佐藤雅美の文庫本一覧

佐藤雅美の文庫本一覧のアイテム一覧

佐藤雅美の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『田沼意次―主殿の税 (人物文庫)』や『戦国女人抄 おんなのみち (実業之日本社文庫)』や『私闘なり、敵討ちにあらず 八州廻り桑山十兵衛 (文春文庫)』など佐藤雅美の全81作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

田沼意次―主殿の税 (人物文庫)

21
3.67
佐藤雅美 2003年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほとんど歴史書のように淡々と事績が語られる 意外な点があるなあ もっと読む

戦国女人抄 おんなのみち (実業之日本社文庫)

21
3.00
佐藤雅美 2011年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 戦国時代に生きた7人の女性の姿を、史料を掘り起こし著者の想像を交えて物語風にまとめたもの。信頼できる史料の少ない時代なので小説的な想像力を織り込む余地が... もっと読む

私闘なり、敵討ちにあらず 八州廻り桑山十兵衛 (文春文庫)

21
3.71
佐藤雅美 2014年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【お待たせしました。大人気シリーズ、第八弾!】武州壬生を訪れた十兵衛は、旧知の町奉行が理不尽な「敵討ち」により落命したと知る。怒り心頭の十兵衛、珍しくお役... もっと読む

夢に見た娑婆 縮尻鏡三郎 (文春文庫)

20
3.83
佐藤雅美 2014年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 シリーズ何作目だったかな。何度も書いているようにこの著者の時代小説シリーズは複数あって似ているので、登場人物や舞台背景がついごっちゃになる。これは縮尻鏡... もっと読む

わけあり師匠事の顛末 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)

20
4.00
佐藤雅美 2017年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ストーリー、構成が秀逸。早く次が読みたい。 もっと読む

主殿(とのも)の税―田沼意次の経済改革 (講談社文庫)

18
2.67
佐藤雅美 1991年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

徳川家治の恩に報いようと奔走する意次というのは、面白い意次像だ。意次の立場やその変遷と、財源を求める視線の推移、失脚と、当時の幕府の構造も絡めて進んでいく... もっと読む

一石二鳥の敵討ち 半次捕物控 (講談社文庫)

17
4.00
佐藤雅美 2015年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

半次捕物控 さくさく読める本。 最後の二編が前後編。 蟋蟀さん大活躍。 半次と蟋蟀小三郎のやりとりが楽しい。 もっと読む

頼みある仲の酒宴かな 縮尻鏡三郎 (文春文庫)

17
4.14
佐藤雅美 2016年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 これは大番屋元締縮尻鏡三郎もの。梶川三郎兵衛、羽鳥誠十郎といういつもの仲間がくじら屋に集まってはあれこれの事件をつついて解決する。全8話の短編集だが浪人... もっと読む

無法者(アウトロー) (講談社文庫)

16
2.71
佐藤雅美 1996年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天保水滸伝の飯岡助五郎がてんで情けない男にかかれていますが、天領とか、関八州とかわからない世界で、無宿人とかの意味が少しわかった この作者は確かシリーズ... もっと読む

薩摩藩経済官僚―回天資金を作った幕末テクノクラート (講談社文庫)

15
3.00
佐藤雅美 1989年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 19世紀の前半に、つまり幕末の一歩手前の時期に薩摩藩家老として活躍した人物である調所広郷の生涯を描いた物語。  巨大な負債に苦しんでいた薩摩藩の財... もっと読む

関所破り定次郎目籠のお練り 八州廻り桑山十兵衛 (文春文庫)

13
3.40
佐藤雅美 2017年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 これは桑山十兵衛もの。なんか久しぶりな気がする。八州廻りというのも大変な役柄だな、関八州は江戸から近いとはいえすべて歩いて回るのだから重労働だ。まあ在で... もっと読む

大君(タイクーン)の通貨―幕末「円ドル」戦争 (講談社文庫)

11
3.00
佐藤雅美 1987年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイムラグレビュー タイムラグという言葉が和製英語だと知ったのはつい最近のことだが、 この本を読んだのは、おそらく20年以上前だと思う。 レビューというの... もっと読む

青雲遙かに 大内俊助の生涯 (講談社文庫)

11
3.33
佐藤雅美 2009年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大内俊助を軸にしているが、幕末の政治から市井の人の話まで飽きさせずにおしえてもらいました。佐藤雅美の本は考証がしっかりしていて、とても安心して読めます。 ... もっと読む

悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎 (講談社文庫)

11
3.50
佐藤雅美 2018年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男の情けない心情。続きはあるのか? もっと読む

お白洲無情 (講談社文庫)

9
2.25
佐藤雅美 2006年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

理不尽すぎてつまらない もっと読む
全81アイテム中 61 - 80件を表示
ツイートする