佐藤雅彦のおすすめランキング

プロフィール

1957 年札幌生まれ。筑波大学で心理学・教育学・「心身障害学」その他の人間諸
科学を学び、地方紙記者や雑誌編集者を経て現在は翻訳家・ジャーナリスト。関
心分野は科学社会学・生命工学・政治学・政治史・情報論など。主な訳書は『メ
ディア仕掛けの選挙』(1988)、『代理母:ベビーM事件の教訓』(1993)、『メディ
ア仕掛けの政治』(1996)、『比較「優生学」史』(1998)、『突発出現ウイルス』
(1999)、『米国の「経営者」がしでかしたとんでもないヘマ101 連発』(1999)、
『エイズ患者のための栄養療法』(1999)、『遺伝子万能神話をぶっとばせ』(2000)、
『オカルト探偵ニッケル氏の不思議事件簿』(2001)、『チーズはだれが切った?:
激変を生き抜くための悪のおとぎ話』(2001)、『マグショット:ハリウッド犯罪
調書』(2002)、『シークレット・パワー:国際盗聴網エシェロンとUKUSA 同盟
の闇』(2003)、『チョムスキー・フォー・ビギナーズ』(2004)、『尿療法バイブ
ル:あなた自身がつくりだす究極の良薬』(2004)、『ハリー・ポッターの呪い:
児童文学を襲うグローバリズムの脅威』(2006)、『女の平和』(2009)、『ヴァイブ
レーターの文化史』(2010)、『ソローの市民的不服従』(2011)、『黄金の泉――尿
療法大全』(2015)。著書は『現代医学の大逆説』(2000)、『もうひとつの反戦読
本』(2004)、『もうひとつの憲法読本――新たな自由民権のために』(2014)など
多数。

「2022年 『自由国家インド実現のためのガンディー憲法案』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤雅彦のおすすめランキングのアイテム一覧

佐藤雅彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『経済ってそういうことだったのか会議』や『解きたくなる数学』や『プチ哲学 (中公文庫)』など佐藤雅彦の全183作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

経済ってそういうことだったのか会議

4787
3.70
佐藤雅彦 2002年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マクロ経済とミクロ経済の基本を、実生活に合わせて書かれていてわかりやすい。お金の価値を保つには経済の需要と供給のバランスが大事。竹中平蔵の牛乳瓶の蓋の話し... もっと読む

解きたくなる数学

3711
4.02
佐藤雅彦 2021年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは楽しい本! 解けると、すっごく愉快な気分になります。 とはいっても、説明を読んでも理解できない問題も…。 そういうのは「ま、いいか」とスルーします... もっと読む

プチ哲学 (中公文庫)

3071
3.72
佐藤雅彦 2004年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無印良品には言葉や生活をテーマにして、厳選書籍を置いている店舗がある。年数回、フリーペーパー「縄文ZIN」を無料で頂くついでに、その棚を眺めて気に入ったも... もっと読む

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

2599
4.06
佐藤雅彦 2017年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

レーガノミクスでもアベノミクスでもなくヘンテコノミクス。 著者はピタゴラスイッチで有名な佐藤雅彦。 人間の判断は合理的に行われている、というの... もっと読む

考えの整頓

2052
3.96
佐藤雅彦 2011年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういうモノの見方ができるアタマの柔らかさと、常識にとらわれない感性を持っていたいなあ、と強く思います。 もっと読む

新しい分かり方

1653
3.94
佐藤雅彦 2017年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ぼくがアカデミックな場で一緒に仕事をしたり、遊んだりする方々は大抵読んでいる一冊。新学習指導要領を編集している方やアクティブ・ラーニングなど新しい学び方を... もっと読む

もぐらバス (日本の絵本)

1427
3.96
佐藤雅彦 2010年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もぐらバスの乗客に憧れちゃうな。怒らない。焦らない。急がない。仕方ないね。って言い合う。仕方ないこと、いっぱいあるよね。 もっと読む

