佐野洋子のおすすめランキング

プロフィール

1938年、北京生まれ。絵本作家。ベストセラー『100万回生きたねこ』のほか『おじさんのかさ』、『ねえ とうさん』(日本絵本賞/小学館児童出版文化賞)など多数の絵本をのこした。
主なエッセイ集に、『私はそうは思わない』、『ふつうがえらい』、『シズコさん』、『神も仏もありませぬ』(小林秀雄賞)、『死ぬ気まんまん』などがある。
2010年11月逝去。

「2021年 『佐野洋子とっておき作品集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐野洋子のおすすめランキングのアイテム一覧

佐野洋子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)』や『おじさんのかさ (講談社の創作絵本)』や『シズコさん (新潮文庫)』など佐野洋子の全269作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

8313
4.22
佐野洋子 1977年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本はブクログや姉に贈るにあたって前情報が頭にありました。 姉にはもちろん新品を贈ったが、金欠なので私は行きつけとなったコミュニティの図書館で読む(笑... もっと読む

おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

1480
3.94
佐野洋子 1992年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学一年生の教科書に登場するらしい。 授業では解説というものがあって、子どもは心から楽しめないものだが、この作品は違った。 雨のリズムの楽しさと、おじ... もっと読む

シズコさん (新潮文庫)

746
3.80
佐野洋子 2010年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

■ネタバレがあります 佐野さんが、お母様とご本人の一生に渡る関係を書き切った自伝的なエッセイ。 佐野さんは、お母様からの愛情を感じない。ご自身も、お母様... もっと読む

だってだってのおばあさん

627
4.23
佐野洋子 2009年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルにある、だってだって。 言い訳するときの文句なので、そんなイメージをもちながら読み始めました。 “だってだって”は  99歳になるおばあさん... もっと読む

ふつうがえらい (新潮文庫)

526
3.67
佐野洋子 1995年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このひとから あの猫が  生まれて そして  死んだ もう 生き返らない もっと読む

役にたたない日々 (朝日文庫)

486
3.90
佐野洋子 2010年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「いつまでも前向きで」 「いつも異性にときめいているべき」 現実を修飾ばかりしてあらゆることから逃げようとするくだらない世の中に対し、佐野さんは真っ向か... もっと読む

ゆかいなゆうびんやさん: おとぎかいどう自転車にのって

466
4.02

感想・レビュー

子供の頃、一番好きだったえほん。 郵便屋さんが届ける手紙がちゃんと作られていて、 一枚一枚読むことができる。 その遊び心に幼心は完全に鷲掴み... もっと読む

シズコさん

447
3.80

感想・レビュー

「私は母さんが嫌いだった」  「母を捨てた」と幾度も書き連ねながら 老人ホームの部屋で眠っている母のベッドに子どものようにもぐりこみ 母を置いて... もっと読む

ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)

439
3.21
林芙美子 2015年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豪華作家陣、様々な時代のいろんな朝ごはんにワクワク♪ 朝ごはんというだけあって、卵料理が多いですね。 印象に残ったのは… 角田光代さんの”朝食バイキン... もっと読む

佐野洋子対談集 人生のきほん

405
3.85
佐野洋子 2011年2月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この対談集を読んでいたら、世の中にはいろんな人がいていろんな人生があって、今私が悩んでいることなんて「ちっせぇ〜なぁ」と笑い飛ばしてしまえるような元気さを... もっと読む

がんばりません (新潮文庫)

395
3.57
佐野洋子 1995年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「百万回生きたねこ」の絵本作家著者のエッセイ集。短編集となっていて、時間をおいても読めた。辛口々調で、文末の一言の中にも、ハッとさせられる場面もあり、楽し... もっと読む

死ぬ気まんまん

392
3.87
佐野洋子 2011年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

請求記号:914.6/San 資料ID:50062266 配架場所:書庫入り口横 学生選書コーナー・指定図書 もっと読む

おほしさま かいて!

380
3.65
エリック・カール 1992年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021/02/24 瑞、診療所にて読む おほしさまの書き方、じーっとみてた。 はらぺこあおむしのように じっくり見てしまう絵でとても素敵な絵本。 もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

367
3.11
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたい本の、隣の本棚にあった本。 ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。... もっと読む

ヨーコさんの“言葉”

327
3.88
佐野洋子 2015年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

帰省中実家本棚。モタさんの言葉を数年前に読んだ。母の本棚でヨーコさんバージョン3冊を見つけて思わず手に取る。世界を斜めから見ているようで正面からぶつかって... もっと読む

神も仏もありませぬ (ちくま文庫)

323
3.77
佐野洋子 2008年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の田舎暮らし あーだこーだの日常が、なんでもないようで、その実しっかり生きてて、頼もしい。エッセイは読みやすくて、今の状況には丁度いい。 もっと読む

私はそうは思わない (ちくま文庫)

317
3.76
佐野洋子 1996年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「100万回生きたねこ」を描いた人。 私が小学校2年生の時に、母が「よい絵本だ」と聞いて私に買ってくれた。 私は読んでみたけど、別に良い絵本だとは... もっと読む

片づけたい (暮らしの文藝)

290
2.90
赤瀬川原平 2017年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著名な作家たちの片づけに関するエッセイが纏められた本です。 おもしろかった! 自分と同じ片付けフェチな作家を必ず一人は見つけられると思います。 (几帳面な... もっと読む

死ぬ気まんまん (光文社文庫)

276
3.67
佐野洋子 2013年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想作成中 癌で余命宣告をされた後の日常を書いたエッセイ「死ぬ気まんまん」。主治医との対談。身体の痛みに耐えかねて入院したホスピスの体験を書いたエッセイ... もっと読む

覚えていない (新潮文庫)

272
3.74
佐野洋子 2009年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

佐野洋子さん、らしい本。 嬉しかったのは森謠子さんについて触れたエッセイが読めたこと。 対局にあるような二人だけど仲良しだったんだなぁ。 二度目の結婚、... もっと読む
全269アイテム中 1 - 20件を表示

佐野洋子に関連する談話室の質問

ツイートする
×