佐藤哲也のおすすめランキング

プロフィール

佐藤哲也(さとう てつや) 京都工芸繊維大学教授。京都工芸繊維大学院工芸科学研究科修了。繊維科学、色彩工学、感覚工学を専門として、繊維と色彩と人間の関係などをテーマに、幅広い研究を行っている。日本繊維製品消費科学会、繊維学会、日本色彩学会などに所属。

「2016年 『ふくはなにからできてるの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤哲也のおすすめランキングのアイテム一覧

佐藤哲也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ぬかるんでから (文春文庫)』や『イラハイ (新潮文庫)』や『シンドローム (ボクラノSFシリーズ)』など佐藤哲也の全52作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ぬかるんでから (文春文庫)

224
3.35
佐藤哲也 2007年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この小説は感じる面白さじゃないか、と思います。ストーリーを楽しむのではなくて、空気感を楽しむ作品。ユーモアというか、コントのような雰囲気を強く感じました。... もっと読む

イラハイ (新潮文庫)

176
3.32
佐藤哲也 1996年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聖書に似ている。と言うと語弊があるけれど、夢の話みたいに荒唐無稽で適当な話を真面目に書き上げた冗談みたいな本。 伊坂さんがオススメしていなかったら手に取... もっと読む

シンドローム (ボクラノSFシリーズ)

156
3.66
佐藤哲也 2015年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SF的な始まりしながら実際にSF的要素が出てくるのは後半からである。その間は一体なにが書かれているのか? それは主人公のぼくが後ろの席の女の子、久保田との... もっと読む

熱帯

146
3.10
佐藤哲也 2004年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでる途中はわけわからんかった しかし読み終わってみると 面白かったのかもしれないと思うこの不思議さよ もっと読む

森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー

144
3.00
森見登美彦 2019年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恩田陸を目当てに購入。 全体的にはうーん。普通かなぁ。 文庫本だったから満足だったかも。 もっと読む

未来を予測する技術 (ソフトバンク新書 46)

119
3.08
佐藤哲也 2007年8月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

via すだち師匠。 シミュレーションそのものの話よりも、おそらくはワザとエキセントリックに書いてあるところも含めて、終章の熱い語り口が良かった。 名... もっと読む

ふくはなにからできてるの? (福音館の科学シリーズ)

100
3.65
佐藤哲也 2016年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み聞かせ。10分。せんいの話をわかりやすく丁寧に。可愛らしい絵で読みやすい。後半の説明的なところは少し飽きるかも。高学年。家庭科にあわせて。 もっと読む

妻の帝国 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

60
3.19
佐藤哲也 2002年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民衆細胞と個別分子のどっちなのかが気になってくる。なんかそればっかりだし。空気を読めれば民衆細胞になってなんかみんな雰囲気で全部分かるけど、空気が読めない... もっと読む

ぬかるんでから

58
3.54
佐藤哲也 2001年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現実から離れた奇妙な話ばかりなのに、小市民の悲哀を感じる短編集。ちいさくちいさく暮らしてるのに否応なく不条理な目にあわされる。主人公が、背中を丸めて目立た... もっと読む

下りの船 (想像力の文学)

46
3.73
佐藤哲也 2009年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地球から見知らぬ土地へ、訳も分からないまま移民として送られた人々と、その土地の人々の貧しい生活。 罪の無い人たちが故郷を追われ、迫害され、殺されていく、た... もっと読む

異国伝

40
3.43
佐藤哲也 2003年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私の評価基準 ☆☆☆☆☆ 最高 すごくおもしろい ぜひおすすめ 保存版 ☆☆☆☆ すごくおもしろい おすすめ 再読するかも ☆☆☆ ... もっと読む

イラハイ

39
3.00
佐藤哲也 1993年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

う~ん。 判断の難しい本だ。 もっと読む

奈落 ホラー・アンソロジー (集英社文庫)

28
2.67
佐々木譲 1995年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

佐々木譲など8名の作者の短編を集めたホラー・アンソロジー。いろいろな文調が見られますが、読みにくい作者もありますね。慣れていない作者、ってのもあると思いま... もっと読む

サラミス

27
3.44
佐藤哲也 2005年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言わずと知れた、ペルシア戦争中の一大イベント、サラミスの海戦の話。塩野七生がローマ人と比較してさんざんけなしていたギリシア人の内紛好きを、佐藤哲也はあます... もっと読む

沢蟹まけると意志の力

24
3.33
佐藤哲也 1996年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安倍ちゃんが演説で「意思の力」なんて言い出すから、思い出したらすごく読みたくなってアマゾンで探しちゃったじゃん。 特撮ヒーロー番組からホメロス、推理小説... もっと読む

ノベル氏

14
4.67
佐藤哲也 電子書籍 2011年6月30日 パブーで見る パブー ¥ 500

感想・レビュー

芋づる式につながるインタビュー、果てなく続く官僚の不作為とダメ政策、次々に暴かれる裏事情、歴史を動かす奇怪な宗教文書、異星人の人権問題から意外なエイリアン... もっと読む
植民惑星をエイリアンが侵略。通報を受けた地球連邦政府は調査団を派遣する。彼らがそこで見たものは。人類世界を震撼させたナウ... もっと読む

先端巨大科学で探る地球

10
3.00
金田義行 2008年6月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

JAMSTECの研究者3人がちきゅう、DONET、地球シミュレーターといったプロジェクトを紹介し、最後に東大の鳥海先生がそれらのシステム科学的位置付けをま... もっと読む

アニシカ王

7
1.00
佐藤哲也 電子書籍 2011年9月2日 パブーで見る パブー 無料

感想・レビュー

どうでもいい細部の描写が細かいのが笑える。 もっと読む
その昔、とあるところにそれは小さな国があった。あまりにも小さいので地図に載ったことがなかったし、旅行者向けの案内書にも載... もっと読む
全52アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする