保坂和志のおすすめランキング

プロフィール

1956年、山梨県生まれ。著書に『草の上の朝食』(野間文芸新人賞)、『この人の閾』(芥川賞)、『季節の記憶』(平林たい子文学賞、谷崎潤一郎賞)、『未明の闘争』(野間文芸賞)、『ハレルヤ』など。

「2019年 『読書実録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

保坂和志のおすすめランキングのアイテム一覧

保坂和志のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『プレーンソング (中公文庫)』や『季節の記憶 (中公文庫)』や『書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)』など保坂和志の全119作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

プレーンソング (中公文庫)

999
3.56
保坂和志 2000年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『書きあぐねている人の小説入門』の中で、筆者が「悲しいことは起きない話にする」「悲しいことが起きそうな気配すら感じさせないように文章を書く」というルールを... もっと読む

季節の記憶 (中公文庫)

756
3.73
保坂和志 1999年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書仲間から、芥川賞作家なら保坂和志以降読んでいないという。 著書を眺めていたら谷崎潤一郎賞受賞のこちらが気になり読んでみた。 360ページで、一文が長... もっと読む

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)

717
3.68
保坂和志 2008年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説と作家を考える読書シリーズ(勝手に) ? 【書き抜き読書メモ】  ・ べつな言い方をすれば、社会化されている人間のなかにある社会化されていない部分を... もっと読む

書きあぐねている人のための小説入門

487
3.45
保坂和志 2003年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本を読むと、文章の成り立ちに興味がわくため、こういった文章論も、おもしろく読んでいます。 ガチガチの作文法などは、肩が凝ってしまうのですが、著者自身が、... もっと読む

この人の閾 (新潮文庫)

441
3.42

感想・レビュー

この人の評論は間違いない、と大学時代の恩師に言われ、何度か読んだが難しすぎて分からなかった。でもかろうじて理解できる部分に、間違ったことは書いてなかったと... もっと読む

カンバセイション・ピース (新潮文庫)

427
3.33
保坂和志 2006年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「死ぬというのはおかしなもので、死んだ途端に偏在をはじめる。生きているあいだは猫でも人間でも一つの場所にいて、離れたそこにいる相手といまここにいる自分がつ... もっと読む

考える練習

374
3.63
保坂和志 2013年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の背中をそっと押してくれる本。 恥ずかしながら、自分の考えや湧き上がる思いを肯定してくれる。 思想が近いのかもしれないと感じました。 何度も読み返して... もっと読む

草の上の朝食 (中公文庫)

345
3.59
保坂和志 2000年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『プレーンソング』の続き。といっても特に内容は前と変わらず、ニートたちとひたすら日常を生きる様子が書かれる。自分の行為に意味づけしたり、価値のあるものとし... もっと読む

カンバセイション・ピース

303
3.40

感想・レビュー

小説論はあんなに面白いのに、期待値が高いからつまらなく感じてしまうのか。やろうとしていることはわかるし、その意義もわかる。でも最後まで読めない。なぜ読めな... もっと読む

残響 (中公文庫)

299
3.30
保坂和志 2001年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

37223 もっと読む

猫に時間の流れる (中公文庫)

293
3.28
保坂和志 2003年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まずは題名をほめるべき。中身はそれからだ!(?) 保坂和志と村上春樹は似ている。顔が。 もっと読む

小説の自由

279
3.61
保坂和志 2005年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

靄の中を進んでいて、対象の輪郭がほんの一瞬だけ姿を現してきたと思ったらまた靄の奥に隠れていったり、保坂さんならではのユラユラしながら小説への思考を進めてい... もっと読む

もうひとつの季節 (中公文庫)

274
3.52

感想・レビュー

前作「季節の記憶」の続編。 大きく変わる部分は無く、変わらない日常の中で変わらず思考しつづける話。 主人公の息子のクイちゃんと猫の行動が本当に魅力的で、そ... もっと読む

猫なんて!

244
3.27
角田光代 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小池真理子で泣いて 浅田次郎で笑う 意味のよくわからないお話も有るけど 作家さんは猫が好きなんだにゃ〜 もっと読む

「三十歳までなんか生きるな」と思っていた

208
3.39
保坂和志 2007年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

刺激的なタイトルなので、軽く読み切れる単純なエッセイかと思いきや、全く違う類のものでした。 この作家の文章に触れるのは初めてですが、最初の正直な感想は、... もっと読む

ハレルヤ

191
3.40
保坂和志 2018年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 こういう保坂をぼくは忘れる事が出来ない。たかが猫でも、やっぱりネコでも、ネコフェチの話でもない。これが、これこそが小説なんじゃないか、そういう作品だと思... もっと読む

途方に暮れて、人生論

187
3.51
保坂和志 2006年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は一貫として「考えること」をしている。 現代社会に覆われているが、皆の心のどこかにある疑問や不安に対峙し、 言葉にしている。 この作業こそが、真... もっと読む

未明の闘争

186
3.60
保坂和志 2013年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もっと読む

もの書く人のかたわらには、いつも猫がいた: NHK ネコメンタリー 猫も、杓子も。 (NHKネコメンタリー 猫も、杓子も。)

178
3.77
角田光代 2019年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

eテレの「猫も、杓子も。」から出た本。 HDDに録って観たものもいくつかあり、懐かしさ半分で読んでみた。 皆さんがご贔屓の作家さんもいらっしゃるかもし... もっと読む
全119アイテム中 1 - 20件を表示

保坂和志に関連する談話室の質問

ツイートする
×