佐藤春夫のおすすめランキング

プロフィール

さとう・はるお
1892(明治25年)~ 1964(昭和39年)、日本の小説家、詩人。
中学時代から「明星」「趣味」などに歌を投稿。
中学卒業後、上京して生田長江、堀口大學と交わる。
大正2年、慶応義塾を中退、
大正6年、「西班牙犬の家」「病める薔薇」を発表し、
作家として出発。
「田園の憂鬱」「お絹とその兄弟」「都会の憂鬱」などを
発表する一方、10年には「殉情詩集」、14年「戦線詩集」を刊行。
17年「芬夷行」で菊池寛賞を受賞。23年、芸術院会員となり、
27年「佐藤春夫全詩集」で、29年「晶子曼陀羅」で
それぞれ読売文学賞を受賞し、35年には文化勲章受章。
小説、詩、評論、随筆と幅広く活躍。

「2018年 『奇妙な小話 佐藤春夫 ノンシャラン幻想集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤春夫のおすすめランキングのアイテム一覧

佐藤春夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『田園の憂鬱 (新潮文庫)』や『もうすぐ絶滅するという煙草について』や『はればれ、お寿司(おいしい文藝)』など佐藤春夫の全502作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

田園の憂鬱 (新潮文庫)

497
3.32
佐藤春夫 1951年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初佐藤春男、1919年発表の代表作。読んでるうちに気持ちが沈んできたので、タイトル通りの作品なのかもしれません。 もっと読む

もうすぐ絶滅するという煙草について

265
3.31
芥川龍之介 2018年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

体に悪い、周りに迷惑、そんなことは百も承知、そういう今昔のタバコエッセイばかりを集めた一冊。わかっちゃいるけどやめられない人たちの言い訳集。人間の愚かさと... もっと読む

はればれ、お寿司(おいしい文藝)

206
3.24
北大路魯山人 2019年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北大路魯山人が通ぶっているのを こき下ろす流れなのがいい。 もっと読む

美しき町・西班牙犬の家 他六篇 (岩波文庫 緑 71-5)

191
3.82
佐藤春夫 1992年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★3.5 文章と世界観が割と好みだなあ。 もっと読む

猫は神さまの贈り物<小説編>

158
3.04
森茉莉 2014年4月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1982年に刊行された『猫は神さまの贈り物』が小説編とエッセイ編に分かれて復刊しました。 本書はその小説編。 猫好きの心をぐぐっと掴む9名の作家の作品... もっと読む

酒呑みに与ふる書

139
2.78
マラルメ 2019年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

酒にまつわる沢山のお話が読める本。同じ酒飲みとして興味深く読ませていただきました。酒が飲みたくなるので飲みすぎないように注意が必要です。 個人的には... もっと読む

現代語訳・徒然草 (河出文庫)

138
3.59
吉田兼好 2004年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大正から昭和にかけて活躍した文豪佐藤春夫による『徒然草』現代語訳は、昭和12年に「現代語訳国文学全集」の19巻として出版。それから70年以上を経た今、河出... もっと読む

小説智恵子抄 (角川文庫 緑 45-5)

122
3.57
佐藤春夫 1962年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

佐藤春夫文学忌 1892.4.9-1964.5.6 春夫忌 高村光太郎とは、肖像画も描いてもらう友人関係にあったようです。 高村光太郎の詩集智恵子抄の詩... もっと読む

佐藤春夫台湾小説集-女誡扇綺譚 (中公文庫 さ 80-1)

115
4.00
佐藤春夫 2020年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここで描かれているのは100年以上前の台湾なんだけれど、当時の光景が目の前に浮かんでくるようで、当時とはまた趣を変えているに違いないが、また台湾に遊びに行... もっと読む

(014)本 (百年文庫)

112
3.29
島木健作 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島木健作『煙』 は、いたたまれない。語り手の気まずい気持ちや弱さに共感。 ユザンヌ『シジスモンの遺産』 はコミカルでおもしろかった。筋もだけど文章もすご... もっと読む

太宰よ! 45人の追悼文集: さよならの言葉にかえて (河出文庫 か 0-10)

111
3.78
青山光二 2018年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年の桜桃忌はさくらんぼを片手に遥々三鷹までお墓参りに訪れようと考えていたのですが、昨今の情勢を考慮してお墓参りは一旦延期し、昨年蔦屋書店で購入した本書を... もっと読む

春夫詩抄 (岩波文庫 緑 71-2)

106
3.78
佐藤春夫 1963年8月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

解説:島田謹二 殉情詩集◆やまぶき◆古調自愛集◆車塵集◆魔女◆佐久の草笛抄◆渚の薔薇 もっと読む

にゃんこ天国(ごきげん文藝): 猫のエッセイアンソロジー

98
3.43
内田百閒 2018年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年10月河出書房新社刊。既刊の文庫、全集等から、33人、33篇のエッセイを選んだ猫のアンソロジー。夏目漱石から現在活躍中の方のエッセイ。表紙絵が楽... もっと読む

猫は神さまの贈り物〈小説編〉 (実業之日本社文庫)

96
2.78
星新一 2020年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

色々な作家の猫に纏わるお話。 表現は様々だが、一様に猫への愛情が感じられる。 小松左京さんの少し不気味な話が一番気に入った。 作家さんって猫が似合うの何で... もっと読む

現代語訳 方丈記 (岩波現代文庫)

94
3.64
佐藤春夫 2015年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 たしか、中学の時に教科書で習ったはずだった。災害文学として、評価されなおしているので読んでみた。『方丈記』は和漢混淆文による日本の三大随筆の一つで、12... もっと読む

たそがれの人間 (平凡社ライブラリー)

89
3.33
佐藤春夫 2015年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭の「歩上異常」に出てくるR・W君って、大坪砂男(和田六郎)かなあ。佐久だしそんな気がする。 小説から随筆、掌編のようなものまでいろいろ収録されててど... もっと読む

田園の憂鬱 (岩波文庫 緑71-1)

85
3.56
佐藤春夫 2022年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

妻と犬二匹と猫一匹を連れて田舎に移り住んだ青年。緻密な自然描写は絵画的という世間一般の評だが、過剰な自然の描き方に青年の自然に対する畏怖と不安を感じる。呑... もっと読む

ちくま哲学の森 (6) (ちくま哲学の森 6)

84
4.50
鶴見俊輔 2012年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

驚くこころというテーマにそって、さまざまな本の抜粋が読める。知らなかった人、知っているけど読んだことない人、読みたくなる本ばかり。 山下清、リチャード・... もっと読む

私は幽霊を見た 現代怪談実話傑作選 (文庫ダ・ヴィンチ)

81
3.93
平山蘆江 2012年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しい!でも怖い。 今の幽霊と昔の幽霊は何かが違う・・自己主張の違いなのかな? 最後の生き人形にゾッとした 無気味で怖い思いをしているのにそれでも食いつ... もっと読む
全502アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×