

制服捜査 (新潮文庫)

1314
3.78
佐々木譲 2009年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

TVの2時間サスペンスなんかでは、スチュワーデスでも科捜研でも、刑事になって犯人捕まえてるけど、実際は警察官であっても駐在さんなんかは捜査できない訳ですね... もっと読む

廃墟に乞う (文春文庫)

1314
3.23
佐々木譲 2012年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H31.4.1 読了。  休職中の刑事の事件簿。連作短編集。格闘なし。銃撃戦なし。そのためか警察小説にしては、読んでいて物足りなさを感じた。 もっと読む

警官の紋章 (ハルキ文庫)

1203
3.57
佐々木譲 2010年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道警シリーズ3作目。警官の失踪、VIPの警護、過去のおとり捜査が同時進行。佐伯・津久井・小島が奔走します。それぞれの事件を通して、警官の紋章を着けた者の「... もっと読む

廃墟に乞う

954
3.20
佐々木譲 2009年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02079904&initFl... もっと読む

巡査の休日 (ハルキ文庫 さ 9-5)

896
3.54
佐々木譲 2011年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道警シリーズの第4弾。 これまでの道警シリーズとは少し違ってガッツリと重い物語ではない。 ストーカーされていた女性・香里を護衛していた小島百合の活躍で逮捕... もっと読む

暴雪圏 (新潮文庫)

674
3.54
佐々木譲 2011年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 前作「制服捜査」で登場した川久保篤巡査部長が再び活躍する。前作は連作短編という形だったが、本作は長編。シリーズものではあるが、本作単体でも十分に楽しめる... もっと読む

警官の血 下巻

664
3.81
佐々木譲 2007年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

苦い読後感…… 下巻の後半は胸にこみあげるものがあって読み進めるのが苦しかった。三代目の和也の特命の緊張感と恋人との物語は胸が痛い。こんなに心をわし... もっと読む

ユニット (文春文庫)

654
3.61
佐々木譲 2005年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった 少年犯罪と復讐劇とあったので、少年法に対する被害者尾復讐劇と思っていたら、ちょっと違ってました。 しかし、これはこれで楽しめました。 ... もっと読む

エトロフ発緊急電 (新潮文庫)

651
3.97
佐々木譲 1994年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 太平洋戦争開戦前の日本、アメリカ、択捉島を舞台に繰り広げられるスパイ小説。真珠湾攻撃に関する諜報活動を取り扱っている。実際の歴史の結末の制限がある中で、... もっと読む

ベルリン飛行指令 (新潮文庫)

597
3.96
佐々木譲 1993年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019/11/3読了。 先日再読したヒギンズの「鷲は舞い降りた」の直系の関連図書として再読。これもやはり一気読みの面白さ。 もっと読む

警官の条件

578
3.68

感想・レビュー

<あらすじ> 都内の麻薬取引ルートに、正体不明の勢力が参入している―。裏社会の変化に後手に回った警視庁では、若きエース安城和也警部も、潜入捜査中の刑事が殺... もっと読む

密売人 (ハルキ文庫 さ 9-6)

559
3.75
佐々木譲 2013年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道警シリーズ5作目。あれから5年。 道内の複数ヶ所で起った事件が、主人公たちが集まり情報を交換するうちに、意外な繋がりが見えてきます。巨大組織であるが故... もっと読む

警官の条件 (新潮文庫)

490
3.95
佐々木譲 2014年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「警官の血」の続編 親子三代警察官の三代目と元上司を中心に長いが早いテンポで話が進む 丸暴、麻薬が絡み、警察内の監視組織と命令で上司を売る 最後は警... もっと読む

巡査の休日

478
3.40
佐々木譲 2009年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作「警官の紋章」の事件のすぐ後から、1年半飛んだ時期のある一週間の話。 刑事の日々の仕事を通して、今まで気になっていた事件に新しい事件も加わって... もっと読む

警官の紋章

463
3.54
佐々木譲 2008年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道警シリーズ3作目。面白かった。ワクワクして先を読みたいのに、何かきちんと読まないと読み逃してしまうので一字いちじをきちんと読みたいし。結局、あっという間... もっと読む
全445アイテム中 1 - 20件を表示

佐々木譲に関連する談話室の質問

ツイートする
×