倉本由布のおすすめランキング

倉本由布のおすすめランキングのアイテム一覧

倉本由布のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『LOVERS―恋愛アンソロジー (祥伝社文庫)』や『Friends―恋愛アンソロジー (祥伝社文庫)』や『LOVERS』など倉本由布の全129作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

LOVERS―恋愛アンソロジー (祥伝社文庫)

1093
3.10
安達千夏 2003年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

盲目的に愛しすぎて、依存してしまうなら、1番好きな人を自分から逃がしてあげたいと思った。 もっと読む

Friends―恋愛アンソロジー (祥伝社文庫)

520
3.14
安達千夏 2005年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

友情とその狭間の恋を描いたアンソロジー。島村洋子/KISS、迷い蝶/下村香苗、鳥籠の戸は開いています/安達千夏が印象に残りました。 ・島村洋子/KI... もっと読む

LOVERS

446
3.09
安達千夏 2001年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“あなたは今、恋してますか?” 恋愛アンソロジー。 9人の作家さんの作品が収録されています。 淡い初恋の思い出、報われない片思い、壊れそうな... もっと読む

きっとめぐり逢える―濃姫夢紀行 (コバルト文庫)

71
3.55
倉本由布 1995年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きっとシリーズの記念すべき第1巻 普通の高校生がタイムスリップして戦国時代に。 ついでになんと織田信長と恋に落ちてしまうという歴史ファンタジー きっ... もっと読む

きっと忘れない―濃姫夢紀行 (コバルト文庫)

48
3.50
倉本由布 1995年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このシリーズは随分長く続いたけど私は濃姫夢紀行が一番好きです。娘編で濃子ちゃんの最期が読めたのが嬉しかった。もう一度逢えてたんだね良かったねーってなった。 もっと読む

アマテラスの封印 (古代神話シリーズ) (コバルト文庫)

43
3.10
倉本由布 2003年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天涯孤独の「ゆき」の前に2人の兄妹が現れた 肉親だと告げる2人だが、そこには大きな真実が隠されていた アマテラスやスサノオといった日本神話の神々がベー... もっと読む

きっと泣かない―安土夢紀行 (コバルト文庫)

40
3.09
倉本由布 1997年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっと落ち着いた蒼生子と信長の関係。そして信長にとっても濃子にとっても素敵な人生だったんだなぁ。最後の信長の姿がすごくかわいかったです。 もっと読む

ゆめ結び むすめ髪結い夢暦 (集英社文庫)

40
3.47
倉本由布 2016年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

好きな作家&絵師。自分的に最強タッグでジャケ買い。 内容は手堅く、面白い。表紙のイメージではもっと淡くて甘くて切ないような話を想像していたけど、けっこう... もっと読む

きっと君のそばにいる―飛鳥夢紀行 (コバルト文庫)

39
3.08
倉本由布 1996年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

濃子の娘、蒼生子が戦国時代の織田信長の家来である信澄と奈良時代で運命の出会いをする。 そして、大化の改新の事件に巻き込まれる! ストーリー的にはちょっ... もっと読む

人魚の家―平家ものがたり〈前編〉 (コバルト文庫)

39
3.33
倉本由布 1999年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今読み返すと…ちょっとなーという本だけれど、当時(小学生)の自分には衝撃的な本でした。 もっと読む

きっと夢みてる―平安夢紀行 (コバルト文庫)

37
3.00
倉本由布 2000年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

《きっと》シリーズを読んだのは高校生以来です。昔、あまりにも好きでファンレターを送ってお返事を頂いた事がありました。あの時は本当に嬉しかったなぁ。高校の頃... もっと読む

きっとまた逢える―安土夢紀行 (コバルト文庫)

36
3.11
倉本由布 1996年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに読んだ懐かしい本。 ついに蒼生子が信長と会ってお話しするのだけれど、信長からちょっとだけ濃子との話を聞いてみたい。すごく嫌がるだろうなぁ(笑)... もっと読む

きっとはなさない―安土夢紀行 (コバルト文庫)

36
3.00
倉本由布 1997年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あいざわ遥画。本田恵子さんのが好きです・・・ 信澄くんの11才バージョン登場☆小さいのに一生懸命に蒼生子を護ろうとしててツボった。蒼生子シリーズでは一番... もっと読む

きっと見つめてる―安土夢紀行 (コバルト文庫)

36
2.78
倉本由布 1997年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素朴な疑問だけど蒼生子って学校休みすぎだけど大丈夫なのかな。濃子の時と違ってタイムスリップの時間経過してるみたいだし。 内容は、蒼生子狂い編・・・人殺し... もっと読む

ツクヨミの末裔 (コバルト文庫)

36
3.47
倉本由布 2004年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神話ファンタジーシリーズ第3巻 倒れた恋人、ツクヨミの末裔だという「琳」を助けるために「花」は水を探す それは神の水ー変若水ー そこに隠された秘密と... もっと読む

人魚の家―平家ものがたり〈後編〉 (コバルト文庫)

36
3.27
倉本由布 1999年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

理想の男は、この小説の「彼」。 倉本さんの書く男はすごくすき。 もっと読む

きっと信じてる―安土夢紀行 (コバルト文庫)

36
2.89
倉本由布 1999年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信長の妹お市と夫柴田勝家死亡で終に織田家が滅亡。お茶々は敵の秀吉に恋?!そして信澄と蒼生子は元に戻れるのか? 表紙好き。でも蒼生子こんな奇麗なロングじゃ... もっと読む

きっとここにいる―安土夢紀行 (コバルト文庫)

35
2.88
倉本由布 2001年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「きっと」シリーズ第17巻。 20030210:読了 もっと読む

約束―大姫・夢がたり (コバルト文庫)

35
3.27
倉本由布 1996年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

画:あいざわ遥 ずっと本田恵子さんでシリーズ統一して欲しかった。あいざわさん画は華が足りない。 夢で鎌倉時代の前世の過去を思い出す萌美 シンクロする現在... もっと読む

パンドーラ―水の神話 (コバルト文庫)

35
3.38
倉本由布 2003年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ギリシャ神話をモチーフとした恋愛物語。 翠子と遠哉の悲恋が切なく感じた。 最後の選択は彼らにとって最良の結末となったのだろうが、神々の掌で踊らされていると... もっと読む
全129アイテム中 1 - 20件を表示

倉本由布に関連する談話室の質問

ツイートする