余華のおすすめランキング

プロフィール

1960年中国浙江省杭州生まれ。両親の職場の病院内で、人の死を身近に感じながら育つ。幼少期に文化大革命を経験。89年には文学創作を学んでいた北京で天安門事件に遭遇した。80年代中頃から実験的手法による中短篇作品で「先鋒派」作家の一人として注目を浴び、91年『雨に呼ぶ声』(アストラハウス)で長篇デビュー。92年発表の『活きる』(中央公論新社)が張芸謀(チャン・イーモウ)監督により映画化されて話題を呼ぶ。本作『兄弟』は中国で05年に上巻、06年に下巻が発表され、またたくまにベストセラーとなった。他の長篇作品に95年『血を売る男』、17年『死者たちの七日間』(いずれも河出書房新社)、21年『文城』(未邦訳)がある。グランザネ・カブール賞(イタリア)、フランス芸術文化勲章「シュヴァリエ」受賞。作品は全世界で2000万部以上、40以上の言語に翻訳されており、ノーベル賞関係者が中国で必ず面会する作家のひとり。

「2021年 『兄弟』 で使われていた紹介文から引用しています。」

余華のおすすめランキングのアイテム一覧

余華のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『兄弟 上 《文革篇》』や『兄弟 上 文革篇 (文春文庫)』や『ほんとうの中国の話をしよう』など余華の全25作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

兄弟 上 《文革篇》

106
3.95
余華 2008年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文革が酷いのか、民族性なのか?日本人も戦後のドサクサは一緒か。 もっと読む

兄弟 上 文革篇 (文春文庫)

94
4.12
余華 2010年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中国でベストセラーとなった小説なんだそうな。そして、賛否両論の本なんだそうな。 文化大革命や改革開放といった時代の荒波を、時には乗り越え、時には呑み込ま... もっと読む

ほんとうの中国の話をしよう

87
3.79
余華 2012年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

14/3/2 NHK 縮まらない格差腐敗が広がる社会 もっと読む

兄弟 下 《開放経済篇》

83
3.92
余華 2008年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やはり大陸の欲望の方が商売上手だとと改めて感じた。 もっと読む

血を売る男

70
3.76
余華 2013年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 1960年代からの中国の田舎町に住む主人公(許三観)を通じ、当時の中国の日常の様子が描かれている。貧しく決して順風満帆ではない主人公の日常を読みながら、... もっと読む

活きる (中公文庫)

67
4.11
余華 2019年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悲しみの中でも、それでも生きていくという意思 もっと読む

活きる

57
4.29

感想・レビュー

中国の国民党と共産党の争いの中に生きる農民の話なのだが、涙なしでは読みきれない。フィクションでもそうとは言い切れないようなストーリーがとても気分を暗くさせ... もっと読む

死者たちの七日間

53
4.30
余華 2014年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少々奇妙なこの物語は、主人公・楊飛(ヤン・フェイ)の「死」で始まる。理由はわからないが、楊飛は死んでしまい、葬儀場へと向かっている。生者の世界とはまた別に... もっと読む

中国では書けない中国の話

53
3.63
余華 2017年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が話しているように、アメリカ、韓国についてのコラムはあるが、日本についてのものがないのは、残念です。 もっと読む

雨に呼ぶ声

39
3.00
余華 2020年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中で挫折 もっと読む

作家たちの愚かしくも愛すべき中国 - なぜ、彼らは世界に発信するのか? (単行本)

32
5.00
飯塚容 2018年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ノーベル文学賞受賞者の高行健とノーベル文学賞に近しい作家へのインタビュー。いずれも面白かったが、莫言や中国を代表する作家である賈平凹らのインタビューも欲し... もっと読む

活着―ある農夫の一生 (中国現代小説系列)

5
4.67
余華 1997年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下の『活きる』のオリジナル、大河内先生の注がついているので、そのまま読むのがまだ大変な人には助けてくれるでしょう。オリジナルで読んでも泣ける一冊、映画にも... もっと読む
全25アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×