中を そうぞうしてみよ (かがくのとも絵本)

1171
3.91
佐藤雅彦 2012年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

個別支援級の先生から、学校図書館へのリクエスト本。こちらも読んだことがなく、借りてみた。 物体の写真と、レントゲン写真が交互に出ている。 中がどうなって... もっと読む

毎月新聞 (中公文庫)

1156
4.22
佐藤雅彦 2009年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろい!!! ぜひ一読してほしい。 なぜこんなにいろいろなことが現実で起こっているの?と思うくらい、佐藤雅彦さんの人生経験の濃さがすごい。 もっと読む

四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)

1000
3.52
佐藤雅彦 マンガ 2005年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一つ一つ、着眼点が面白すぎる。 階段のデンキの秘密とか。三角形の内角の和が180度とか。空飛ぶじゅうたんとか。ミニ象は鉄板。 忘れた頃にまた読んで面白がり... もっと読む

経済ってそういうことだったのか会議

962
3.56
佐藤雅彦 2000年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホリエモンさんがお勧めしてた本で、留学前にちょっと読んだんだけど返却しちゃってて、帰ってきた今みた手に取った。 すごくわかりやすい経済。経済って聞くだけで... もっと読む

毎月新聞

796
3.71
佐藤雅彦 2003年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

佐藤雅彦さん(ピタゴラスイッチやだんご3兄弟で有名)が毎日新聞に月1で連載してたコラムをまとめた本。 新聞のような読み口が楽しい。 トピック毎の文... もっと読む

このあいだに なにがあった? (かがくのとも絵本)

707
3.77
佐藤雅彦 2017年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大きく違う2枚の写真。「この(1枚目と2枚目の)あいだになにがあった?」を考えてみよう、というユニークな絵本です。 読んであげるなら4歳から、とのことで... もっと読む

クリック~佐藤雅彦超短編集

641
3.60
佐藤雅彦 1998年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ポリンキー」や「だんご3兄弟」でおなじみの(年がバレるか…)佐藤雅彦の超・短編集。 視点を変えてみるだけでこんなにも世界が変わるのかと思わず笑いが出てし... もっと読む

ベンチの足 (考えの整頓)

638
4.10
佐藤雅彦 2021年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

佐藤雅彦氏は、バザールでござーるや、だんご3兄弟、ピタゴラスイッチなど、聞けばすぐイメージできるキャラクターや番組の原案を生み出した、自分からしたら、いや... もっと読む

差分

525
3.95
佐藤雅彦 2009年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

点と線だけで膨らむイメージ ひとつひとつの絵には 時間の経過がなく その瞬間でしかない 差分をとることで ストーリーが 脳の中に浮かび... もっと読む

任意の点P

512
3.93

感想・レビュー

この本が人工物だとすれば、今まで見た人工物の中で一番美しい本かもしれない。と思う。その本を覗き込んで思ったこと! 1ページの中に 左右に描かれた図形のよう... もっと読む

プチ哲学

477
3.77
佐藤雅彦 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

佐藤雅彦さんは、バザールでござーるの人 だんご三兄弟とかピタゴラとか わかっていても佐藤匡さんとごっちゃになっちゃう ↑考えるカラスの人ね(^_^;... もっと読む

佐藤雅彦全仕事 (広告批評の別冊 8)

459
3.80

感想・レビュー

佐藤雅彦の電通CMプランナー時代10年間の全部が詰まっている本。幼児性と明敏さが混ざり合った、時代を象徴する作品群。この人ってやっぱりすごいよなあ。 もっと読む

コんガらガっち ぬきあしさしあし すすめ!の本

421
4.37
ユーフラテス 2016年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どっちにすすもうかな⁇ 分かれ道がいくつか出てくるので、選ぶ楽しみがあるようです。読むたびに新たな発見もあって、繰り返し読んでます もっと読む
全183アイテム中 1 - 20件を表示

佐藤雅彦に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×